理工学部

No.2明治大学理工学部合格体験記2017

【大学】明治大学
【学部】理工学部
【現浪】現役
【合否】合格
【予備校/塾】自宅
【勉強時間】5時間くらい
【受験勉強開始時期】高2冬頃
【偏差値の推移】
覚えてないが、高校の偏差値は50くらい

【併願先とその合否】
合格→日本大学理工学部、神奈川大学工学部
不合格→東京理科大学工学部

【選択科目を選んだ理由(例:計算が得意なので化学でなく物理を選択した)】
機械系に進むと決めていたので、化学より物理の方が後々必要となってくるため

【出身高校の位置する都道府県】
神奈川県

【勉強法】




英語→単語や文法をやってから長文
明治自体本命ではなかったため、赤本はセンターの後に解いた。英語は苦手なためかなり赤本を復習したのがかなり効果的だったと思う。

数学
とにかく基礎を固めた。基礎を疎かにしてて応用など絶対にできないので、基礎をとにかくやった。

物理→公式が分からないとなんもできないので公式を覚えてそれを使えるようにする。

【オススメ参考書】
英語→
単語→システム英単語

システム英単語の使い方は↓を参考に!
【東大生が書いた】システム英単語の使い方・勉強法【決定版】

熟語→英熟語formula1000

文法→ここが入試に出る!英文法語法400

長文→センター過去問など

数学
基礎→学校の教科書

応用→標準問題精巧

物理
基礎→物理のエッセンス

応用→良問の風

【後輩にアドバイス】
難しい問題に手を出す前に基礎を固めておきましょう。浪人してる多くの人が基礎を疎かにしているように感じます。こんなの簡単すぎるって思ってても見落としがちな所もあると思うのでしっかりと基礎をやりましょう。

これは私のやっておけば良かったと思うことなのですが、模試を受けたら復習とか全くしてなかったんですが、今思うと模試をしっかり復習してる人の方が頭が良くなって行ったなぁ。と感じます。なので模試は沢山受けてしっかり復習することを勧めます。

最後に私は勉強のモチベーションを保つために「次の模試でこいつには絶対勝ってやる!」というふうに勝手に色んな人をライバル視して頑張ってました。1人で勉強するのは辛いと思いますが、周りの友達もやってると思えば辛くない。みんなで合格するって気持ちを持ってやってみてください。

No.1明治大学理工学部合格体験記2017

【大学】明治大学
【学部】理工学部
【現浪】一浪
【合否】合格
【予備校/塾】駿台
【勉強時間】
【受験勉強開始時期】高3の秋頃

【偏差値の推移】55から65あたりをうろうろ

【併願先とその合否】
京都大学工学部 不合格

【選択科目を選んだ理由】
興味があるから物理選択

【出身高校の位置する都道府県】関西の方

【勉強法】




重要だったり応用の利きそうな問題をノートにまとめていって、暇があれば見て目に焼き付ける←数学

単語帳にない単語やイディオム、英作文での表現などをノートの1ページを半分に区切ってクイズ形式にできるようにまとめていき、暇があればみて何度も繰り返す←英語

間違えるポイントをノートに書いて暇があればみて何度も繰り返す←全部

構造式や反応式などおぼろげな奴は片っ端からノートに書いて(勿論、当たり前のやつなんかは書かん)暇があれば……。←化学

駿台のテキストをくそほど繰り返しやる←物理

駿台の岡田先生の話を聞けばわかる←地理

【オススメ参考書】

【後輩にアドバイス】
以上のように二次対策(地理を除く)をやればセンター利用に受かるくらいの点数をセンター試験でとることはできました。

私は第一志望に受かることはできませんでしたが、自分の中で高校範囲の勉強はやり終えることができたので一区切りはつけました。結果がどうなるかは誰にも分かりません。しかし、時にはつまずくこともあるかもしれませんが、懸命にやることで自分の中で一区切りつくことはできます。ですからこれから受験をされる方々には、毎日自分を省みて、これでいいのか、などと自分に問いかけ、一つの目標に向かって頭を働かせ続け懸命にやれと、これが私の助言です。

No.1明治大学理工学部合格体験記2016

【大学】明治大学
【学部】理工学部 物理学科
【現浪】浪人
【合否】合格
【勉強時間】7h
【受験勉強開始時期】高3秋
【予備校/塾】駿台

【科目別勉強法】




数学:
まずは青チャートの例題を理解する→4STEPでオーソドックスな問題を完璧にするまで問題演習する→青チャートの練習問題を完璧にする→プラチカで定番問題を完璧にする→過去問

この流れで勉強しました。

英語:
受験では長文が大事なので、長文になれるために1日1本は長文を読むようにしましょう。

明治大学の長文は分量自体は多いですが、内容自体は平易なものなので、簡単な長文をたくさん解いて速読力を身に着けるといいです。

物理:
明治で出題される応用問題なども基本事項を複数使って解けるものなので、物理のエッセンス基本事項をしっかりと覚えたら良風の風→重要問題集→名門の森をやれば確実に物理が得点源になります。

【オススメ参考書】

数学:
青チャート

4STEP

理系数学プラチカ

センター過去問

英語:
ターゲット1900

この参考書については以下の記事を参考することをお勧めします↓
【東大生が書いた】ターゲット1900の使い方・勉強法【決定版】

ネクステ

【東大生が書いた】Next Stage(ネクステージ)英文法・語法問題の使い方・勉強法【英語】

やっておきたい英語長文

基礎英文解釈の技術100

センター過去問

物理:
重要問題集

良問の風

名門の森

エッセンス

センター過去問

【後輩にアドバイス】

明治の情報の試験難易度は基本的にセンターと変わらないと思います。ですので明治の情報志望の方は、過去問をやりつぶした後で時間に余裕があればセンターの過去問で問題演習をするのもありだと思います。