最終更新日:

【東大生が書いた】やっておきたい英語長文シリーズの使い方・勉強法・評価・レベル【300/500/700/1000】

【東大生が書いた】 やっておきたい英語長文シリーズ 300/500/700/1000の 使い方・勉強法・評価・レベル

この記事では

「やっておきたい英語長文シリーズ 300/500/700/1000ってどんな参考書?」

「やっておきたい英語長文シリーズ 300/500/700/1000のレベルってどれくらい?」

「やっておきたい英語長文シリーズ 300/500/700/1000は自分に適した参考書かな?」

「やっておきたい英語長文シリーズ 300/500/700/1000ってどう使うのが効率的かな?」

「やっておきたい英語長文シリーズ 300/500/700/1000が終わったら次は何をすればいい?」

といった皆さんの知りたいことを全て掲載しているので、ぜひ最後までご一読ください。




目次

やっておきたい英語長文シリーズ 300/500/700/1000の評価やレベル・難易度とおススメの人

やっておきたい英語長文シリーズ 300/500/700/1000の 評価やレベル・難易度とおススメの人

まず「やっておきたい英語長文シリーズ」について紹介する前に言っておかなければならないことがあります。

それは英語長文読解をやる前に、必ず英単語および熟語・英文法・英文解釈の3つをある程度学習し終えてください。というものです。

なぜならこれら3つの知識がなければ英語長文を読むことはできず、取り組むだけ無駄だからです。

いくら優れた英語長文の参考書とは言えども、これらの知識がない人が取り組んでも長文が読めるようにはなりません

ですので今から紹介する各シリーズそれぞれに対して、事前に習得しておきたい単語・英文法・英文解釈のレベルを表記しておりますので必ずそれらのレベルに達してから英語長文に取り組むようにしてください!

やっておきたい英語長文 300

前提となるレベル:大学受験基礎レベルの英語力。偏差値で言えば約50以上

対象となる人:初めて英語長文の演習に取り掛かる人

マスター後の到達レベル:偏差値でいえば50代後半

まずは前提のレベルとして「大学受験基礎レベルの英語力。偏差値で言えば約50以上」をクリアしている必要がある。

もしクリアしていない人は以下で紹介する分野別の参考書のうち、それぞれどれか一冊を使ってクリアしてほしい。

大学受験基礎レベルの英単語

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】英単語帳キクタンの使い方・勉強法・評価・レベル

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】データベース1700/3000/4500/5500の使い方・勉強法・評価・レベル

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】システム英単語シリーズ(Basicなど)の使い方・勉強法・評価・レベル

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】速読英単語入門・必修・上級編の使い方・勉強法・評価・レベル

大学受験基礎レベルの英熟語

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】速読英熟語の使い方・勉強法・評価・レベル

大学受験基礎レベルの英文法

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】Forest・フォレストの使い方・勉強法・評価・レベル

大学受験基礎レベルの英文解釈

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】英文解釈の技術シリーズ入門70・基礎100・無印100の使い方・勉強法・評価・レベル

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】英文解釈教室シリーズ 改装版(改訂版)・入門編・基礎編の使い方・勉強法・評価・レベル

次に「300」を使う対象となる人についてですが、上記で述べたように、「英単語・熟語」・「英文法」・「英文解釈」の3つの学習をして「これから初めて英語長文にも取り組むぞ」という人向けです。

最後に「300」をマスターした後に到達するレベルについてですが、余裕で偏差値50代後半に達することができます。

しかし「センター試験で8割以上を目指す」、「GMARCHや関関同立などの難関大学を受験する」、「二次試験で英語が出題される国公立を受験する」という人は「300」だけでは足りないので、最低でも次の「500」まで取り組みましょう。

