最終更新日:

慶應看護医療学部合格体験記2016

【大学】慶應義塾大学

【学部】看護

【現浪】現役

【合否】合格

【併願】北里看護、上智看護

【予備校/塾】 駿台

【勉強時間】4h

【受験勉強開始時期】高2の秋

【勉強法】

【英語】
英語は英単語が一番大事で一番最初に勉強しなければなりません。

英単語の勉強では、接頭辞と接尾辞を学んでおくと、初見の単語でもフィーリングで単語の意味がわかる。加えて、単語の由来をしっておくことで記憶に残りやすくなります。

暗記科目は何回も「音読」と「書き写し」をやりました。参考書を音読しながら自分なりにノートに書き写して整理することで、参考書を黙読するよりも、記憶に残りやすくなる。




【数学】
慶應の看護は難しい問題というよりは基本問題が出ます。

ですので、基本問題をしっかりとおさえるために青チャートの例題と練習問題を完璧にしました。

結構時間はかかりますが、これと過去問の演習だけやっておけば高得点を狙えます。

【オススメ参考書】
『ネクステージ』

↓こちらも参考に!
【東大生が書いた】Next Stage(ネクステージ)英文法・語法問題の使い方・勉強法【英語】

『頻出英熟語1000』

『頻出英文法1100』

【後輩にアドバイス】
 運動部に所属していて、高3の春の引退まで続けました。部活を続けることは受験勉強の妨げにならないだろうかと何度も迷いましたが、部活を最後までやりきった自信が、受験にもつながり頑張れました。部活で共に頑張ってきた仲間たちとは励ましあうことができましたので、部活を最後まで続けて良かったです。迷っている方がいたら続けてほしいと思います。

SNSでもご購読できます。

関連記事