< id="i1">英語対策・勉強法1:リスニング対策はラジオ英会話(立命館大学 文学部合格者)

英語は私の最も得意な科目でした。

しかし、英語は高1の時の超苦手科目でした。赤点をとってしまった時と何度かありましたが、どうやって得意にしたかというと、まずは基礎的な単語を覚えます。

一度見たくらいじゃ覚えれないので、何度も何度も見ます。

レベル的にはシステム英単語のレベル1のレベルです。

それだけで、私みたいに底辺にいた人間には、点数に変化が見られるため、モチベーションが上がります。

次に、英文の構成を知るべく、学校の授業で取り扱ってる長文は予習の段階で辞書を多用して全訳します。

辞書の訳は一番しっくり来るものを選びましょう。あくまで自然で分かりやすい日本語を作る練習をしましょう。

SVOCや自動詞他動詞のイメージは最初はなかなか描けませんが、全訳をこなすうちに徐々にわかるようになります。

これは受験直前まで続けてください。

こんな単語調べる必要あるかな?というものでも調べてください。そこで、頻出するのが前置詞のため、前置詞のイメージまで鍛えられます。

ここまで来ると英語の定期テストは以前からすると大分解けるようになります。

次はイディオムを覚え始めましょう。前置詞のイメージが身についているので、早く覚えられます。

さらに、単語を覚えましょう。システム英単語のレベル2〜3(余裕があればいい4)を何度も見ましょう。

接頭辞や接尾辞が前置詞につながるケースも多いため、以前よりも覚えやすくなっているはずです。

センター試験や立命館の英語は言い換え表現重視のため、似たような意味の単語は近くに書くなど、「自分だけのこと英単語帳」を作りましょう。

あくまで私のやり方ですが、きっとあなた達なら、ここまで来ると立命館の英語なら合格点、センターなら8割はとれるでしょう。

リスニング対策はラジオ英会話をオススメします。

継続してやると、9割越えも夢ではありません。

それと、リスニングでは集中力が要となってきます。本番では一番最後で、精神的にもクタクタな中での試験となります。

常に本番と思って、勉強に臨むと良いと思います。

< id="i2">英語対策・勉強法2:学習時間の半分以上を音読(立命館大学 文学部合格者)

学習時間の半分以上を音読に充てる。

< id="i3">英語対策・勉強法3:まず単語熟語を(立命館大学 経営学部合格者)

英語☞まず単語熟語をひたすら覚えて基礎を固める。

それから長文読解の力をつけていく。




< id="i4">英語対策・勉強法4:英語はとりあえず単語(立命館大学 経営学部合格者)

英語はとりあえず単語!

単語を覚えればあとは少しの文法で長文は読めるようになる!

文法問題は問題を見てすぐなんの文法かわかるぐらいまでやりこむ。

< id="i5">英語対策・勉強法5:一文一文を覚える(立命館大学 薬学部合格者)

自分に合う参考書を見つけて、その講座ごとの一文一文を覚えるくらい、読み込むことが英語をあげるコツだと思います

< id="i6">英語対策・勉強法6:多読を重視(立命館大学 理工学部合格者)

基本的な文法は抑えてる前提で、多読を重視

わからない単語が出てきてもいいように、簡単な洋書を読んで前後の文脈から単語を予想する力をつける(『Holes』がおすすめです)

< id="i7">英語対策・勉強法7:文法書を1ヶ月で完成(立命館大学 経済学部合格者)

文法書を1ヶ月で完成させ、本文訳中心の勉強を約3ヶ月続け構文の取り方を学ぶ。

あとは演習と復習を繰り返す

< id="i">英語対策・勉強法:(立命館大学 学部合格者)