最終更新日:

明治大学合格者の勉強・対策法集【文系数学】

この記事では、明治大学文系数学

「どうやって勉強したらいい?」

「使った参考書は?」

「その順番は?」

「勉強のコツは?」

といった明治大学の受験生の皆さんが知りたいことに対して、明治大学合格者文系数学の勉強法を複数紹介する形で応えておりますので、ぜひ最後までご覧ください。

文系数学対策・勉強法1:文系数学は青チャートで十分(明治大学 経営学部合格者)

青チャートを完璧にして、基本問題を落とさないようにしましょう。

文系数学の基礎はこれだけで十分だと思います。

あとは過去問をやりましょう。

↓こちらも参考に
【東大生が書いた】数学チャート式シリーズの使い方・勉強法・評価・レベル【白・黄・青・赤】

文系数学対策・勉強法2:青チャートを完ぺきにする(明治大学 経営学部合格者)

青チャートととにかく完ぺきというまでやりこんだ。

ページ数も問題数も多くてかなり時間はかかるがこの1冊を仕上げれば確実に得点を稼げる。




文系数学対策・勉強法3:数学が苦手な人は中学生からやり直すとよい(明治大学 情報コミュニケーション学部合格者)

自分は数学がすごい苦手で、赤点をとるくらい全然できなかったのですが、「中学生からやり直す数学」という本を高校2年生の時に読むと、中学生のときは難しく感じた内容がすらすらと理解でき、その結果高校の数学も理解できるようになりました。

ですので、数学が苦手で全然できないよという人は、中学内容の数学ができてないことに原因があると思うので、まずは「中学生からやり直す数学」を読んでみるといいと思います。

1週間ほどで読めるので、すぐに効果を期待できますよ。

文系数学対策・勉強法4:とにかく沢山の種類の問題を解く(明治大学 商学部合格者)

オーソドックスな問題は問題を見たらすぐに解放が思い浮かぶレベルになるまでやりこむ。

どのようにしてこれを実現するかというと、とにかくたくさんの種類の問題を解いて解法を身に着けるしかないと思います。

文系数学対策・勉強法5:青チャートの基本的な公式と解法を覚える(明治大学 商学部合格者)

まずは青チャートで基本的な公式と解法を覚える。

そのあとは過去問や問題演習を多くやる。

数学は暗記でもあるが、なぜそのような解法になるのかということを考えて勉強すると、自然と解法が覚えられる。




文系数学対策・勉強法6:とにかくやるしかない(明治大学 政治経済学部合格者)

とにかくやるしかない。

赤本を解いて傾向を見る必要はあるが、そこばかりではなく広い分野をやること。

基礎が大事だから、まずは定番問題を解けるようにし、教科書の章末問題などは8割は解けるようにする。

あとは、自分に合ったタイプの問題集なりを買えばよい。

チャートは時間がある人はできるだけ解いて、時間がない人は難易度や苦手分野などで絞ってとくべし。

解法の参考書代わりになるから、時間がない人でもマーカーペンを持ってチェックしながら読むだけでも、やったほうがいいと思う。

それと、すぐ答えを見るのは控えたほうがいいと思う。

2時間でも3時間でも悩んで、スマートな回答ができなくてもがむしゃらに解いて答えを出すことに意味がある。

すぐ答えをみては力にならないしできたつもりになる。問題を解く忍耐力がつかない。

(すぐ答えをみて解法のバリエーションを知るべき時期もあるので、先生に聞くべき)

あまりにも時間がないなら、

問題を見る→方針を立てる→答えをみて自分の方針があっているか確認する

でも最悪いいが、計算力が身につくか心配だし、何より自分の計算ミスや、ミスの傾向に気付きにくいので注意

関連記事