最終更新日:

【東大生が書いた】英語長文ハイパートレーニングの使い方・勉強法・評価・レベル【レベル1/2/3】

【東大生が書いた】 英語長文ハイパートレーニング シリーズ レベル1/2/3の 使い方・勉強法・評価・レベル

この記事では

「英語長文ハイパートレーニング シリーズ レベル1/2/3ってどんな参考書?」

「英語長文ハイパートレーニング シリーズ レベル1/2/3のレベルってどれくらい?」

「英語長文ハイパートレーニング シリーズ レベル1/2/3は自分に適した参考書かな?」

「英語長文ハイパートレーニング シリーズ レベル1/2/3ってどう使うのが効率的かな?」

「英語長文ハイパートレーニング シリーズ レベル1/2/3が終わったら次は何をすればいい?」

といった皆さんの知りたいことを全て掲載しているので、ぜひ最後までご一読ください。




目次

英語長文ハイパートレーニング シリーズ レベル1/2/3の評価やレベルとおススメの人

英語長文ハイパートレーニング シリーズ レベル1/2/3の 評価やレベルとおススメの人
まず「大学入試英語長文ハイパートレーニング シリーズ」について紹介する前に言っておかなければならないことがあります。

それは英語長文読解をやる前に、必ず英単語および熟語・英文法・英文解釈の3つをある程度学習し終えてください。というものです。

なぜならこれら3つの知識がなければ英語長文を読むことはできず、取り組むだけ無駄だからです。

いくら優れた英語長文の参考書とは言えども、これらの知識がない人が取り組んでも長文が読めるようにはなりません

ですので今から紹介する各シリーズそれぞれに対して、事前に習得しておきたい単語・英文法・英文解釈のレベルを表記しておりますので必ずそれらのレベルに達してから英語長文に取り組むようにしてください!
【東大生が書いた】やっておきたい英語長文シリーズ 300/500/700/1000の使い方・勉強法・評価・レベル

大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル1 超基礎編

前提となるレベル:大学受験基礎レベルの英語力。偏差値で言えば50以上

対象となる人:初めて長文演習に取り組む人。センター試験を含めて大学受験で英語を使う人全員

マスター後の到達レベル:偏差値50後半以上に達することができる。またセンター試験の“易しめ”レベルの長文をスラスラと速読できるようになる

まずは前提のレベルとして「大学受験基礎レベルの英語力。偏差値で言えば約50以上」をクリアしている必要がある。

もしクリアしていない人は以下で紹介する分野別の参考書のうち、それぞれどれか一冊を使ってクリアしてほしい。

大学受験基礎レベルの英単語

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】英単語帳キクタンの使い方・勉強法・評価・レベル

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】データベース1700/3000/4500/5500の使い方・勉強法・評価・レベル

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】システム英単語シリーズ(Basicなど)の使い方・勉強法・評価・レベル

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】速読英単語入門・必修・上級編の使い方・勉強法・評価・レベル

大学受験基礎レベルの英熟語

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】速読英熟語の使い方・勉強法・評価・レベル

大学受験基礎レベルの英文法

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】Forest・フォレストの使い方・勉強法・評価・レベル

大学受験基礎レベルの英文解釈

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】英文解釈の技術シリーズ入門70・基礎100・無印100の使い方・勉強法・評価・レベル

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】英文解釈教室シリーズ 改装版(改訂版)・入門編・基礎編の使い方・勉強法・評価・レベル

【東大生が書いた】やっておきたい英語長文シリーズ 300/500/700/1000の使い方・勉強法・評価・レベル

次に「レベル1」を使う対象となる人についてですが、長文読解の超基礎レベルの参考書ですので「初めて長文演習に取り組む人」や「センター試験を含めて大学受験で英語を使う人全員」となります。

「レベル1」をマスターした後の到達するレベルについてですが「偏差値は50代後半以上に達する」ことができ、「センター試験の長文のうち“易しめ”レベルであればスラスラと読む」ことができるようになります。

