最終更新日:

慶應義塾大学合格者オススメの【英文法】参考書ランキング

この記事では慶應義塾大学合格者がおすすめする英文法の参考書をランキング形式でまとめたものです。

各参考書の簡単な説明の他に、それらを使用した慶應義塾大学合格者のコメントも掲載しておりますので

「慶應義塾大学に受かるためには英文法はどの参考書を使えばいいの?」

というそこのあなた!

ぜひ参考書選びの参考にしてください♪

慶應参考書ランキング 第4位 UPGRADE英文法・語法問題文法・語法・語い・熟語・会話・発音/アクセント




第4位には「UPGRADE英文法・語法問題文法・語法・語い・熟語・会話・発音/アクセント」がランクインしました。

「文法の解説」と「問題集」が一冊になった参考書です。

難易度的には後に第1位として紹介する「ネクステージ」と同じです。

ただこの参考書には「正解の選択肢以外の解説がついていない」ため、それがついている「ネクステージ」の方が有用性は高いでしょう。

この参考書を使った慶應合格者の意見としては以下のものがありました。

「発音やリスニング対策のための会話パートも付いているのでかなりおすすめです」

「ネクステより分量が少ないため、何周もしやすく勉強しやすかった」

「各問題にセンター・頻出・発展(早慶上智レベル)のマークがついているので、まずはセンターレベルだけ徹底的にやって、それができたら頻出に、そしてそれもできたら発展に取り組むという感じで私は使いました」

「早慶を狙うならこれだけだと物足りないと思うので、自分はアップグレードの後に英文法ファイナルを使いました」



慶應参考書ランキング 第3位 総合英語Forest

第3位には「総合英語Forest」がランクインしました。

こちらの参考書は「文法の理解」に重点を置いた参考書です。

ページ数は多いですが、文法の解説が非常にわかりやすいため多くの高校で「英文法の教科書」として採用されています。

高校英文法初学者の方はまずこのForestから始めることをお勧めします。

またForestのレベルとしては以下のようになります。

【前提となるレベル】中学英文法は理解出来ている

【対象となる人】高校英文法を学ぶ人であれば初学者から上級者まで全員

【マスター後の到達レベル】一冊で受験英語に必要な英文法を全て理解できる
【東大生が書いた】Forest・フォレストの使い方・勉強法・評価・レベル

使い方や勉強法など詳しいことはこちらを参考にしてください↓
【東大生が書いた】Forest・フォレスタの使い方・勉強法・レベル・評価

「総合英語Forest」を使った慶應合格者の意見としては以下のものがありました。

「とにかくわかりやすい。高校1年生で英語が苦手なことでも十分理解できるようにわかりやすく書いてあります」

「受験直前期になっても、問題演習の際に、「あれこの英文法のルールって○○だったけ?」ってなったとき、辞書代わりとして重宝しました」

「初心者から上級者までずっと使える」

「文法で分からないことがあったときにすぐ開いて調べ知識を深められる、英語を勉強する人には欠かせない1冊」

「この一冊を覚えれば英語の基礎は完全にマスターできる」

「初めはページ数に圧倒されましたが、1日にする量を決めてすると楽」

慶應参考書ランキング 第2位 全解説頻出英文法・語法問題1000

第2位には「全解説頻出英文法・語法問題1000」がランクインしました。

次に第1位で紹介するネクステとよく比べられる参考書ですね。

レベル的にはネクステよりも高く英語の偏差値が60はないと非常に難しく感じると思います。

ですのでネクステを完璧にした後にやり込むといいでしょう。

この参考書をやり込めば慶應の英語で英文法に関してはもう十分です。

「全解説頻出英文法・語法問題1000」を使った慶應合格者の意見としては以下のものがありました。

「自分の周りにいた早慶志望組がみんな使っていたから使った。とりあえずこれを完璧にして置いたら他の早慶受験者と文法面では大差がつかないレベルにはなると思う」

「1問1問解説が丁寧にされていて、独学でもやりやすい参考書でした」

「ネクステをやりこんで、次に何をしようかとなったときにこの参考書を使いました。やってみて思ったのはネクステの問題が解けることが前提のレベルなので、まずはネクステなどでしっかりと基礎文法はできるようにしてからやるといいと思います」

「問題の解説の際に、ところどころ知識を整理させてくれるまとめが書かれてあって、知識の整理に役立った」

慶應参考書ランキング 第1位 next stage

第1位には「next stage」がランクインしました。

こちらの参考書はForestが多くの学校で「文法の教科書」として採用されているように「文法演習の教科書」として採用されています。

レベル的にも基本~応用なのでForestなどで英文法を学んだ人がスムーズに問題演習に移ることができます。

またネクステのレベルとしては以下のようになります。

【前提となるレベル】偏差値50以上の英語学力

【対象となる人】東大・京大・早慶上智といった最難関大学や、中堅国公立や関関同立、GMARCH以上の大学を目指す人

【マスター後の到達レベル】センター試験9割以上得点可能。中堅国公立や関関同立、GMARCHにおいて分からない文法問題はなくなる。
【東大生が書いた】Next Stage(ネクステージ)英文法・語法問題の使い方・勉強法・評価・レベル

使い方や勉強法など詳しくはこちらを参考にしてください↓
【東大生が書いた】Next Stage(ネクステージ)英文法・語法問題の使い方・勉強法・レベル・評価

「next stage」を使った慶應合格者の意見としては以下のものがありました。

「Forestをやったあとに、ネクステをやるのが王道だと思う。Forestで学んだ英文法を、ネクステの問題演習の中で、確実に自分のものにするべし」

「これを暗記しさえすれば、受験英語力がかなり定着することは間違いない」

「文法が出来ない状態でやっても意味がありません」

「SVOCや基本単語がなってないとまず続かない」

「中級者以上の方がこの参考書は向いている」

ぜひ合格者の参考書を真似して慶應義塾大学への合格をつかみ取ってください!

話題のスタディサプリを2週間の無料体験してみよう!

CMでも話題の「スタディサプリ」では受験業界で有名なプロ講師の授業を格安で受講ができる!

このページからも続々と体験者申込者が出てきており、受験生からの人気が伺えます♪

スタディサプリをもっと詳しく知りたい人は↓こちらから
【塾の50分の1の授業料】東大・京大・早慶合格者によるスタディサプリの評判・口コミなど

SNSでもご購読できます。

関連記事