やっておきたい英語長文 500

前提となるレベル:大学受験標準レベルの英語力。偏差値で言えば約55以上

対象となる人:GMARCHや関関同立、地方国公立を受験する人で“合格点”を取りたい人。センター試験で6、7割ほどから成績が上がらない人。

マスター後の到達レベル:センター試験で8割以上安定してとれるようになる。上記の大学の英語長文のうち“易しめレベル”であれば読めるようになる。

まずは前提のレベルとして「大学受験標準レベルの英語力。偏差値で言えば約55以上」をクリアしている必要があります。

もしクリアしていない人は以下で紹介する分野別の参考書のうち、それぞれどれか一冊を使ってクリアしてください。

大学受験標準レベルの英単語

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】英単語帳キクタンの使い方・勉強法・評価・レベル

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】システム英単語シリーズ(Basicなど)の使い方・勉強法・評価・レベル

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】速読英単語入門・必修・上級編の使い方・勉強法・評価・レベル

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】データベース1700/3000/4500/5500の使い方・勉強法・評価・レベル

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】ターゲット1900の使い方・勉強法・評価・レベル

大学受験難関レベルの英熟語

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】速読英熟語の使い方・勉強法・評価・レベル

大学受験標準レベルの英文法

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】Next Stage(ネクステージ)英文法・語法問題の使い方・勉強法・評価・レベル

大学受験標準レベルの英文解釈

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】ポレポレ英文読解プロセス50の使い方・勉強法・評価・レベル

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】英文解釈の技術シリーズ入門70・基礎100・無印100の使い方・勉強法・評価・レベル

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】ビジュアル英文解釈の使い方・勉強法・評価・レベル

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】英文解釈教室シリーズ 改装版(改訂版)・入門編・基礎編の使い方・勉強法・評価・レベル

次に「500」を使う対象となる人についてですが、「GMARCHや関関同立、地方国公立を受験する人で“合格点”を取りたい人」もしくは「センター試験で6、7割ほどから成績が上がらない人」となります。

「500」に収録されている英語長文のレベルとしては基本的に、センター試験の長文よりはやや難しく、上記の大学の英語長文のうち“易しめ”のレベルに相当します。

そのため、センター試験で高得点を取りたい人は「500」をやり込めば可能です。

しかし上記の大学の“難しめ”の長文への対応は「500」だけでは難しいので、次の「700」にも取り組むことをお勧めします。

最後に「500」をマスターした後に到達するレベルについてですが、「センター試験で8割以上安定してとれるようになる」、そして「上記の大学の英語長文のうち“易しめレベル”であれば読めるようになる」

上記でも述べた通り、難関大学受験する人はぜひとも次の「700」にも取り組んでください♪

やっておきたい英語長文 700

前提となるレベル:大学受験標準レベルの英語力。偏差値で言えば約60以上

対象となる人:GMARCHや関関同立、地方国公立を受験する人で“高得点”を取りたい人。東大・京大・一橋・東工大・早慶を受験する人で“合格点”を取りたい人。

マスター後の到達レベル:GMARCHや関関同立、地方国公立大学の“難しめレベル”の長文が読めるようになる。東大・京大・一橋・東工大・早慶の“標準レベル”の長文が読めるようになる。

まずは前提レベルについては、さきほど紹介した「500」と同様の前提レベルをクリアしていれば大丈夫です。

「700」に取り組む人の大半は「500」をやってからという人が多いと思うので、おそらく皆さん前提レベルについては問題でしょう。

次に「700」を使う対象となる人についてですが、「GMARCHや関関同立、地方国公立といった難関大学を受験する人で“高得点”を取りたい人」または「東大・京大・一橋・東工大・早慶といった最難関大学を受験する人で“合格点”を取りたい人」となります。

「700」に収録されている英語長文のレベルとしては「GMARCHなどの難関大学の英語長文のうち“難しめ”レベル」であり、「東大・早慶などの最難関大学の英語長文のうち“標準”レベル」となっています。

最後に「700」をマスターした後に到達するレベルについてですが、GMARCHや関関同立、地方国公立大学の“難しめレベル”の長文が読めるようになります。

そして東大・京大・一橋・東工大・早慶の“標準レベル”の長文が読めるようになります。

ですので、東大・早慶などの最難関大学を受験する人以外は「700」までやり込めば十分、受験校に合格できます!

