総合数理学部

No.2明治大学総合数理学部合格体験記2016

【大学】明治大学
【学部】総合数理学部
【現浪】浪人
【合否】合格
【勉強時間】8h
【受験勉強開始時期】高3の秋
【予備校/塾】駿台

【科目別勉強法】




国語:
ほかの科目の勉強に時間をかけていて過去問を解く以外はほとんど何もしていない。

英語:
英語は基礎がとにかく大事です。

基礎というのは中学レベルの単語や文法(特にSVOCと自制が重要)のことです。この二つが本当にしっかり押さえられていたら高校英語はそう難しくありません。

英語は音読をしたら結構英文が読めるようになりました。

数学:
数学は定番問題があるのでその問題の解き方を理解してしっかり押さえることが大事です。

これができれば応用問題も、定番問題の解き方を組み合わせて解けることができます。

【オススメ参考書】
国語:
なし

数学:
予備校の教材

英語:
データベース4500・5500

キムタツ式音読のセンターレベルと難関レベル

vintage

【後輩にアドバイス】
指定校推薦を狙っている人も油断せずに勉強しておきましょう。

自分は指定校推薦を狙っていてほとんど勉強していなかったのですが、秋に指定校推薦がとれないことが分かり急きょ勉強を始めた結果、受験に失敗し浪人することになりました。

No.1明治大学総合数理学部合格体験記2017

【大学】明治大学
【学部】総合数理
【現浪】現役
【合否】合格
【予備校/塾】東進
【勉強時間】平日5h
                      休日10h

【受験勉強開始時期】
しっかりと打ち込んだのは部活引退後(高3の4月)

【偏差値の推移】
センター試験
高3 6月 58
       8月 57
     10月  59
     12月  58
      本番 59

【併願先とその合否】
上智大学理工学部:補欠合格
立教大学理学部:合格
法政大学理工学部:合格

【選択科目を選んだ理由】
計算よりイメージを使って解けるので物理を選択しました(ちなみに数学は大の苦手)

【出身高校の位置する都道府県】千葉

【勉強法】




英語:ネイティブ音声付きのテキストをひたすら音読。また、単語帳は1つのものを完璧にすることを目標にしていました。

数学:僕は数学が大の苦手だったので何とも言えませんが、苦手なりに解法を覚えるまで同じ問題を繰り返し演習してました。

物理:同じ問題集を3周しました。また、公式の導入を白紙一枚に復元出来るように練習していました。

【オススメ参考書】
英語:
ハイパートレーニング

鉄壁

数学:理系数学入試の核心(標準)

物理:やまぐち健一のわくわく物理探検隊

【後輩にアドバイス】
どの科目も基礎を固めるとある程度の大学へは通用すると思います。また、英語を得意科目にすると心強いです。
複数の単語帳や問題集をかじってやっていくことはとても悪いことだと実感しました。

No.1明治大学総合数理学部合格体験記2016

【大学】明治大学
【学部】総合数理学部ネットワークデザイン学科
【現浪】現役
【合否】合格
【勉強時間】7h
【受験勉強開始時期】高3の9月中旬くらい
【予備校/塾】なし

【科目別勉強法】




英語:
単語は単語王を完ぺきにした。どの単語帳でもとにかく1冊を完ぺきにすることが大事。

文法も単語と同じ。とにかく1冊を完ぺきにする。

あまり分厚いものはやる気をそぐし、復習に時間がかかるのでなるべく薄いものを進める。自分は学校で配布された市販されていないものを使った。

長文は単語を覚えてないと単語が原因で読めないので文法や構文を駆使した問題演習にならず、単語以外に自分の課題を見つけることができない。

長文の問題演習をするときは単語の8割以上が理解できるものをやる。

数学:
基礎問題精講を徹底的にやりこんだ。

やり方としては、問題に取り組んでわかる問題は解いて、わからなかったものはすぐ飛ばして答えを見る、それで取り組んだ問題は答えをしっかり理解して3日後くらいに解き直す。

数学は基本的な解き方を身につけるために、何度も何度も問題を反復することが大事。

【オススメ参考書】

英語:
単語王

この参考書については以下の記事を参考することをお勧めします↓
【東大生が書いた】単語王2202の使い方・勉強法【決定版】

学校で配られた薄い参考書

やっておきたい英語長文全部

数学:
基礎問題精講

【後輩にアドバイス】
とにかく参考書1冊を完ぺきにすることが大事。
試験では確実に取るべき問題を確実に取れるようにする。
受験直前の冬は特に健康に気を遣う。
模試の結果や判定は気にしない。
志望校に合格するために何をすべきか考える。