最終更新日:

No.2慶應義塾大学商学部合格体験記2016

【大学】慶應義塾大学

【学部】商

【現浪】現役

【合否】合格

【併願】慶應法 ×
    慶應経済 ×
    慶應 文 ○
    青山経済 〇
    中央商 〇
【予備校/塾】 東進

【模試成績】高3になってからはB判定キープしてた

【勉強時間】学校ある日は3時間、ない日は8時間

【受験勉強開始時期】高1の夏休みあたりから慶応を意識した

【科目別勉強法】




英語:

単語は速読英単語を上級編までやりこんだ。

文法はフォレスタをやりこんだ。文法の問題演習は過去問くらいでしかやってない。下手に手広く広げるよりもフォレスタを完璧に仕上げたほうがいい。

フォレスタの勉強法を紹介しときます。

フォレストに限りませんが、分厚い参考書は全部終わらせてから2週目に入ろうとしてもほとんど忘れてしまうので意味がありません 。

5単元くらいを目安に2周してから次の5単元に進むやり方がいいと思います。

あとはマーカーをベタベタに引くのではなく、問題演習で分からなかったところに付箋を貼っておく。

同じ所が分からなかったら付箋に正の字を書いていくと自分がどこが弱点か分かりやすい。

長文はやっておきたいシリーズ全部とプラチカをやった。当然毎日解いて、毎日音読もした。

英文解釈はポレポレを繰り返しやってた。

早慶以上受けるならやっておいて損はないと思うよ 文構造瞬時に掴めないと話にならないから。

慶應受けるんなら慶大への英語塾とかいう参考書はオススメ 。

日本史:

塾のテキストを中心にやったからあまり参考にならないかも。

日本史の勉強は英語の勉強と似ていて、とにかく暗記と理解が大事。

だからフォレスタのように塾の日本史のテキストをやりこみまくった。

受験直前期に入り東進の一問一答の問題集を二日に一周ペースで読んでた。

小論文:

ひたすら慶應商学部の小論文を解いて問題に慣れる。

一見難しく見えるかもしれないけど実際解いてみたら大した問題出てない。

あれは数学というより知能テスト、算数さえできれば解ける。

【オススメ参考書】

英語:
速読英単語シリーズ

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】速読英単語入門・必修・上級編の使い方・勉強法・評価・レベル

やっておきたいシリーズ

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】やっておきたい英語長文シリーズ 300/500/700/1000の使い方・勉強法・評価・レベル

フォレスタ

この参考書の使い方は↓をぜひ参考に!!
【東大生が書いた】Forest・フォレスタの使い方・勉強法【決定版】
プラチカ

慶大への英語塾

ポレポレ

こちらも参考に!
【東大生が書いた】ポレポレ英文読解プロセス50の使い方・勉強法・評価・レベル

日本史:
東進の1問1答

↓こちらも参考に
【プロ講師が書いた】東進日本史一問一答の使い方・勉強法・評価・レベル【完全版】

小論文:
なし

【後輩にアドバイス】

どの科目も下手に手広く参考書をやるのではなく、優良な参考書を徹底的にやりこむことが大事。

あとは当たり前のことだと思ってるだろうけど受験直前の体調管理も大事。

受験直前に体調壊すと、身体的に精神的にもつらい(体験談)

SNSでもご購読できます。

関連記事