東大・早慶などの最難関大学でも「700」までで合格することは可能ですが、さらに長文読解力を高めて合格率を上げたい人は、ぜひとも「1000」まで取り組むことをお勧めします♪

やっておきたい英語長文 1000

前提となるレベル:大学受験応用レベルの英語力。偏差値で言えば65以上

対象となる人:東大・京大・一橋・東工大・早慶を受験する人で“高得点”を取りたい人。

マスター後の到達レベル:東大・京大・一橋・東工大・早慶の“難しめレベル”の長文が読めるようになる。

まずは前提のレベルとして「大学受験応用レベルの英語力。偏差値で言えば約65以上」をクリアしている必要があります。

もしクリアしていない人は以下で紹介する分野別の参考書のうち、それぞれどれか一冊を使ってクリアしてください。

大学受験応用レベルの英単語

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】英単語帳キクタンの使い方・勉強法・評価・レベル

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】速読英単語入門・必修・上級編の使い方・勉強法・評価・レベル

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】データベース1700/3000/4500/5500の使い方・勉強法・評価・レベル

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】単語王2202の使い方・勉強法・評価・レベル

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】Duo3.0の使い方・勉強法・評価・レベル

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁の使い方・勉強法・評価・レベル

大学受験応用レベルの英熟語

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】解体英熟語(Z会)の使い方・勉強法・評価・レベル

大学受験応用レベルの英文法

大学受験応用レベルの英文解釈

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】英文解釈の技術シリーズ入門70・基礎100・無印100の使い方・勉強法・評価・レベル

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】英文解釈教室シリーズ 改装版(改訂版)・入門編・基礎編の使い方・勉強法・評価・レベル

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】英文読解の透視図の使い方・勉強法・評価・レベル

次に「1000」を使う対象となる人についてですが、「東大・京大・一橋・東工大・早慶を受験する人で“高得点”を取りたい人」となります。

「1000」に収録されている長文のレベルは、上記の大学の英語長文のうち“難しめ”レベルに相当します。

ですので、上記の大学を受験する人はどんな長文が出ても安定して合格できる実力を身に着けるために、ぜひとも取り組んでほしい一冊です。

最後にこの参考書をマスターした後に到達するレベルについてですが、東大・京大・一橋・東工大・早慶の“難しめレベル”の長文が読めるようになります。

ぜひともこの一冊をマスターして合格をつかみ取ってください!



やっておきたい英語長文シリーズ 300/500/700/1000の特徴・メリット・学習効果

やっておきたい英語長文シリーズ 300/500/700/1000の 特徴・メリット・学習効果
ここからは「やっておきたい英語長文シリーズ」の良い点・悪い点といった特徴について紹介していきます。

概要としては以下のようになります。

・長年受験生に愛用されている定番の参考書。理由は収録されている良質な長文にある

・記述式・選択式問題の両方に対応できる力を養ってくれる

・解説があっさりしている

・長文の要約付き

では早速、それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

長年受験生に愛用されている定番の参考書。理由は収録されている良質な長文にある

まず最初に挙げられる特徴として、やっておきたい英語長文は長年受験生から愛用されている定番の参考書であるということです!

その理由としては以下で説明するように「各レベルごとに良質な長文が多数収録されており、英文読解力向上の材料として適している」からです。

この後の勉強法でも説明しますが「英語長文は1回解いたら終わりではなく、1度解いた長文を何度も何度も復習する必要」があります。

これはなぜかというと何度も何度も復習して、あるレベルの複数の長文を完璧に読めるようになったら、それと同等の長文であれば初見でも内容のほとんどが理解でき、そしてそれ以下のレベルの長文であればスラスラと完璧に読めるようになるからです。

そしてやっておきたい英語長文では1つのレベルに対して複数の長文が収録されているため、それが可能に、つまり1つのレベルの長文を何度も何度も復習して完璧に読めるようにすれば、それと同等レベルの長文を初見で読めるようになるのです!

