最終更新日:

明治大学合格者オススメの【英文解釈】参考書ランキング

この記事では明治大学合格者がおすすめする英文解釈の参考書をランキング形式でまとめたものです。

各参考書の簡単な説明の他に、それらを使用した明治大学合格者のコメントも掲載しておりますので

「明治大学に受かるためには英文解釈はどの参考書を使えばいいの?」

というそこのあなた!

ぜひ参考書選びの参考にしてください♪

明治参考書ランキング 第5位 基礎英文解釈の技術100




第5位には「基礎英文解釈の技術100」がランクインしました。

この参考書は「英文解釈の技術シリーズ」で一番明治大学のレベルに適した参考書です。

もしこの参考書の内容を読んでもなかなか理解できなければ、一つレベルを低くした「入門英文解釈の技術70」に取り組むといいでしょう。

「入門英文解釈の技術70」は中学レベルの英語が理解できていればしっかりと扱える参考書です。

この参考書のレベルとしては以下のようになります。

前提となるレベル:入門70レベルの英文解釈力、英語の偏差値50以上、大学入試レベルの基礎英単語および英文法

対象となる人:偏差値50~60の人、センターで8割以上を目指す人・関関同立・GMARCHを受験する人

マスター後の到達レベル:センターで8割以上・関関同立・GMARCHのほぼ全学部にて解釈できない英文がなくなる。
【東大生が書いた】英文解釈の技術シリーズ入門70・基礎100・無印100の使い方・勉強法・評価・レベル

使い方や勉強法などはこちらを参考にしてください↓
【東大生が書いた】英文解釈の技術シリーズ入門70・基礎100・無印100の使い方・勉強法・評価・レベル

ちなみにこのシリーズの最上位として「英文解釈の技術100」(”基礎”がつかない)ものがありますが、これは明治大学を受験する方には必要ないので取り組まなくて大丈夫ですよ。

明治参考書ランキング 第4位 解体英語構文

第4位には「解体英語構文」がランクインしました。

この参考書は明治大学だけでなくGMARCHといった中堅私大を受ける人にはレベルの適した参考書です。

というのもこの参考書に収録されている構文はセンターと中堅私大で頻出の構文であり、実際に出題された問題も練習問題として収録されています。

「英文解釈の技術」やこれから紹介する「ビジュアル英文解釈」・「英文読解の基本はここだ!」・「ポレポレ」といった参考書は「構文の理解とそれによって英文を読む際に、左から右へと順番に読んで内容をつかめるようになること」に重点を置いた参考書です。

一方、「解体英語構文」は「構文の理解と問題演習」に重点を置いた参考書ですので、英文をスラスラ読めるようになるためには上記に挙げた参考書と併用する必要があります。



明治参考書ランキング 第3位 ビジュアル英文解釈

第3位にはビジュアル英文解釈がランクインしました。

こちらの参考書は先ほど紹介した「基礎英文解釈の技術100」よりややレベルの高い参考書となっており、明治大学の受験生は必ずしもマスターする必要はありません。

ですがこの参考書をマスターできれば、明治大学だけでなく早慶上智の英語でも合格点がとれるようになるので、それらの大学も受験される方にはお勧めの参考書です。

この参考書のレベルとしては以下のようになります。

Part1

前提となるレベル:中学レベルの英文法・英単語を理解し覚えている(高校受験時の英語の偏差値50が目安となります)

対象となる人:英文解釈の基礎を学びたい入門者。単語と文法が分かっていても長文が苦手な人。センター受験者、関関同立・GMARCH・地方国公立大学を目指す人。

到達後のレベル:英文をスムーズにかつ正確に意味をつかみ柄読むことができるようになり和訳や長文に強くなる。センター8割、関関同立・GMARCH・地方国公立大学への合格学力が獲得できる。

Part2

前提となるレベル:Part1レベル 英語の偏差値が60以上

対象となる人:単語と文法が分かっていても長文が苦手な人。東大・京大・東工大・一橋大・早慶上智・医学部を目指す人。

到達後のレベル:英文をスムーズにかつ正確に意味をつかみ柄読むことができるようになり和訳や長文に強くなる。東大・京大・東工大・一橋大・早慶上智・医学部への合格学力が獲得できる。
【東大生が書いた】ビジュアル英文解釈の使い方・勉強法・評価・レベル

使い方や勉強法など詳しいことはこちらを参考にしてください↓
【東大生が書いた】ビジュアル英文解釈の使い方・勉強法・評価・レベル

明治参考書ランキング 第2位 英文読解入門基本はここだ!

第2位に「英文読解入門基本はここだ!」がランクインしました。

この参考書は後で第1位として紹介する「ポレポレ」の入門書と位置付けられる参考書です。

レベルとしては第5位で紹介した「基礎 英文解釈の技術100」の入門書「入門 英文解釈の技術70」と同じレベルです。

中学英語が理解できていれば十分扱うことができます。

この参考書では英文を読む際に単語を左から右へ順に読んで(戻し読みをせずに)英文の内容を理解できる力(=直読直解)を身に着けることを目的とした参考書です。

これをマスターすれば格段に英文を読むスピードを上げることができ長文もスラスラ読めるようになります。

明治参考書ランキング 第1位 ポレポレ英文読解プロセス50

第1位には「ポレポレ」がランクインしました。

この参考書は英文解釈の参考書として、東大・京大をはじめとする難関大合格者から絶賛の参考書です。

先ほど紹介した「英文読解の基本はここだ!」の発展版であり、この参考書をマスターすれば難関大学の英文をスラスラよめるようになりますし、難しい英文和訳問題も難なく解けるようになります。

ぜひ明治大学受験生にはマスターしてほしい一冊です。

ただし参考書の中で出てくる単語や文法のレベルが高いのでご注意を。

ポレポレのレベルとしては以下のようになります。

前提となるレベル:基本の英単語・文法をしっかりと覚えれている人(センター試験で7割以上取れている人)、英文解釈の基礎ができている人

対象:東大・京大といった最難関国公立大学受験者、旧帝大受験者、早慶受験者、英単語や文法を覚えたのに、なかなか英語の点数が上がらないという人
*関関同立やGMARCH、上智を受験する人で英語でがっつり点を稼ぎたいという人にもおすすめです。

マスター後の到達レベル:語数が多い英文など複雑な英文の意味でも正確に理解することができるようになる。またわからない単語が文中にあっても文構造からその意味を理解できる。
【東大生が書いた】ポレポレ英文読解プロセス50の使い方・勉強法・評価・レベル

使い方や勉強法など詳しいことはこちらを参考にしてください↓
【東大生が書いた】ポレポレ英文読解プロセス50の使い方・勉強法・評価・レベル

話題のスタディサプリを2週間の無料体験してみよう!

CMでも話題の「スタディサプリ」では受験業界で有名なプロ講師の授業を格安で受講ができる!

このページからも続々と体験者申込者が出てきており、受験生からの人気が伺えます♪

スタディサプリをもっと詳しく知りたい人は↓こちらから
【塾の50分の1の授業料】東大・京大・早慶合格者によるスタディサプリの評判・口コミなど

関連記事