最終更新日:

No.2 立教大学法学部合格体験記2017

【大学】立教大学

【学部】法学部

【現浪】現役

【合否】合格

【予備校/塾】四谷学院

【勉強時間】10〜12h

【受験勉強開始時期】高3 4月

【偏差値の推移】53〜58くらい

【併願先とその合否】

【選択科目を選んだ理由】
世界史を勉強している時が一番楽しかったから

【出身高校の位置する都道府県】東京都

【勉強法】




英語:夏までに単語と文法を8〜9割仕上げる。

夏以降はとにかく長文と赤本を解いて、問題になれることと自分が合格に足りていないものを探した。

出来なかった長文は何回も読んで、自分が理解できていないところをなくすようにする。

国語:現代文は1日1題は必ず解く、古文単語と古文の数をこなす。

世界史:問題を解いて、出来なかった物は一問一答で暗記する。

全てを完ぺきに覚えるのではなく、赤本や問題集を解いている経験から暗記必須かそうで無いかを見分ける。

【オススメ参考書】

↓こちらも参考に
【プロ講師が書いた】東進世界史一問一答の使い方・勉強法・評価・レベル【完全版】

【後輩にアドバイス】
最後はその学校への気合いと何があってもポジティブに考える自分の気持ち次第だと思うので頑張って下さい

関連記事