これが長年、やっておきたい英語長文が受験生に愛用されている理由なのです♪

記述式・選択式問題の両方に対応できる力を養ってくれる

次に紹介する特徴としては「設問の多くが記述式である」ということです。

やっておきたい英語長文を使う人で私立大学を第一志望にしている人は多いでしょう。

基本的に私立大学の英語入試では選択式の問題がほとんどですが、やっておきたい英語長文では記述式の問題が多いです。

これには理由がありまして、それは「選択式よりも記述式の問題の方が考える力を養うことができ、記述式が解ける力が身につけば選択式の問題を容易に解けるようになるから」です。

ですので、私立大学を第一志望とする人も「自分は私立だから記述問題は解きたくない」とは言わずに、ちゃんと記述問題を解き、選択式問題を確実に解ける力を身に着けてくださいね♪

解説があっさりしている

ここでやっておきたい英語長文の唯一の欠点とも言っていいものがあります。

それは「解説があっさりとしている」ということです。

設問に対する解説はしっかりとなされているのですが、長文全体について細かくSVOCMを割り振るなどの解説はされていません。

SVOCMの割り振りを自分で確実にできるという人には何も問題ないのですが、その自信がないという人には少し不親切と言えます。

もし英文解釈に自信がないという人は、長文の全文章にSVOCMが記入された解説がついている「ハイパートレーニング」で長文問題演習をし、英文解釈に自信をつけた後に、「やっておきたい英語長文」に取り組むといいでしょう。

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】英語長文ハイパートレーニング シリーズ レベル1/2/3の使い方・勉強法・評価・レベル

長文の要約付き

最後に紹介する特徴としては、各長文ごとに100字程度の要約が付いていることです。

これは志望校の試験にて毎年要約問題が出るような人たちには、ぜひとも活用していただきたいものです!

例えば東京大学であれば毎年大門1で要約問題が出題されますので、東大志望の方は必ずこの参考書で長文を読んだ際は、要約もするようにしましょう♪



やっておきたい英語長文シリーズ 300/500/700/1000のページ数・長文題数

やっておきたい英語長文シリーズ 300/500/700/1000の ページ数・長文題数

やっておきたい英語長文 300

【ページ数】151ページ
【長文数】30題

やっておきたい英語長文 500

【ページ数】139ページ
【長文数】20題

やっておきたい英語長文 700

【ページ数】153ページ
【長文数】15題

やっておきたい英語長文 1000

【ページ数】142ページ
【長文数】10題

やっておきたい英語長文シリーズ 300/500/700/1000の使い方・勉強法

やっておきたい英語長文シリーズ 300/500/700/1000の 使い方・勉強法
ここからは「やっておきたい英語長文シリーズ 300/500/700/1000の効果的な使い方・勉強法」について紹介していきます。

概要としては以下のようになります。
1、ゴールを決める

2、問題を印刷・コピーする

3、時間を決めて問題を解く

4、解説を読む

5、SVOCMを割り振り精読する

6、10回以上音読する

それでは1つ1つのステップを詳しく説明していきますね。

ゴールを決める

これはどの参考書にも言えることですが、いつまでにこの参考書をマスターするかのゴールを決めましょう。

このいつまでという期限を決めないと、人はどうしてもだらけがちになってしまいますが、期限を決めることで集中力を高め、効率よく勉強できます。

ですので、例えば高校3年生の方であれば「12月からは過去問演習に取り組みたいから11月中に長文演習を終わらせる」などと言ったようにゴールを決めましょう♪

問題を印刷・コピーする

さて、ここからは具体的な使い方ですが、まずは問題のページを印刷しましょう。

もし印刷せずに本紙に直接書き込んでしまうと、精読による復習や解きなおしができなくなってしまいます。

先ほどの述べたように、英語長文は同じ長文を何度も何度も復習することによってその成果を発揮します。

ですので復習ができるように、本紙には書き込まず、“必ず”問題文はコピーするようにしましょう!

