No.2明治大学理工学部合格体験記2017

【大学】明治大学
【学部】理工学部
【現浪】現役
【合否】合格
【予備校/塾】自宅
【勉強時間】5時間くらい
【受験勉強開始時期】高2冬頃
【偏差値の推移】
覚えてないが、高校の偏差値は50くらい

【併願先とその合否】
合格→日本大学理工学部、神奈川大学工学部
不合格→東京理科大学工学部

【選択科目を選んだ理由(例:計算が得意なので化学でなく物理を選択した)】
機械系に進むと決めていたので、化学より物理の方が後々必要となってくるため

【出身高校の位置する都道府県】
神奈川県

【勉強法】




英語→単語や文法をやってから長文
明治自体本命ではなかったため、赤本はセンターの後に解いた。英語は苦手なためかなり赤本を復習したのがかなり効果的だったと思う。

数学
とにかく基礎を固めた。基礎を疎かにしてて応用など絶対にできないので、基礎をとにかくやった。

物理→公式が分からないとなんもできないので公式を覚えてそれを使えるようにする。

【オススメ参考書】
英語→
単語→システム英単語

システム英単語の使い方は↓を参考に!
【東大生が書いた】システム英単語の使い方・勉強法【決定版】

熟語→英熟語formula1000

文法→ここが入試に出る!英文法語法400

長文→センター過去問など

数学
基礎→学校の教科書

応用→標準問題精巧

物理
基礎→物理のエッセンス

応用→良問の風

【後輩にアドバイス】
難しい問題に手を出す前に基礎を固めておきましょう。浪人してる多くの人が基礎を疎かにしているように感じます。こんなの簡単すぎるって思ってても見落としがちな所もあると思うのでしっかりと基礎をやりましょう。

これは私のやっておけば良かったと思うことなのですが、模試を受けたら復習とか全くしてなかったんですが、今思うと模試をしっかり復習してる人の方が頭が良くなって行ったなぁ。と感じます。なので模試は沢山受けてしっかり復習することを勧めます。

最後に私は勉強のモチベーションを保つために「次の模試でこいつには絶対勝ってやる!」というふうに勝手に色んな人をライバル視して頑張ってました。1人で勉強するのは辛いと思いますが、周りの友達もやってると思えば辛くない。みんなで合格するって気持ちを持ってやってみてください。

関連記事