センターの長文で満点を取りたいという人や偏差値50以上の大学を受験する人は必ず次の「レベル2」にも取り組みましょう♪

最後に「レベル1」のAmazonでのレビューを引用しておきます。

超基礎だが、音読を繰り返すことで長文をスラスラ読める感動を味わえる良書

センターレベルとは違い、入試基礎ではなく高校入試問題が採用されているくらいの難易度である。

しかし超基礎と言えど、英語の長文を早く読むための工夫が物凄く凝られており、

単語と文法覚えたんだけど、なんか上手く読めない!!と言う方が本書で音読をしまくると、

後に白文を読んだときにスラスラ読めることに感動し、英語を好きになれると思う。

まさにそれこそが本書の魅力であり、英語の苦手な受験生の偏差値を改造しまくってきた安河内先
生の持ち味が出ているといえよう。

もちろん英語を極めるにはビジュアル英文解釈やポレポレの様な英文解釈の参考書は必須なのだが、その前に本書をやっていれば

英語を読むことの楽しさが分かり、英語の勉強に拍車をかけるのは間違いない。
amazon

大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル2 センターレベル編

前提となるレベル:大学受験標準レベルの英語力。偏差値で言えば約55以上

対象となる人:センター試験を含めて大学受験で英語を使う人全員

マスター後の到達レベル:偏差値が60以上に達する。センター試験の英語長文では安定して“満点”を、日東駒専などの偏差値50代の大学の英語で安定して“合格点”を取れるようになる。

まずは前提のレベルとして「大学受験標準レベルの英語力。偏差値で言えば約55以上」をクリアしている必要があります。

もしクリアしていない人は以下で紹介する分野別の参考書のうち、それぞれどれか一冊を使ってクリアしてください。

大学受験標準レベルの英単語

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】英単語帳キクタンの使い方・勉強法・評価・レベル

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】システム英単語シリーズ(Basicなど)の使い方・勉強法・評価・レベル

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】速読英単語入門・必修・上級編の使い方・勉強法・評価・レベル

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】データベース1700/3000/4500/5500の使い方・勉強法・評価・レベル

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】ターゲット1900の使い方・勉強法・評価・レベル

大学受験難関レベルの英熟語

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】速読英熟語の使い方・勉強法・評価・レベル

大学受験標準レベルの英文法

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】Next Stage(ネクステージ)英文法・語法問題の使い方・勉強法・評価・レベル

大学受験標準レベルの英文解釈

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】ポレポレ英文読解プロセス50の使い方・勉強法・評価・レベル

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】英文解釈の技術シリーズ入門70・基礎100・無印100の使い方・勉強法・評価・レベル

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】ビジュアル英文解釈の使い方・勉強法・評価・レベル

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】英文解釈教室シリーズ 改装版(改訂版)・入門編・基礎編の使い方・勉強法・評価・レベル

【東大生が書いた】やっておきたい英語長文シリーズ 300/500/700/1000の使い方・勉強法・評価・レベル

次に「レベル2」を使う対象となる人についてですが、「センター試験を含めて大学受験で英語を使う人全員」となります。

「レベル2」はセンターレベルと題打ってありますが、収録されている長文のうちいくつかそれよりも難しめのものも含まれています。

ですので、レベル2をマスターすれば「センター試験の英語で安定して満点がとれる」ようになりますし、「日東駒専などの偏差値50代の大学の英語で安定して“合格点”を取れる」ようになります!

GMARCHや関関同立などの偏差値60以上の大学を受験する人は必ず次の「レベル3」にも取り組みましょう♪

最後に「レベル2」のAmazonでのレビューを引用しておきます。

センター長文対策に最適

まず、自分が使っている英語の教材は単語用にシステム英単語 文法用にスクランブルです。そして長文用にこれを買いました。

センターに向けて英語を勉強し始めたのが今から約2ヶ月前でそれまでは全くと言っていいほど英語をやって来ませんでした。そのせいで英語はマーク模試で60点台という驚愕の点数でした。

それからこれを買い、一ヶ月かけて(12日完成とは書いてありますが)これ一冊を長文対策として使っていったところ、河合塾と駿台の両方のマーク模試で記述130点をとることができました!なんと言っても速読力が格段に延びましたね!

ですから、時間内に問題が解けない、もしくは誤読が多くて回答でミスしてしまうなんて人はこれを使えば大丈夫だと思います。解説も非常に丁寧です。
amazon

大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル3難関編

前提となるレベル:大学受験標準レベルの英語力。偏差値で言えば約60以上

対象となる人:難関以上の大学を受験する人。*旧帝大や早慶上智・GMARCH・関関同立など

マスター後の到達レベル:偏差値が65以上に達する。GMARCHや関関同立、東大・京大などを除いた国公立大学の英語をスラスラと読めるようになる

大学受験応用レベルの英単語

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】英単語帳キクタンの使い方・勉強法・評価・レベル

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】速読英単語入門・必修・上級編の使い方・勉強法・評価・レベル

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】データベース1700/3000/4500/5500の使い方・勉強法・評価・レベル

