理工学部2016

No.3慶應義塾大学理工学部合格体験記2016


【大学】慶應義塾大学
【学部】理工学部
【現浪】現役
【合否】合格
【予備校/塾】独学
【勉強時間】学校ある日は3h、ない日は8h
【受験勉強開始時期】 高3春

【科目別勉強法】




全科目共通

公認会計士を約半年の独学で合格し、東大を首席で卒業された方の本を読んだ際に、その方がどれだけの時間を費やしたかをストップウォッチで測っているのを知って、自分も勉強時間をストップウォッチで測るようにしました。実際の勉強時間を計って、記録しました。コマ切れでも足したら2時間ぐらい勉強していたり、2時間しているつもりでも45分ぐらいだったりと、いろんなことが見えるのでオススメです。

英語

単語は隙間時間で覚えた。何周もしているうちに単語帳の横にある例文ごと覚えた。

長文は長文を読む際にひと段落読むごとに段落の要旨をメモして、長文全体の内容を把握することを心掛けた

数学

青チャート赤チャートの2冊問題集を完ぺきに全問解けるまで何周も何周もやりこんだ

物理

学習初期は知識・解法のインプットとして名問の森をとにかく繰り返した。

物理は、数学と同様に類題を事前に見たことがあるかどうかで正答率、解答スピードともに大きく変わる科目であると思うので、名問の森が終わった後は問題数が多い重要問題集を一周して対応できる問題数を増やした。

【オススメ参考書】
英語 
DUO3.0

この参考書については以下の記事を参考することをお勧めします↓
【東大生が書いた】Duo3.0の使い方・勉強法【決定版】
システム英単語

システム英単語の使い方は↓を参考に!
【東大生が書いた】システム英単語の使い方・勉強法【決定版】

フォレスト

この参考書の使い方は↓をぜひ参考に!!
【東大生が書いた】Forest・フォレスタの使い方・勉強法【決定版】

数学 
青チャート

赤チャート

物理 
名問の森

重要問題集

新物理入門




化学 
照井式解放カード

重要問題集

【後輩にアドバイス】

学校でちゃんと勉強すれば塾に行かなくてもいい。

あとは友達に教えることで、知識をアウトプットし自分の知識の整理ができるので、周りに困ってる人がいたら教えてあげるとよい。ひょっとしたらそこから恋愛に発展するかも。しないか。

No.2慶應義塾大学理工学部合格体験記2016

【大学】慶應義塾大学
【学部】理工
【現浪】現役
【合否】合格
【併願】東大理Ⅰ ×
    基幹理工 〇
【予備校/塾】なし
【模試成績】11月の駿台模試の偏差値は数学75、物理60、英語69
【勉強時間】授業を除いて4時間
【受験勉強開始時期】中3

【科目別勉強法】




数学:

大学への数学1対1対応を4周やって、ほとんどの問題の解法を覚えた。

和田秀樹の言う解放暗記ってやつ。

一つのテキストを何回も繰り返すのが大事。

化学:

学校の授業で基礎を学んで、あとは化学の新演習をやりこんだ。

参考書はこれだけで十分。

あと無機化学は暗記帳を別個で作って、結構重宝した。

英語:

単語以外は全体的にバランスよくやっていって高3の夏までに仕上げる。

単語は鉄壁を中3から開始、高1で全部覚えてから受験までずっとやってた。

長文は結局各文章30回くらい音読。

作文は最後の自由英作以外の部分の解答例を暗唱。

リスニングは初めはスクリプト見ながら聞く。

次にスクリプト見ながら音に合わせて読む(何回もやる)。

最後にシャドーイング。

全てのセクション終わったらi-podでシャッフルにしてランダムに聞く(移動中)。

解釈本は特に工夫なし。

【オススメ参考書】

数学:
大学への数学1対1対応

数学は暗記だ! (和田式要領勉強術)

化学:
化学の新演習

英語:
やっておきたい英語長文500,700,1000

英文解釈教室




体系英作文

東大英語リスニングsuper

鉄壁

【後輩にアドバイス】

どの科目もたくさんの参考書や教材を使うのではなく、一冊の参考書を完璧といえるまで仕上げることが大事です。

No.1慶應義塾大学理工学部合格体験記2016

【大学】慶應義塾大学
【学部】理工学部
【現浪】現役
【合否】合格
【予備校/塾】 河合塾
【勉強時間】8h
【受験勉強開始時期】高3春

【科目別勉強法】




英語

慶應理工学部の英語は単語勝負なので、単語に重点を置いて勉強した。

具体的には、単語を効率よく覚えるために英単語を覚える際に、イメージを頭に思い浮かべながら覚えた。例えば、「endeavor」は学生が一生懸命勉強してるイメージを思い浮かべて覚えた。

最初はめんどくさいが、記憶の定着率は抜群。

数学

夏休みに入る前までに大学への数学一対一演習を完ぺきとまでは言えないものの一通り終わらせて、夏休み入ってからはハイレベル理系数学をひたすら周回した。

数学は、問題を見た時にアプローチ(解法)が瞬時に浮かぶようになって初めて基礎が固まったと言えると思う。

物理

問題を読む際に、問題文の状況を身近な例でイメージすることで何を問われているのかを明確に把握できるようにした。

化学

基本的に公式の暗記に努めた。

暗記の際に、まる暗記にならないようになぜそのような公式になるのかを理解しながら覚えた。また分野ごとに重要度を振り決めて勉強した。

例えば有機化学は点を稼ぎやすい分野なので有機化学を重点的に対策して得点源にした。無機化学は理論化学の基礎が固まった後にやったのでスムーズに覚えることができた。

【オススメ参考書】

ターゲット1900

ターゲット1900の使用法・勉強法

【東大生が書いた】ターゲット1900の使い方・勉強法【決定版】

鉄壁

DUO3.0

【東大生が書いた】Duo3.0の使い方・勉強法【決定版】

フォレスト

この参考書の使い方は↓をぜひ参考に!!
【東大生が書いた】Forest・フォレスタの使い方・勉強法【決定版】
ビジュアル英文解釈シリーズ

ポレポレ英文読解

こちらも参考に!
【東大生が書いた】ポレポレ英文読解プロセス50の使い方・勉強法・評価・レベル

やっておきたい長文300・500・700・1000

NEXT STAGE

【東大生が書いた】Next Stage(ネクステージ)英文法・語法問題の使い方・勉強法【英語】

大学への数学1対1対応




赤チャート

ハイレベル理系数学

リードα物理

物理のエッセンス

物理重要問題集

リードα化学

化学重要問題集

【後輩にアドバイス】

1,2年生で英数をそれなりにやっておけば、そんなに慶應も難しくない。

自分はそんなに頭が良い方ではなかった(高2の冬の英数の偏差値は55程度)が、受験生になるまでに英数の基本は抑えてたと思うので、受験勉強を始めてから基礎で躓くことはそんなになくスムーズに志望校の過去問や応用問題の勉強に取り組むことができた。

あと、3年生の夏休みが終わるとあっと言う間に入試本番です。夏休みまでに何が何でも基礎を固めましょう。