No.3慶應商学部合格体験記2017

慶應義塾大学商学部合格体験記

【学部】商学部
【現浪】現役
【合否】合格
【予備校/塾】臨海セミナー
【勉強時間】11時間
【受験勉強開始時期】
高3の秋
【偏差値の推移】
40~65
【併願先とその合否】
一橋大学(慶應うかって途中でやめた)
【選択科目を選んだ理由】
カタカナが苦手なので日本史
【出身高校の位置する都道府県】
神奈川県
【科目別勉強法】




日本史
防水タイプの赤本があるのでそれをお風呂の中で毎日眺めました。
日本史を暗記科目と捉えてしまうと非常に苦痛なので、ストーリーとして毎日読み物のように頭に入れるようにしました。日本史のキモは百人一首だと思います

英語
参考書を構えて勉強するというよりかは、普段から英字新聞を読みながら、わからない単語があれば単語を調べていくスタイルが日常でした。

英字新聞を読むことで自然と語彙力や速読力、読解力が磨かれるので英語の学習に余裕がある人はぜひ真似してみてください。

受験までまだ時間がある1、2年生の方で英字新聞を読みたい人は、まず単語と文法をしっかりと抑えましょう。それができれば、英字新聞を時間はかかっても読めるようになります。最初は読むのに時間がかかっても毎日読んでいるうちに日本語と同等のスピードで読めるようになります。

語彙数は増やしておいて損はないので、単語帳を複数使うのはありだと思います。

数学
苦手でした。

【オススメ参考書】
吉海直人『お風呂でおぼえる百人一首』




【後輩にアドバイス】
本格的に勉強を始めたのは部活が終わったあとですが、春頃から隙間時間を使って新聞を読んだり、単語を勉強したりする癖をつけるよう努力しました。ですので部活を夏までしている受験生の方はうまく隙間時間を活用することをお勧めします。

諦めない心が己を変える!超変革!One heart Marines!

SNSでもご購読できます。

関連記事