法学部

No.2 立教大学法学部合格体験記2017

【大学】立教大学
【学部】法学部
【現浪】現役
【合否】合格
【予備校/塾】四谷学院
【勉強時間】10〜12h
【受験勉強開始時期】高3 4月
【偏差値の推移】53〜58くらい

【併願先とその合否】

【選択科目を選んだ理由】
世界史を勉強している時が一番楽しかったから

【出身高校の位置する都道府県】東京都

【勉強法】




英語:夏までに単語と文法を8〜9割仕上げる。

夏以降はとにかく長文と赤本を解いて、問題になれることと自分が合格に足りていないものを探した。

出来なかった長文は何回も読んで、自分が理解できていないところをなくすようにする。

国語:現代文は1日1題は必ず解く、古文単語と古文の数をこなす。

世界史:問題を解いて、出来なかった物は一問一答で暗記する。

全てを完ぺきに覚えるのではなく、赤本や問題集を解いている経験から暗記必須かそうで無いかを見分ける。

【オススメ参考書】

【後輩にアドバイス】
最後はその学校への気合いと何があってもポジティブに考える自分の気持ち次第だと思うので頑張って下さい

No.3 立教大学法学部合格体験記2017

【大学】立教大学
【学部】法学部法学科
【現浪】現役
【合否】合格
【予備校/塾】河合塾
【勉強時間】
平日 約4時間(家で)
休日 約10時間
【受験勉強開始時期】高3の4月
【偏差値の推移】
英 50→60
国 55→62
世 45→58

【併願先とその合否】
早稲田法×
上智法法×
青学法法○
明学法法○

【選択科目を選んだ理由】
漢字が苦手なので世界史にした。

【出身高校の位置する都道府県】神奈川県

【勉強法】





塾に従った。

【オススメ参考書】
古文単語ゴロゴ、山川世界史

【後輩にアドバイス】
自分は志望校に行くことができませんでした。受験には辛い思い出しかありません。受験は頑張った人が報われるというものではないと思いますが、悔しい思いはして欲しくないです。私立文系ではやはり英語が大事だと思います。

No.1 立教大学法学部合格体験記2017

【大学】立教大学
【学部】法学部
【現浪】現役
【合否】合格
【予備校/塾】東進衛星予備校
【勉強時間】
平日 4時間
休日 10時間
【受験勉強開始時期】夏休み少し前
【併願先とその合否】
駒澤大学 合格
明治学院大学 合格
成蹊大学 不合格
法政大学 合格
明治大学 不合格

【選択科目を選んだ理由】

漢字が得意だったので日本史にした。

【出身高校の位置する都道府県】群馬県

【勉強法】




英語▷夏休み中に単語や熟語、文法などの基礎をやっておく。

夏休みを過ぎると過去問の演習や社会科目の暗記詰込みの時間が必要になってくるため、夏休みまでしか英語の基礎に割く時間はない。

夏休み以降は毎日1つ長文を読んでいました。

長文は単語や文法の復習にもなるので必ず毎日やったほうがいい。

国語▷現代文よりも、単語や句形など覚えることが必要な古文漢文に時間を割きました。

現代文は過去問等で慣れさせていました。

日本史▷定期テストや模試ごとにその範囲の部分は着実に覚えるようにしてました。

試験が終わったあとも以前覚えたことを定期的に復習するようにしていました。

【オススメ参考書】
英語▷長文精構

【後輩にアドバイス】3教科の人は得意科目が2つあると有利だと思います。私は英語が苦手だったので毎日1つ長文を読むことで少しずつ苦手意識を減らしていました。苦手科目を無理して完璧に克服するよりは得意科目をできるだけ伸ばすことが大切だと思いました。