【東大生が書いた】ポレポレ英文読解プロセス50の使い方・勉強法・評価・レベル

【東大生が書いた】ポレポレ英文読解プロセス50の使い方・勉強法・評価・レベル

目次

話題のスタディサプリを体験してみよう!

いまCMでも話題の「スタディサプリ」では受験業界でも有名なプロ講師の授業を格安で受講ができる!上のリンクから今すぐ登録しよう!

1.ポレポレ英文読解プロセス50の評価やレベルとおススメの人

ポレポレ英文読解プロセス50の評価やレベルとおススメの人
前提となるレベル:基本の英単語・文法をしっかりと覚えれている人(センター試験で7割以上取れている人)、英文解釈の基礎ができている人

対象:東大・京大といった最難関国公立大学受験者、旧帝大受験者、早慶受験者、英単語や文法を覚えたのに、なかなか英語の点数が上がらないという人
*関関同立やGMARCH、上智を受験する人で英語でがっつり点を稼ぎたいという人にもおすすめです。

マスター後の到達レベル:語数が多い英文など複雑な英文の意味でも正確に理解することができるようになる。またわからない単語が文中にあっても文構造からその意味を理解できる。

英文解釈とは英文の主語・動詞・目的語・補語・副詞(SVOCM)を正確に読み取り、訳を含めた英文の意味を正確に理解する技術である。

英文解釈ができなくてもたくさん知っていれば偏差値50後半までは到達することができるだろうが、それ以上の偏差値を目指すとなると英文解釈は必須の技術である。偏差値60近辺の人がポレポレを使い込むことによって偏差値70に到達した例は多々ある。

なぜなら東大や早慶などといった最難関大学では単語の意味を知っているだけでは理解できない英文が長文に登場し、それがよく問題の設問と絡んでくるからである。また近年、難関大学では英字新聞など英文解釈の技術がなければ意味を理解できない文章が出題される傾向にあるので、難関大学受験生にとってポレポレは必須の参考書だ。

例えば英文を読んだ際に単語の一つ一つの意味は分かるのに「主語はどこからどこまでなのか」「メインの動詞はどれなのか」「目的格はどこからどこまでなのか」など文構造がうまくつかめず、訳すことができない経験をしたことはないだろうか?

まさにこの状態を解決してくれるのが英文解釈という技術である。

ポレポレは英文解釈に関する優れた参考書であることは受験業界では有名であり、ページ数が少なく薄い本であるため一見取り組みやすそうな参考書に思えるだろうが、英文解釈の勉強が初めてという人や単語・文法の基礎ができていない人にはお勧めできない。

単語・文法の基礎というのはセンター試験でいえば7割以上とれていなければ、基礎が身についていないということなので、まずは7割を超えるまでは単語(システム英単語やターゲット1900、速読英単語必修編などのレベル)と文法(フォレストやネクステなどのレベル)をしっかり勉強しよう。

【東大生が書いた】ターゲット1900の使い方・勉強法・評価・レベル

【東大生が書いた】速読英単語必修編の使い方・勉強法・評価・レベル

【東大生が書いた】システム英単語の使い方・勉強法・評価・レベル

【東大生が書いた】Next Stage(ネクストステージ)の使い方・勉強法・評価・レベル

【東大生が書いた】Forest(フォレスト)の使い方・勉強法・評価・レベル

また英文解釈の基礎は以下の英文を意味の分かる日本語に訳することができるかどうかで判別できるだろう。

At the time which we talk of the boy was very poor.

おそらくここに書いてある単語の意味は基本単語を学習した人にとっては常識レベルの英単語です。

ですがこの文章を意味の通る日本語に訳することはできましたか?

正解は「私たちが話している時代において、その少年は非常に貧しかった。」です。
At the time which we talk ofが時を表す副詞節で、the boy was very poorが主文です。

これを訳すことができた人はポレポレに取り組むに十分な英文解釈能力を持っているので、さっそくポレポレに取り組んで更に複雑英文でも文構造を正確に見抜けるようにしましょう。

もしこの文を正確に訳すことができなかった人はまず下記の参考書で英文解釈の基礎を習得しよう。




2.ポレポレ英文読解プロセス50の特徴・メリット・学習効果

ポレポレ英文読解プロセス50の特徴・メリット・学習効果

解釈のプロセスを詳しく説明した解説

ポレポレでは英文解釈を習得するために最適な例文を50に精選し、それらについてかなり詳しく説明されている。

ポレポレの著者である西きょうじ氏は本著において「ネイティブが英語を読むのと同じように英語を読む」技術の習得を読者にさせようとしている。

この技術というのは、いかなる英文であっても英文を「前から後ろへと順に」たどって読み、途中で戻ることなく英文の意味を理解するということだ。

この技術を習得させるために例文1つに対して2ページ以上の解説ページを割いており、受験生がつまづきやすい部分もしっかりと詳細に説明している。

例えば受験生がつまづきやすい例として、関係詞(that who whichなど)がどこからどこまで続いているのかわからないというものがある。先ほど英文解釈の習得度を測るために出した例文もそれである。

この関係詞についてどのように対応したらいいかを、言葉だけでなく記号を使って解説し、ヴィジュアル的にも理解しやすい解説がされている。

ぶっちゃけ、ポレポレ以上に関係詞をわかりやすく解説してる英文解釈の参考書は見たことない。

ポレポレに取り組み始めたばかりの時は、例文を読んでもどれが英文の主語か分からない人が大多数であると思うが、例文の意味を自力で理解できなくてもしいっかりと解説を読んで英文の読み方を理解していけばいかに複雑に構文や文法が入り組んだ英文でも難なく英文構造と意味を理解できるようになる。

 

最難関大学の和訳問題にも対応できる

東大などの最難関大学での和訳問題の特徴として、「英文中の単語は難しくないけど和約をしようとすると、意味の通る日本語にならない」ような英文が出題される。

これはまさに英文解釈の技術がなければ解けない問題である。

ポレポレではまさにこの問題のような50の例文が収録されており、それぞれの英文解釈の方法についての解説だけでなく、和訳の解説もされている。

たとえばHer teacher’s advice caused her to change her mind.

