早稲田大学合格者の勉強・対策法集【世界史】

世界史対策・勉強法1:細かい事項や年代は後でも大丈夫(早稲田大学 教育学部合格者)

学校の授業でも参考書でも教科書でもいいの流れを掴みひたすら反復。

細かい事項や年代は後でも大丈夫。最初はとにかく流れをつかむことを意識しよう。

暗記だけだとたかをくくらないこと。

流れの理解をしっかり。

世界史対策・勉強法2:間違ったところを単語カードにまとめるなどして反復(早稲田大学 文学部合格者)

学校のプリントで歴史の外観を学んだ後は、赤本などで演習。

問題演習の際に間違ったところやわからなかった用語は、用語集で知べて単語カードにまとめるなどして反復

世界史対策・勉強法3:流れを掴みながら細かいのを(早稲田大学 法学部合格者)

流れを掴みながら細かいの入れていくことが大事。

ある出来事が起きた時、世界の各地域ではどのような状況であるか多角的な視点で世界史を勉強する。

特に国ごとが効果的

関連記事