No.8慶應義塾大学商学部合格体験記2016

【大学】慶應義塾大学
【学部】商学部
【現浪】1浪
【合否】合格
【予備校/塾】 浪人の時は河合、現役の時は東進ハイスクール
【勉強時間】8h
【受験勉強開始時期】高校3年夏休み

【科目別勉強法】




英語

単語:基本的にどの参考書も扱ってる単語は同じだと思うので、下手に何冊もやるのではなくではなく、システム英単語とデータベースだけを徹底的に完璧といえるまで覚えた。

文法:基本的に単語の勉強法と同じ。ただ文法は参考書は解説を読むのが時間かかるため、初めの数周は結構日数がかかる。4,5周目からは4日程度で、1周が終わり、徹底的にやりこんでいった。

数学

数学は、黄チャートを何周も解いた。

早慶の数学は、結構出る問題が決まっており、標準的な問題が多いので、パターンを覚えれば解ける。

試験では限られた時間内で標準問題をペース良く解かないといけないので、黄チャートを完ぺきにした後は青チャートの例題を暗記した。

基本的にこれだけでも大丈夫だと思うが、自分は浪人して時間があったので大学への数学にも取り組んだ。

ここまでやると数学で高得点を取ることがそう難しくないので、時間がある人はお勧め。時間がない人は基本問題を最低限完璧にしよう。

【オススメ参考書】

英語は、システム英単語、

システム英単語の使い方は↓を参考に!
【東大生が書いた】システム英単語の使い方・勉強法【決定版】

データベースシリーズ

英語問題精構

ロイヤル英文法

フォレスト

この参考書の使い方は↓をぜひ参考に!!
【東大生が書いた】Forest・フォレスタの使い方・勉強法【決定版】

数学は、1対1対応の演習シリーズ

黄チャート




青チャート

日本史は、日本史石川の実況中継シリーズ

詳説 日本史ノート

【後輩にアドバイス】

浪人生は基本的に勉強漬けになると思うから息抜きをしっかり挟もう。

息抜きせずに根気詰めてやりすぎると、自分は夏休みにモチベーションが切れてしまい、再びモチベーションをあげるのが大変だった。

普段からちょこちょこ息抜きをしておくべきだった。

SNSでもご購読できます。

関連記事