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】単語王2202の使い方・勉強法・評価・レベル

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】Duo3.0の使い方・勉強法・評価・レベル

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁の使い方・勉強法・評価・レベル

大学受験応用レベルの英熟語

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】解体英熟語(Z会)の使い方・勉強法・評価・レベル

大学受験応用レベルの英文法

大学受験応用レベルの英文解釈

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】英文解釈の技術シリーズ入門70・基礎100・無印100の使い方・勉強法・評価・レベル

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】英文解釈教室シリーズ 改装版(改訂版)・入門編・基礎編の使い方・勉強法・評価・レベル

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】英文読解の透視図の使い方・勉強法・評価・レベル

【東大生が書いた】やっておきたい英語長文シリーズ 300/500/700/1000の使い方・勉強法・評価・レベル

次に「レベル3」を使う対象となる人についてですが、「偏差値60以上の大学を受験する人」となります。

「レベル3」に収録されている長文は、GMARCHや関関同立、東大・京大を除いた旧帝大など偏差値60代の大学の英語長文“標準レベル”、東大・京大・早慶など偏差値70代の大学の英語長文“易しめレベル”の長文が収録されています。

ですので、「レベル3」をマスターすれば、「偏差値60代の大学に合格する実力」をつけることができます。

偏差値70代の大学を合格するにこれだけでは足りないので、この記事の一番最後でも紹介しますが「レベル3」よりも難しい「やっておきたい英語長文1000」にも取り組むことを強く推奨します!

最後に「レベル3」のAmazonでのレビューを引用しておきます。

MARCHで差をつけ、早慶上智への足掛かりへ
シス単、ターゲット、速読英単語などの単語帳と、文法書、英文解釈の参考書をある程度やっておけばそれなりに解ける。MARCH志望で英語で差をつけたい人、早慶上智志望で速読の練習をしたい人には誂え向きだと思う。

また、この参考書に手を出すからには音読もしっかりこなしてもらいたい。私はハイトレのセンター編、難関編の文章を総計720回(24の文章×30)音読したおかげで、センター試験の過去問では25分前に全てを解き終える事が出来るまでになった。
amazon



英語長文ハイパートレーニング シリーズ レベル1/2/3の特徴・メリット・学習効果

英語長文ハイパートレーニング シリーズ レベル1/2/3の 特徴・メリット・学習効果
ここからは「英語長文ハイパートレーニング シリーズ レベル1/2/3」の良い点・悪い点といった特徴について紹介していきます。

概要としては以下のようになります。

・1文1文の文構造に関する解説が詳しすぎる。やっておきたい英語長文との最大の違い!

・設問に関する解説も詳しすぎる

・長文の題数が12題とやや少ない

・音声CDやスラッシュの書き込みなど音読に適している

では早速、それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

1文1文の文構造に関する解説が詳しすぎる。やっておきたい英語長文との最大の違い!

英語長文ハイパートレーニングの一番大きな特徴として「1文1文にSVOCMが割り振られており解説が詳しい」ということが挙げられています。

英語長文を読めるようになるには、まずは英文1文1文を正確に読める必要があります。

この1文1文を読む技術に関しては皆さん英文解釈の参考書にて学んでいますが、実際に初見の英文や長文となると正確に文構造をつかむ自信がないという人も多いと思います。

この参考書は長文の1文1文の文構造を解説してくれているので、その様な人にかなりお勧めなのです!

これはハイパートレーニングの執筆陣自身のこだわりでもあります。

「徹底精読」では、パラグラフごとにトピックを提示し、1センテンスごとに構文図解と和訳、読むときの文法や構文などのポイントを示しています。単語・熟語も見開き頁内で確認できる使いやすい構成。
大学入試 英語長文ハイパートレーニング レベル 1 超基礎編

英語長文問題集の定番の参考書と言えば「やっておきたい英語長文」がありますが、あちらには1文1文の文構造に関する解説がないため、英文解釈に自信がない人にとってはやや不親切な参考書となってしまいます。

もし「やっておきたい英語長文」に取り組みたいという人は、まずは「ハイパートレーニング」で1文1文の文構造を正確に把握することへの自信を持ってから取り組むといいでしょう♪

設問に関する解説も詳しすぎる

次にあげる特徴としては設問に関する詳しい解説が挙げられます。

執筆陣による紹介でも以下のように述べられています。

問題の「解答と解説」では、1問1問について正解を導く根拠をていねいに解説。選択肢英文の訳も掲載し、解答に疑問が残らないように工夫しています。
大学入試 英語長文ハイパートレーニング レベル 1 超基礎編

例えば選択式の問題であれば、4択のうち正解の1つの選択肢だけでなく、他の3つの選択肢に関しても丁寧に解説がしてあり「なぜこれが正解の選択肢なのか?」そして「なぜこれが不正解の選択肢なのか?」という疑問をすっきりと解消してくれます。

ですので、質問できる相手(学校や塾の先生など)がいない独学者の方にも取り組みやすい参考書と言えますね♪

長文の題数が12題とやや少ない

ここで「英語長文ハイパートレーニング」の唯一の欠点とも言えるものがあります。

それが3シリーズどれも12題しか長文が掲載されていないというものです。

できれば長文は数を多くこなし、スラスラと読める長文の数やテーマを増やしておきたいです。

そうすることで、初見でもスラスラと読める力がぐんぐんと養われていくからです!

