立教大学合格者の勉強法集

「立教大学合格者の勉強法集」のメニュー一覧はこちら。

立教大学合格者の勉強法集

立教大学合格者の勉強・対策法集【物理】

物理対策・勉強法1:体が解き方を覚えるまで繰り返し解いた(立教大学 理学部合格者)

物理は苦手だったので受験べんきょんに本格的に取っかったときは基礎からしっかりと勉強した。

とにかく毎日問題を解いて、応用問題は体が解き方を覚えるまで繰り返し解いた。

物理対策・勉強法2:(立教大学 学部合格者)

3:(立教大学 学部合格者)

立教大学合格者の勉強・対策法集【理系数学】

理系数学対策・勉強法1:一度やった問題は完璧に解けるように(立教大学 理学部合格者)

一度やった問題は完璧に解けるようにする。

具体的にはプラチカ、予備校や学校の授業で扱った問題を、自分で完璧に解けるまで何度も繰り返した。

理系数学対策・勉強法2:(立教大学 学部合格者)

立教大学合格者の勉強・対策法集【日本史】

日本史対策・勉強法1:だらだらとやっても覚えられない(立教大学 文学部合格者)

教科書の太字の用語を赤シートで隠しながら覚えた。

だらだらとやっても覚えられないので、1日で覚える範囲を決めてそこを徹底的にやって完璧にした。

こうして覚えたものも1週間もすれば悲しいことに忘れてしまう。

けれども覚えて忘れてを何度も繰り返すことで記憶が長期的に定着するようになる。

普段から持ち運ぶ教材は教科書にしていたため、教科書をより詳しい教材とするために資料集のページを教科書に切り貼りした。

これで教科書の太字を大体覚えたら、多面的な知識を覚えるために一問一答集を使って覚えた。

これは友達と問題の出し合いをすると楽しく覚えられた。

文化史は受験直前期の年末に短期集中で一気に覚えた。

日本史対策・勉強法2:復習が大事(立教大学 文学部合格者)

参考書を覚えて、翌日と3日後に復習して、そのあとに演習した。

1度や2度覚えても忘れてしまうことが、何度も繰り返せば長期的記憶として覚えることができるため、何度も復習することを重視した。

日本史対策・勉強法3:テスト範囲を着実に(立教大学 法学部合格者)

定期テストや模試ごとにその範囲の部分は着実に覚えるようにしてました。

試験が終わったあとも以前覚えたことを定期的に復習するようにしていました。

立教大学合格者の勉強・対策法集【世界史】

世界史対策・勉強法1:一問一答で暗記(立教大学 法学部合格者)

問題を解いて、出来なかった物は一問一答で暗記する。

全てを完ぺきに覚えるのではなく、赤本や問題集を解いている経験から暗記必須かそうで無いかを見分ける。

世界史対策・勉強法2:(立教大学 学部合格者)

3:(立教大学 学部合格者)

立教大学合格者の勉強・対策法集【英語】

英語対策・勉強法1:単語→文法→熟語→長文の順に(立教大学 文学部合格者)

単語→文法→熟語→長文の順に学習する。

前のステップを極めていないと次のステップを極めるにすることはできないから、この順番を入れ替えてはいけない。

英語対策・勉強法2:単語と長文を毎日欠かさず(立教大学 法学部合格者)

単語と文法と長文を毎日欠かさずやり、復習を怠らない。

単語はターゲット1900を、文法はネクステをそれぞれ10回以上やった。

長文は解いた後に音読を5回やった。

英語対策・勉強法3:夏以降はとにかく長文と赤本(立教大学 法学部合格者)

夏までに単語と文法を8〜9割仕上げる。

夏以降はとにかく長文と赤本を解いて、問題になれることと自分が合格に足りていないものを探した。

出来なかった長文は何回も読んで、自分が理解できていないところをなくすようにする。




英語対策・勉強法4:夏休み中までに基礎を固める(立教大学 法学部合格者)

