最終更新日:

慶應義塾大学文学部の傾向と対策と参考書【英語】





【英語】 慶應義塾大学文学部の 傾向と対策と参考書

こんにちは!希望塾編集部です!

*希望塾とは東大理Ⅲを始めとする難関大学合格者によって構成された受験支援団体です

この記事では

「慶應義塾大学文学部の英語の傾向」

「慶應義塾大学文学部の英語の対策法」

「慶應義塾大学文学部に合格するために使う英語の参考書」

といった慶應義塾大学文学部の英語を受験する皆さんが知りたいことが書かれているので、ぜひ最後までお読みください♪




配点と試験時間と合格目安点

慶應義塾大学文学部の英語の配点と試験時間は以下のようになります。

【配点】150点

【試験時間】120分

また慶應義塾大学文学部の全受験科目を合わせた合格最低点は

2017年

350点中231点(得点率66%)

2016年
350点中233点(得点率67%)

2015年
350点中209点(得点率60%)

となっているため、単純に考えると、英語の合格目安点は約7割と言えます。



傾向

慶應義塾大学文学部の英語の傾向のポイント

・大問は超長文が1題という構成

・辞書の持ち込みが許可されているが辞書を引く時間の余裕は限定的

・私立大学では珍しく、問題のほとんどが記述式

大問は超長文が1題という構成

慶應義塾大学文学部の英語の大きな特徴は「大問が超長文1題だけ」ということです。

この超長文の語彙数は

2017年が2270語

2016年が1440語

2015年が1970語

というようになっています。

問題の内容は英訳や和訳、内容事項に関する問題が中心であるため、高度な読解力が必要となってきます。

この高度な読解力を身に着けるためには以下の2つの対策法がおすすめです。

1:英文1文1文を正確に読めるようになる英文解釈力を身に着ける

2:長文全体の論旨を正確に把握できる読解力を身に着ける

1に関しては後に紹介する王道ルートに加えて、「英文解釈の技術100」(基礎ではない方)の英文解釈の参考書を使えば文学部の英語も問題なく読めるようになります。

詳しくは下記の「参考書を使った対策ルート」をご参照ください。

2に関しては後に紹介する王道ルートに加えて、「パラグラフリーディング」の参考書を使うことをお勧めします。

パラグラフリーディングのスキルを身に着けて、確実に論旨を把握しながら長文を読めるようにしましょう。

詳しくは下記の「参考書を使った対策ルート」をご参照ください。

辞書の持ち込みが許可されているが辞書を引く時間の余裕は限定的

慶應義塾大学文学部の英語の特徴として次にあげるのが「辞書の持ち込みが許されている」ということです。

辞書が持ち込み可能であるならば、難しい語彙や難しいイディオムは全く覚えなくてもいいかというとそういうわけではありません。

なぜなら、辞書を引きすぎていると問題を解く時間が無くなってしまうからです。

慶應義塾大学の他学部を受験するのと同様レベルの語彙力は身に着けておく必要があります。

私立大学では珍しく、問題のほとんどが記述式

最後に挙げる特徴としては「問題のほとんどが記述式」であるということです。

具体的には「和訳」・「英作文」・「説明」といったように日本文・英文ともに記述が必要です。

慶應義塾大学文学部の入試では国語はありませんが、英語では和訳と英訳だけでなく、説明問題もあることから分かるように、高度な読解力及び説明力・記述力が必要となってきます。

これの対策としては現代文の記述の勉強が対策として有効です。

現代文の記述の勉強では「現代文と格闘する」という参考書がおすすめです。

詳しくは下記の「参考書を使った対策ルート」をご参照ください。



参考書を使った対策ルート

ここからは慶應義塾大学文学部の英語の傾向を踏まえたうえでの、参考書を使った対策ルートを紹介していきます。

慶應義塾大学文学部の英語の対策ルートとしては、王道ルートにいくつかの修正を加えたものとなります。

↓王道ルートはこちら↓
【王道】参考書を使った英語のおすすめ学習ルートと使い方

これを全部やればほぼ確実に、慶應義塾大学文学部の英語の合格レベルに到達できます。

王道ルートの修正点

1:超長文の論旨を正確に把握できるようにパラグラフリーディングの参考書を追加

2:高難度の英文を読めるようにするため「英文解釈の技術100」を追加


↓こちらも参考に!
【東大生おすすめ】英文解釈の技術シリーズ入門70・基礎100・無印100の使い方・勉強法・評価・レベル

3:説明力・記述力を鍛えるために「現代文と格闘する」を追加


↓こちらも参考に
【東大生おすすめ】現代文と格闘するの使い方・勉強法・評価・レベル

4:慶應に特化した参考書を追加

繰り返しとなりますが、これを全部やればほぼ確実に、慶應義塾大学文学部の英語の合格レベルに到達できます。

希望塾では慶應義塾大学文学部合格者の合格体験記を掲載しておりますので、ぜひこちらもご覧ください♪
No.1慶應義塾文学部合格体験記2017
No.2慶應義塾文学部合格体験記2017
No.3慶應義塾文学部合格体験記2017
No.4慶應義塾文学部合格体験記2017

関連記事