ですので、ハイパートレーニングをやり終えた人は「やっておきたい英語長文」などで英語長文の演習量をどんどん増やしていってくださいね♪

音声CDやスラッシュの書き込みなど音読に適している

さて「英語長文ハイパートレーニング」の特徴として最後に挙げるのは「音読に適した英語長文問題集」であるということです!

ハイパートレーニングの執筆陣も以下のように、音読を前提としては使い方を想定しています。

「速読トレーニング」では、英語→日本語の音読で意味を取りながら英文理解の速度を上げて行き、日本語が必要なくなった段階で、英語のみを音読し、意味を理解する訓練をする。
amazon

今回の新装版より、読者から要望が出ていた音声CDが付属するようになりました。リピートトレーニング用音声(スラッシュリーディング)とスピード聴解トレーニング用音声(ナチュラルスピード)が収録されています。
大学入試 英語長文ハイパートレーニング レベル 1 超基礎編

ではなぜここまで音読に適した参考書となっているかというと、音読には以下の効果があるからです。

英文構造を完全に理解した後に音読をすることによってあなたの英文読解力と速読力は飛躍的に向上します。

それはなぜかというと、音読することにより「音読をするスピードと同じスピードで英文を読める」ようになり、「頭の中で英語を日本語に訳さずに、英語を英語のまま理解できる」ようになるからです!

後半の「頭の中で英語を日本語に訳さずに、英語を英語のまま理解できる」というのが、どういうことかわかりにくいという方もいると思うので1つ例を挙げるとします。

例えば「This is a pen . 」という文章を見たときにわざわざ頭の中で「これはペンです」と訳さなくても、英文を英語のまま理解できますよね。

まさにこれと同じことが、これよりも単語も文構造も難しい英語長文でも可能になるのです!

これができれば英文を読むスピードがかなり速くなりますし、ネイティブと同じ思考回路を獲得できるようになります!
【東大生が書いた】やっておきたい英語長文シリーズ 300/500/700/1000の使い方・勉強法・評価・レベル

ですので、後の「ハイパートレーニングの効率的な使い方」の際にも言いますが、この参考書を使う際は必ず音読をするようにしましょう♪



英語長文ハイパートレーニング シリーズ レベル1/2/3のページ数・長文題数

英語長文ハイパートレーニング シリーズ レベル1/2/3の ページ数・長文題数

レベル1

【ページ数】206ページ
【長文題数】12題

レベル2

【ページ数】222ページ
【長文題数】12題

レベル3

【ページ数】232ページ
【長文題数】12題

英語長文ハイパートレーニング シリーズ レベル1/2/3の使い方・勉強法

英語長文ハイパートレーニング シリーズ レベル1/2/3の 使い方・勉強法
ここからは「英語長文ハイパートレーニング シリーズ レベル1/2/3の効果的な使い方・勉強法」について紹介していきます。

概要としては以下のようになります。

1、ゴールを決める

2、問題を印刷・コピーする

3、時間を決めて問題を解く

4、解説を読む

5、SVOCMを割り振り精読する

6、10回以上音読する

それでは1つ1つのステップを詳しく説明していきますね。
【東大生が書いた】やっておきたい英語長文シリーズ 300/500/700/1000の使い方・勉強法・評価・レベル

ゴールを決める

これはどの参考書にも言えることですが、いつまでにこの参考書をマスターするかのゴールを決めましょう。

このいつまでという期限を決めないと、人はどうしてもだらけがちになってしまいますが、期限を決めることで集中力を高め、効率よく勉強できます。

ですので、例えば高校3年生の方であれば「12月からは過去問演習に取り組みたいから11月中に長文演習を終わらせる」などと言ったようにゴールを決めましょう♪
【東大生が書いた】やっておきたい英語長文シリーズ 300/500/700/1000の使い方・勉強法・評価・レベル