夏休み中に単語や熟語、文法などの基礎をやっておく。

夏休みを過ぎると過去問の演習や社会科目の暗記詰込みの時間が必要になってくるため、夏休みまでしか英語の基礎に割く時間はない。

夏休み以降は毎日1つ長文を読んでいました。

長文は単語や文法の復習にもなるので必ず毎日やったほうがいい。

英語対策・勉強法5:1文ごとに5文型のどれであるかを正確に把握(立教大学 理学部合格者)

単語は1週間で100個覚えた。これを繰り返し、一冊の単語帳を数周して完璧の覚えれたなと思ったら、一個上のレベルの単語帳に移った。

文法・構文は一週間で参考書の〇ページから□ページと決めてやっていた。

長文は1文ごとに5文型のどれであるかを正確に把握できるように精読の練習をした。

英語対策・勉強法6:全問正解できるまで何度も繰り返す(立教大学 観光学部合格者)

単語は毎日覚える。なかなか覚えられないものにはマークを付けて短い頻度で何度も見直す。

文法はネクステージを完璧にする。

問題を解く際に間違えた問題にチェックし、全問正解できるまで何度も繰り返す。

答え合わせをする際はなぜ間違ったのかを分析し、正しい文法を理解する。

構文は単語と同じように例文を暗記した。

長文は解いて丸付けしただけで終わってはいけない。

解き終わったら1文1文を日本語訳していき、意味がわかないところは単語やイディオム、文法、構文などを調べるなどしてすべての文が理解できるまで分析する。

【東大生が書いた】Next Stage(ネクステージ)英文法・語法問題の使い方・勉強法【英語】

立教大学合格者の勉強・対策法集【国語】

国語対策・勉強法1:古典を武器に、(立教大学 文学部合格者)

現代文は差が付きにくいが、古典派差が付きやすいので古典を武器にする。

古典は古文も漢文も単語と文法を極める。

現代文は新書を読みまくる。

国語対策・勉強法2:古文、漢文を3題解くことをローテーション(立教大学 文学部合格者)

現代文はほとんど解かず、古文と漢文を3題解くことを日ごとにローテーションで行った。

文法事項の理解のために使った参考書は、古文はマドンナ、漢文は早覚え。

国語対策・勉強法3:他人に説明できるようにする(立教大学 観光学部合格者)

現代文:とにかくたくさんの問題を解いてたくさんの文章を読んで、現代文という科目に慣れることが重要。

段落間の関係(第二段落は第一段落の具体例を提示している等)や接続詞などから文章の構造を理解しながら読むと、筆者の主張したいことやその根拠などが理解しやすくなる。

問題を解く際は、文章のどの部分が解答の根拠があるのかをしっかり抑えていくことで正答率があがっていく。

つまりなぜこの解答になったのかを他人に説明できるようにするということだ。 

古文:英語でいう英単語と同じように、古文単語帳を一冊丸暗記する。

英語でいう英文解釈(主語や同氏を抑える技術)を身に着けるために品詞分解を参考書などを使って出来るようにする。

ここまでは英語と同じように勉強しているが、英語と古文が大きく異なるのは「敬語」の存在であるので、敬語に関しては主語と動作の対象をしっかりと把握できるようにする。(めちゃくちゃ問題に出やすい)

立教大学合格者の勉強・対策法集

「立教大学合格者の対策・勉強法」では、科目別の勉強方法を複数紹介します。

対策・勉強法には人によって合う合わないがありますので、多くの対策・勉強法を参照し、真似することで一日でも早く自分に合った対策・勉強法を確立させる手助けになれたらなと思っております。




立教大学合格者の英語対策・勉強法

立教大学合格者英語の対策・勉強法集

立教大学合格者の国語対策・勉強法

立教大学合格者国語の対策・勉強法集

立教大学合格者の数学対策・勉強法

立教大学合格者文系数学の対策・勉強法集
準備中です

立教大学合格者理系数学の対策・勉強法集

立教大学合格者の社会対策・勉強法

立教大学合格者世界史の対策・勉強法集

立教大学合格者日本史の対策・勉強法集

立教大学合格者地理の対策・勉強法集
現在準備中です

立教大学合格者の理科対策・勉強法

立教大学合格者化学の対策・勉強法集
現在準備中です

立教大学合格者物理の対策・勉強法集

立教大学合格者生物の対策・勉強法集
現在準備中です