という例文では

無生物主語は、「~は」「~が」といったように“主語”としては訳さずに「~によって」「~なので」というように“原因“として訳すという方針に基づき

「彼女の先生のアドバイスによって、彼女は気持ちを入れ替えた」というに訳すことができる。

 

内容は濃ゆいがページ数が少ない

ポレポレは内容は非常に濃ゆいのですがページ数が少ないです。

そのため1周目は解説をじっくり読み理解するのに時間がかかりますが、2周目以降はページ数が少ないため短時間で復習が可能になります。

また持ち運びもしやすい薄さなので通学時間などの空き時間で学習ができます。

 

3.ポレポレ英文読解プロセス50のページ数・例文数

ポレポレ英文読解プロセス50のページ数・例文数
【ページ数】129ページ
【例文数】50文




4.ポレポレ英文読解プロセス50の使い方・勉強法

ポレポレ英文読解プロセス50の使い方・勉強法
それでは東大生である私のポレポレの使い方を紹介していきます。

ポレポレの目的は「英文を和訳できるようになること」ではなく「S(主語)V(動詞)O(目的語)C(補語)M(副詞)などの英文構造を瞬時に見抜くこと」ですので、それを念頭に置きながら勉強しました。

具体的な使い方としては以下の流れです。

1、SVOCMの振り分けと関係詞、接続詞の把握(この際にノートを作るのもアリ)

まずは英文を読んだ際に、英文にS(主語)V(動詞)O(目的語)C(補語)M(副詞)をそれぞれ振り分けていきます。この際に、直接ポレポレに書き込まないでください。(自分の書いたことが正解と異なってたら消して書き直す必要があるので)ノートに書き込むか、頭の中で振り分けるかしましょう。

また「関係詞など節や句がどこからどこまでなのか?」「andやorなどの接続詞が結んでいるのは単語なのか?節なのか?句なのか?」も把握しましょう。

ここは自分で出来る範囲でいいです。これが英文を読みながらスラスラとできるようになることがポレポレを使って目指す目標なので5分考えてもわからなければ解説を読みましょう

2、解説を読む

解説をじっくりと読みましょう。英文を先頭から読む順に英文解釈の方法が解説されているので、どのようにSVOCMを振り分け、どのように節や句の固まりを認識しているかを理解しましょう。

もし何度も読んでも解説が理解できないのであれば、それは英文解釈の基礎が習得できていないことが大きな原因だと考えられますので、ポレポレと同じ著者に書かれたポレポレの基礎版である「英文読解の基本はここだ!」に取り組みましょう。

3、和訳も参考程度に見る

解説を読み終わったらその横にある和約を見ましょう。

ただ和約は意訳であるため、正解は本著に書かれているもの1つだけとは限りませんが、和訳する際のコツなどは参考になるので必ず目を通しておきましょう

 

4、音読をする

例文の学習が1つ終わるたびにその例文を最低20回音読しましょう。20回と聞けば多いように思えますが、例文を1回読むのに30秒ほどで済むので計10分ほどしかかりません。

解説で読んだ事項(SVOCM)を意識しながら例文を音読することで、英文解釈の技術が着実に体に身についていきます。

何度も繰り返すうちに、例文以外の英文を読んだ際も自然と「SVOCM」や「節・句の範囲」を見抜くことができるようになります。これができるようになれば英語の学習は完成したに等しいです。

音読の学習は英語の学習において死ぬほど大事なので絶対に音読しましょう。

ぶっちゃけ東大生で英語の学習において音読をしていなかったという人に出会ったことがありません。それくらい音読は重要だと認識されています。

5、受験までに最低30周

1~4を繰り返し一周終わったらそれで終わらずに何度も何度も繰り返し復習しましょう。

参考書を1周して完璧に内容を習得できている人は天才中の天才です。

ほとんどの人は2周目以降に理解できることや気づくことがあると思います。ですので、参考書の内容を完璧に習得するために何周もしましょう。

自分は30周をしたころには、構文が複雑に入り混じった英文も自然と読めるようになり英語の学習はほぼ完成したと感じました。その結果、東大英語でも8割以上とれたと思います(正確な点数はわかっていませんが、予備校の先生に添削してもらった結果です)

5.ポレポレ英文読解プロセス50のシリーズ紹介

ポレポレ英文読解プロセス50のシリーズ紹介




6.ポレポレ英文読解プロセス50の次に使いたい参考書

ポレポレ英文読解プロセス50の次に使いたい参考書
ポレポレが終わったころには英語の総合的な学習が完成しているはずです。あとは志望校の過去問を解いたり、英語長文を解いて英文解釈の技術に磨きをかけていきましょう。

また過去問演習の際も長文演習の際も、問題を解き終わったら英文にSVOCMを振り音読をして英文解釈の技術を復習するようにしましょう。そうすることでネイティブと同様のレベルまで英文読解のレベルを高めることができます。

関連記事