最終更新日:

No.2慶應商学部合格体験記2017

【学部】商学部

【現浪】現役

【合否】合格

【予備校/塾】駿台予備校

【勉強時間】5時間/日

【受験勉強時期】高2冬

【偏差値の推移】65→72

【併願先とその合否】
中央(法)、明治(法)、立教(社会)すべてセンター利用→合格
早稲田(法)、上智(総合人間科学)→不合格
一橋(社会)→不合格

【選択科目を選んだ理由】
国立の数学の練習問題として数学を選択した。私立の論文対策の時間が取れなかった。

【出身高校の位置する都道府県】
千葉

【科目別勉強法】




<英語>
簡単な問題集から始めて、単語量の多い問題集、過去問の順で進める。

評判のいい参考書や問題集を使っても、それが自分のレベルにあっていなければ最大限にそれらの良さを引き出せないし、挫折すると思う。

だからまずは簡単な問題集から初めてたくさん正解して自分に自信をつけていきながら少しずつ問題のレベルを上げる方法がおすすめ。

単語を覚える際は同じ単語でも意味を幅広く覚える。1つの意味でしか覚えていないと他の意味で使われている際に、日本語訳や読解ができない恐れが高い。

<社会>
センターレベルに加えて、他大学や他学部の過去問を丁寧に解く。

これも英語同様に基礎レベルに該当するセンターレベルをしっかりと押さえてから過去問に取り組むべき。

勉強の際はたくさん時間をかけて勉強するというよりは、つねに「なぜこうなるの?」と歴史の流れを意識する。つまり量より深さを意識して取り組む。

<数学>
参考書はプラチカを使うといい。これは解説が非常に書かれているため、問題を解くと解法のコツがつかめる。

試験前は過去問を最低3年分解くことで試験に慣れておこう。そこまで問題は難しくないので時間配分を重視してやってほしい。

また経済学部の試験問題も商学部と同じレベルであるため、これを解くのも良い。

【オススメ参考書】
持っている参考書を徹底して理解する。
数学:
プラチカ

経済学部の過去問

【後輩にアドバイス】
合格・不合格は縁と運だと思います。模試の結果や当日の出来不出来に一喜一憂せずに最後まで頑張ってください。

SNSでもご購読できます。

関連記事