現代文対策・勉強法1:受験期間は無限ではない(明治大学 法学部合格者)

大学によって出題傾向が違うので、自分が受ける大学の過去問(できれば全部)の赤本で過去問を解いて、出題傾向を知った上で勉強しましょう。

受験勉強の期間は無限ではないので、全然出題されない分野の勉強よりも、頻出分野の勉強をするべきです。

現代文対策・勉強法2:明治の国語はセンターと同レベル(明治大学 情報コミュニケーション学部合格者)

明治大学の国語のレベルはセンター試験とほとんど変わらないので、国立を受ける人やセンター利用をする人はセンター対策で十分だと思います。

現代文対策・勉強法3:要約で読解力と記述力を強化(明治大学 文学部合格者)

現代文の対策・勉強法は、システム現代文で読解方法を確立した後にセンターの過去問や明治の過去問を解いて読解力を磨きました。

また読み終わった評論は毎回要約することで読解力と記述力を強化させました。




現代文対策・勉強法4:読書の習慣化(明治大学 文学部合格者)

現代文は日頃から、読書を習慣にしておくと語彙力や読解力といった国語力がつくので受験まで時間に余裕がある人は読書することをお勧めします。

読書以外の対策・勉強法としては、「解法の新技術」というものがおすすめで、これによって解答の根拠を探す力がつきます。

現代文対策・勉強法5:出口の問題集(明治大学 文学部合格者)

現代文はとにかく出口の問題集を解きました。

あとはセンターの過去問をやっておけばいいと思います。

現代文対策・勉強法6:論述問題を解く(明治大学 法学部合格者)

国語は得意という自信があったため、論述問題などをたくさん解き、記号式で問われても論述問題同様の読解を行い確実に正解できる力を身に着けました。

現代文対策・勉強法7:出題傾向を知る(明治大学 法学部合格者)

大学によって出題傾向が違うので、自分が受ける大学の過去問(できれば全部)の赤本で過去問を解いて、出題傾向を知った上で勉強しましょう。

受験勉強の期間は無限ではないので、全然出題されない分野の勉強よりも、頻出分野の勉強をするべきです。




現代文対策・勉強法8:漢字と過去問(明治大学 法学部合格者)

現代文は漢字とセンターと明治の過去問くらいしかやりませんでした。

現代文対策・勉強法9:毎日評論を読む(明治大学 政治経済学部合格者)

現代文は2題出題されるので、毎日評論の問題に触れていろいろなテーマの概要を抑えた。

また試験時間が古文と合わせて60分と短いため、速読の練習もした。

現代文対策・勉強法10:論理的読解(明治大学 経営学部合格者)

現代文はセンター試験同様に論理的に読解できる力を身に着けるようにしました。

現代文対策・勉強法11:評論の用語を知る(明治大学 経営学部合格者)

現代文は毎日評論の読解をやりました。

また評論の用語を「ことばはちからダ!現代文キーワード―入試現代文最重要キーワード20」で理解したのもかなり効果的でした。

「一般」と「普遍」の違いや、評論でよく出るテーマの主流な考えなどがコラムで掲載されていて読み物としても非常に面白かったです。

現代文対策・勉強法12:センターの過去問を解く(明治大学 情報コミュニケーション学部合格者)

現代文はセンターの過去問を解く以外に特に何もしませんでした。

現代文対策・勉強法13:単語帳1冊をしっかりと理解(明治大学 国際日本学部合格者)

現代文は、以外と思われるかもしれませんが単語が重要です。

どの単語帳でもいいので一冊を単語をしっかりと理解しておきましょう。

自分は現代文キーワード読解―頻出テーマ×必修語160×入試問題を使いました。




現代文対策・勉強法14:新聞を毎日読む(明治大学 商学部合格者)

新聞を毎日読んでました。

これでたぶん漢字や語彙力、読解力は身についたと思います。

現代文対策・勉強法15:解き終わったら内容を再把握(明治大学 商学部合格者)

現代文はとにかく評論が大事なのでたくさんの文章に触れる。

設問が時終わったあとしっかりと内容が把握出来てるのか確認する。

現代文対策・勉強法16:漢字・単語を覚える(明治大学 国際日本学部合格者)

基本的に過去問を解いて実践練習をひたすらやりこみました。

また漢字・古文単語に関しては英単語や世界史の用語と同様に覚えれば覚えるほど点が取れるので毎日やりました。




現代文対策・勉強法18:二項対立を意識して読む(明治大学 文学部合格者)

学校の授業中心。

しかし、つまり、などの単語に注意して、話の流れ(どこが例示でどこが意見か)をつかむ。

何と何が比べられているのかという二項対立(例えば日本と西洋、過去と現在)を意識して読む。