問題を印刷・コピーする

さて、ここからは具体的な使い方ですが、まずは問題のページを印刷しましょう。

もし印刷せずに本紙に直接書き込んでしまうと、精読による復習や解きなおしができなくなってしまいます。

先ほどの述べたように、英語長文は同じ長文を何度も何度も復習することによってその成果を発揮します。

ですので復習ができるように、本紙には書き込まず、“必ず”問題文はコピーするようにしましょう!
【東大生が書いた】やっておきたい英語長文シリーズ 300/500/700/1000の使い方・勉強法・評価・レベル

時間を決めて問題を解く

印刷が出来ましたら、早速解いていきます。

長文ごとに目標解答時間があるので、その時間内に解き終わるようにしてください。

ここではとにかく、限られた時間の中で問題を解ききることを意識してくださいね。
【東大生が書いた】やっておきたい英語長文シリーズ 300/500/700/1000の使い方・勉強法・評価・レベル

解説を読む

さて、問題が解き終わりましたら解説を読んでいきましょう。

この際に間違った問題に関しては、自分がなぜ間違っていたのか、そして正解するにはどのように文構造を把握すべきだったのかを解説を読んでしっかりと理解してください。
【東大生が書いた】やっておきたい英語長文シリーズ 300/500/700/1000の使い方・勉強法・評価・レベル

この際に、正解の選択肢だけでなく不正解の選択肢に関する解説もしっかりと読み、自分が問題を解くうえで引っ掛かりやすい場所などの弱点を見つけて克服することを意識してください。

精読する

いよいよここからが英語長文演習の醍醐味といえる勉強法です。

ここでの精読と、次の音読をやり込むことによって長文読解力が“大幅”に伸びます!!

むしろ、解説を読んで終わりという人はいつまでも経っても長文読解力が伸びることはありません。
【東大生が書いた】やっておきたい英語長文シリーズ 300/500/700/1000の使い方・勉強法・評価・レベル

具体的にどのように精読するかというと、長文1文1文全てにSVOCMを割り振り、わからない英単語などは調べて、長文の全てを和訳できるようにするということです。

この際に、SVOCMを割り振り終えたらそれがあっているか、SVOCMが割り振られている巻末の長文ページを開いて確認しましょう。

そこで、自分が誤って把握していた文構造を正しく理解しなおすことを心がけてください。

ここで、誤ったままにしていると次の音読の際に、この誤った構文把握を身体に染み込ませていしまい、英文読解の際の大きな障害となってしまいますので、くれぐれもご注意を!

10回以上音読する

いよいよ最後のステップ、「音読」です。

この長文を完全に理解した後に音読をすることによってあなたの長文読解力は飛躍的に向上します。

それはなぜかというと、音読することにより「音読をするスピードと同じスピードで英文を読める」ようになり、「頭の中で英語を日本語に訳さずに、英語を英語のまま理解できる」ようになるからです!
【東大生が書いた】やっておきたい英語長文シリーズ 300/500/700/1000の使い方・勉強法・評価・レベル

具体的にどのよう音読するかというと、初めはスラッシュリーディングのCDを使って、音声に続いて音読をしましょう♪

スラッシュリーディングで、音読をするスピードと同じスピードで英文の意味を頭の中で理解できるようになるまでやり込んでください。

それが出来たら次はナチュラルスピードのCDを使って、これも音読と同じスピードで英文を理解できるようになるまで音読を繰り返してください。

おそらくこれができるようになるまで少なくても10回は音読することになるでしょう。

もし10回でできない人は15回。

15回でできない人は20回。

20回でできない人は30回というように、とにかく何回という“回数”ではなく、“できるようになるまで“音読を繰り返いしてください!

英語長文ハイパートレーニング シリーズ レベル1/2/3の次に使いたい参考書

英語長文ハイパートレーニング シリーズ レベル1/2/3の 次に使いたい参考書
ハイパートレーニングの特徴でも紹介したように、この参考書は収録されている長文の数が少ないので、他の長文問題集にも取り組んでいきましょう。

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】やっておきたい英語長文シリーズ 300/500/700/1000の使い方・勉強法・評価・レベル

本日紹介した英語長文ハイパートレーニング シリーズ レベル1/2/3のシリーズ

英語長文ハイパートレーニング シリーズ レベル1/2/3の シリーズ紹介

話題のスタディサプリを2週間の無料体験してみよう!

CMでも話題の「スタディサプリ」では受験業界で有名なプロ講師の授業を格安で受講ができる!

このページからも続々と体験者申込者が出てきており、受験生からの人気が伺えます♪

スタディサプリをもっと詳しく知りたい人は↓こちらから
【塾の50分の1の授業料】東大・京大・早慶合格者によるスタディサプリの評判・口コミなど

関連記事