最終更新日:

東京大学の過去問・解答・解説を無料でダウンロードする方法





東京大学の過去問・解答・解説を 無料でダウンロードする方法

こんにちは!希望塾編集部です!

*希望塾とは東大理Ⅲを始めとする難関大学合格者によって構成された受験支援団体です

この記事では

「東京大学の過去問・解答・解説を無料で手に入れる方法を知りたい」

といった東京大学受験生の皆さんが知りたいことが書かれているので、ぜひ最後までお読みください♪




無料でダウンロード可能

東京大学の過去問入手先1:東京大学HP

東京大学の過去問は東京大学のHP
(画像:東京大学のHPより引用)

【URL】http://www.u-tokyo.ac.jp/stu03/e01_04_j.html

【解答の有無】無

【解説の有無】無

【特徴】

「東京大学のHPには直近3年(平成27・28・29年度)の過去問が掲載されている」

「ただし著作権の関係で英語の過去問は非公開となっている」

東京大学の過去問入手先2:パスナビ

東京大学の過去問はパスナビ
(画像:パスナビのHPより引用)

【URL】https://passnavi.evidus.com/search_univ/0220/kakomon.html

【解答の有無】有

【解説の有無】有

【特徴】

「パスナビでは2014年から2017年の東京大学の過去問・解答・解説が掲載されている」

「東京大学のこれらを閲覧するには無料の会員登録が必要」

「東京大学の解答・解説を書いているのは旺文社であるため信頼性が高い」

東京大学の過去問入手先3:東進

東京大学の過去問は東進
(画像:東進のHPより引用)

【URL】http://www.toshin-kakomon.com/toudai/detail.php

【解答の有無】一部有

【解説の有無】一部有

【特徴】

「東進では2008年から2014年の東京大学の過去問・解答・解説が掲載されている」

「東京大学のこれらを閲覧するには無料の東進会員登録が必要」

「東進では全ての過去問に解答解説が掲載されているわけではないので注意」

東京大学の過去問入手先4:東大塾(親元は河合塾)

東京大学の過去問は東大塾
(画像:東大塾のHPより引用)

【URL】http://todai.kawai-juku.ac.jp/measures/past/

【解答の有無】有

【解説の有無】有

【特徴】

「東大塾とは河合塾が運営するサイトである」

「東大塾では2008年から2017年の東京大学の過去問・解答・解説が掲載されている」

「東京大学の解答・解説を作っているのは河合塾であるため信頼性が高い」

東京大学の過去問入手先5:server-test.net

【URL】http://server-test.net/math/tokyo/

【解答の有無】一部有

【解説の有無】一部有

【特徴】

「server-test.netでは1961年から2017年の東京大学の”数学”の過去問・解答・解説が掲載されている」

東京大学の過去問入手先6:ベネッセ

東京大学の過去問はベネッセ
(画像:ベネッセのHPより引用)

【URL】https://manabi.benesse.ne.jp/nyushi/kakomon/1140/

【解答の有無】有

【解説の有無】有

【特徴】

「ベネッセでは2014年から2017年の東京大学の過去問・解答・解説が掲載されている」

東京大学の過去問入手先7:電子図書館

東京大学の過去問は電子図書館
(画像:電子図書館のHPより引用)

【URL】https://www.densu.jp/frtokyo.htm

【解答の有無】有

【解説の有無】有

【特徴】

「電子図書館では2010年から2017年の東京大学の”数学”の過去問・解答・解説が掲載されている」



有料ではあるが東京大学の過去問の質の高い解答・解説を得る方法

東京大学の過去問入手先8:スタディサプリ

東京大学の過去問はスタディサプリ
(画像:スタディサプリのHPより引用)

【URL】【スタディサプリ】動画授業で苦手を克服

【解答の有無】有

【解説の有無】有

【特徴】スタディサプリは月額980円でカリスマ講師の授業が受け放題というシステムです。東京大学の過去問・解説だけにとどまらず、「センター対策講座」や「国立や私立の大学別対策講座」が設置されておりそれらも受け放題に含まれています。

詳しくはこちらを参照。

【塾の50分の1の授業料】東大・京大・早慶合格者によるスタディサプリの評判・口コミなど

東京大学の過去問入手先9:市販問題集

【解答の有無】有

【解説の有無】有

【特徴】東京大学の過去問とその解説を手に入れる方法としてメジャーなのが赤本や青本と言った市販の参考書。解説が充実していることが一番の特徴。

関連記事