最終更新日:

No.1明治大学理工学部合格体験記2017

【大学】明治大学

【学部】理工学部

【現浪】一浪

【合否】合格

【予備校/塾】駿台

【勉強時間】

【受験勉強開始時期】高3の秋頃

【偏差値の推移】55から65あたりをうろうろ

【併願先とその合否】
京都大学工学部 不合格

【選択科目を選んだ理由】
興味があるから物理選択

【出身高校の位置する都道府県】関西の方

【勉強法】




重要だったり応用の利きそうな問題をノートにまとめていって、暇があれば見て目に焼き付ける←数学

単語帳にない単語やイディオム、英作文での表現などをノートの1ページを半分に区切ってクイズ形式にできるようにまとめていき、暇があればみて何度も繰り返す←英語

間違えるポイントをノートに書いて暇があればみて何度も繰り返す←全部

構造式や反応式などおぼろげな奴は片っ端からノートに書いて(勿論、当たり前のやつなんかは書かん)暇があれば……。←化学

駿台のテキストをくそほど繰り返しやる←物理

駿台の岡田先生の話を聞けばわかる←地理

【オススメ参考書】

【後輩にアドバイス】
以上のように二次対策(地理を除く)をやればセンター利用に受かるくらいの点数をセンター試験でとることはできました。

私は第一志望に受かることはできませんでしたが、自分の中で高校範囲の勉強はやり終えることができたので一区切りはつけました。結果がどうなるかは誰にも分かりません。しかし、時にはつまずくこともあるかもしれませんが、懸命にやることで自分の中で一区切りつくことはできます。ですからこれから受験をされる方々には、毎日自分を省みて、これでいいのか、などと自分に問いかけ、一つの目標に向かって頭を働かせ続け懸命にやれと、これが私の助言です。

関連記事