最終更新日:

No.1 明治大学文学部合格体験記2016

【大学】明治大学
【学部】文学部 史学地理学科
【現浪】現役
【合否】合格
【勉強時間】2h
【受験勉強開始時期】高1の春休み
【予備校/塾】東進

【科目別勉強法】




国語:

現代文の勉強法は、システム現代文で読解方法を確立した後にセンターの過去問や明治の過去問を解いて読解力を磨きました。

また読み終わった評論は毎回要約することで読解力と記述力を強化させました。

古文の勉強法は、マドンナ古文を使って単語・文法をしっかりと覚えた後に、英語と同様センターの過去問で演習しました。

現文古文ともにセンターの過去問で演習をしましたが、センター試験の対策をしてれば明治大学の対策にもなります。

英語:

英単語は古文単語と同様の勉強法で1日300単語覚えるようにし、ターゲット1900を1週間で覚えることを何回も繰り返しました。

長文は毎日1題解くようにして、長文を読むスピードの向上と慣れを図りました。

日本史:
冬休み入る直前まで、自分は本当に日本史が苦手でなかなか成績を上げることができませんでした。

それは自分の書いて覚えるという勉強法にこだわりすぎて、もっとよい勉強法を参考にしようとしていなかったからです。

勉強のできる友達に勉強法を聞き、それを真似したところぐんと成績が上がりました。

どのような勉強法かというと、参考書で1単元ずつ完ぺきにするのではなく、参考書を単元で区切らず最初から最後まで、短い期間で何度も読むことで、歴史のストーリーを押さえ、同時に超重要な用語を覚えるというものです。

細かい単語はこれができてからでも十分受験に間に合いました。またゴロを使うことで、積極的にゴロを活用することをお勧めします。

【オススメ参考書】
国語:

センター試験の過去問

システム現代文

マドンナ古文

↓こちらも参考に
【東大生が書いた】マドンナ古文 パワーアップ版の使い方・勉強法・評価・レベル

英語:

センター試験の過去問

ターゲット1900

この参考書については以下の記事を参考することをお勧めします↓
【東大生が書いた】ターゲット1900の使い方・勉強法【決定版】

センター試験英語読解の点数が面白いほどとれる本

センター試験文法・語句整序の点数が面白いほどとれる本

やっておきたい英語長文

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】やっておきたい英語長文シリーズ 300/500/700/1000の使い方・勉強法・評価・レベル

大学受験のための英文熟考

日本史:

日本史B講義の実況中継

金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本

東進ハイスクール日本史B一問一答

【後輩にアドバイス】

赤本などで過去問を何年度分も解いて志望校の出題形式に慣れておく事が重要だと思います。

まずは自分の志望大学かつ志望学部では、大門数は何題なのかを把握し、それぞれの大問を解く時間と見直しの時間配分を決めて、最適な時間配分が見つかるまで繰り返し何度も何度も過去問を解きましょう。

そうすることで、過去問を解くうえで、頻出事項を自然と勉強する形になりますし、受験本番でも時間配分に失敗することなくいつも通り解けます。

関連記事