最終更新日:

No.9慶應義塾大学商学部合格体験記2016

【大学】慶應義塾大学

【学部】商学部

【現浪】現役

【合否】合格

【予備校/塾】 河合塾

【勉強時間】8h

【受験勉強開始時期】高1

【科目別勉強法】

英語

単語:単語王とデータベースの2つの単語帳を使い、通学時間や空き時間を利用して何回転もした。

正確には数えてないけど10回転は余裕でしたはず。

だんだん覚えてきたら、単語帳を見たときにすぐ分からなかった単語や出来なかった単語にはチェックを入れ、そこを重点的に繰り返し覚えた、またもうこれは絶対に覚えて忘れないと自信があるやつもチェックしてそこは飛ばすようにした。

英作文:河合の先生に添削をしてもらうことで、この場合はこういう言い回しが良いなど英作文のポイントをたくさん教えてもらった。

長文:毎日必ず読んだ。夏休み以降の英語の勉強時間はほとんどこれに費やしていました。受験で一番配点が大きいので、毎日長文に触れて長文に慣れて長文を得意にした。




数学

青チャートを一通り解けるようになったら文系と理系の両方のプラチカを繰り返し解いた。

理系プラチカのほうが文系プラチカよりも基礎的な内容なので、まずは理系プラチカから取り組んだ。

正直文系プラチカはやらなくても商学部は受かるかなとも思います。

日本史

高校の授業でのプリントを中心に暗記していった。あとは問題演習で知識を定着させたり、用語集と東進と山川の一問一答を通学時間や空き時間で暗記した。

【オススメ参考書】
英語
単語王

この参考書については以下の記事を参考することをお勧めします↓
【東大生が書いた】単語王2202の使い方・勉強法【決定版】

データベースシリーズ

↓こちらも参考に
【東大生が書いた】データベース1700/3000/4500/5500の使い方・勉強法・評価・レベル

UPGRADE

数学
青チャート

↓こちらも参考に
【東大生が書いた】数学チャート式シリーズの使い方・勉強法・評価・レベル【白・黄・青・赤】

理系数学の良問のプラチカ

文系数学の良問のプラチカ

大学への数学

日本史
東進の日本史一問一答

↓こちらも参考に
【プロ講師が書いた】東進日本史一問一答の使い方・勉強法・評価・レベル【完全版】

実力をつける日本史100題

【後輩にアドバイス】
この大学に行きたいという気持ちを忘れないようにしてください。
私は受験勉強の中で何回も自分のできなさに挫折しそうになりましたが、何とかずっと行きたかった憧れの慶應義塾大学に合格することができました。
私が挫折を乗り越えられたのはひとえに慶應義塾大学に行きたいという気持ちのおかげでした。
何が何でもこの大学に行きたいんだという気持ちを大切にしてください。

SNSでもご購読できます。

関連記事