時間を決めて問題を解く

印刷が出来ましたら、早速解いていきます。

長文ごとに目標解答時間があるので、その時間内に解き終わるようにしてください。

ここではとにかく、限られた時間の中で問題を解ききることを意識してくださいね。

解説を読む

さて、問題が解き終わりましたら解説を読んでいきましょう。

この際に間違った問題に関しては、自分がなぜ間違っていたのか、そして正解するにはどのように文構造を把握すべきだったのかを解説を読んでしっかりと理解してください。

やっておきたい英語長文の解説には、設問に関する解説しか載っていないので、設問に関係のない箇所で分からなかったもの(構文や単語など)に関しては、次の精読のステップで取り扱います。

精読する

いよいよここからが英語長文演習の醍醐味といえる勉強法です。

ここでの精読と、次の音読をやり込むことによって長文読解力が“大幅”に伸びます!!

むしろ、解説を読んで終わりという人はいつまでも経っても長文読解力が伸びることはありません。

これは下の内容に起因します。

「英語長文は1回解いたら終わりではなく、1度解いた長文を何度も何度も復習する必要」があります。

これはなぜかというと何度も何度も復習して、あるレベルの複数の長文を完璧に読めるようになったら、それと同等の長文であれば初見でも内容のほとんどが理解でき、そしてそれ以下のレベルの長文であればスラスラと完璧に読めるようになるからです。

そしてやっておきたい英語長文では1つのレベルに対して複数の長文が収録されているため、それが可能に、つまり1つのレベルの長文を何度も何度も復習して完璧に読めるようにすれば、それと同等レベルの長文を初見で読めるようになるのです!
【東大生が書いた】やっておきたい英語長文シリーズ 300/500/700/1000の使い方・勉強法・評価・レベル

ですので、絶対にこの精読と音読のステップを疎かにしないでください!!

では、具体的にどのように精読をするかというと「印刷した長文の全ての文章にSVOCMを割り振り」、「わからない英単語英熟語は全て調べる」ことにより、その長文の全てに関して分からないものがない状態、つまり完全に理解する状態にするということです。

ここで長文を完全に理解せずに、音読に移ってしまうと音読の効果が半減してしまいますので必ず完璧に理解してから音読に移ってくださいね♪

10回以上音読する

いよいよ最後のステップ、「音読」です。

英文構造を完全に理解した後に音読をすることによってあなたの英文読解力と速読力は飛躍的に向上します。

それはなぜかというと、音読することにより「音読をするスピードと同じスピードで英文を読める」ようになり、「頭の中で英語を日本語に訳さずに、英語を英語のまま理解できる」ようになるからです!

後半の「頭の中で英語を日本語に訳さずに、英語を英語のまま理解できる」というのが、どういうことかわかりにくいという方もいると思うので1つ例を挙げるとします。

例えば「This is a pen . 」という文章を見たときにわざわざ頭の中で「これはペンです」と訳さなくても、英文を英語のまま理解できますよね。

まさにこれと同じことが、これよりも単語も文構造も難しい英語長文でも可能になるのです!

これができれば英文を読むスピードがかなり速くなりますし、ネイティブと同じ思考回路を獲得できるようになります!

ですので、かならず音読はしましょう♪

回数としては最低でも10回はやりましょう!

できれば20回、30回とやってほしいところですが、そんなに時間に余裕がないという人は最低でも10回はやってくださいね♪

やっておきたい英語長文シリーズ 300/500/700/1000の次に使いたい参考書

やっておきたい英語長文シリーズ 300/500/700/1000の 次に使いたい参考書
この参考書をやったらあとは、過去問演習がメインになってくると思います。

その際にもこの参考書と同様に、長文問題を解き終わったら精読と音読を欠かさないようにしてくださいね!

そうすればあなたの志望校への合格率はぐっと上がりますよ♪

本日紹介したやっておきたい英語長文シリーズ 300/500/700/1000

やっておきたい英語長文シリーズ 300/500/700/1000の シリーズ紹介

話題のスタディサプリを2週間の無料体験してみよう!

CMでも話題の「スタディサプリ」では受験業界で有名なプロ講師の授業を格安で受講ができる!

このページからも続々と体験者申込者が出てきており、受験生からの人気が伺えます♪

スタディサプリをもっと詳しく知りたい人は↓こちらから
【塾の50分の1の授業料】東大・京大・早慶合格者によるスタディサプリの評判・口コミなど

関連記事