慶應義塾大学合格者の勉強・対策法集【文系数学】

文系数学対策・勉強法1:数学はなるべく手を動かさない(慶應 経済学部合格者)

数学はなるべき手を動かさない。

まず参考書の問題を見て、解き方を頭で思い浮かべる。

そしたら解答を見て、それを理解する。

こうすることで時間を節約できる。実際に手を動かして解くのは、これを3回以上繰り返してから最後の仕上げの時や、模試・テスト前にした。

公式の照明もしっかり解法を理解しておきましょう。そうすることで公式を忘れにくくなることに加えて、公式の証明問題にも対応できるようになります。

文系数学対策・勉強法2:苦手科目はゲーム感覚で攻略(慶應 商学部合格者)

苦手科目はゲーム感覚で攻略しました。

ゲーム感覚とは何かというと、まず苦手なジャンルをピックアップして、それを徹底的に攻略するために、毎日必ずノルマ(例えば数学の確率が苦手だったら毎日確率の問題を10問は解くなど)を決めて練習しました。

文系数学対策・勉強法3:慶應商の数学は標準問題(慶應 商学部合格者)

文系の方で慶應を数学受験されるという方の多くは、国公立が第一志望または、数学が得意な文系の方が多いと思います。

そのような方にとって、慶應商学部の数学は難易度が高くないので、難しい問題を解くよりも標準的な問題集1冊と過去問を繰り返し解いて完璧にすれば高得点を狙うことができます。

慶應商の数学はセンターの数学にちょっと毛が生えた程度なので、まだ慶應商の数学が難しく感じるという方はセンターの過去問をやるのも効果的だと思います。

センターの数学が満点取れるくらいの実力になれば、慶應商も難しくないです。




文系数学対策・勉強法4:数学は暗記(慶應 総合政策学部合格者)

よく数学は暗記科目だといわれますが、本当にその通りだと思います。

基本的な問題の解法を理解することで解法を覚える、または問題を何回も解くことで解法を覚える。

そうすることで基本的問題は解法が瞬時に思いつくようになります。

応用問題も基本的な問題の解法を知っていれば、ちょっと頭使うだけで解けますし、応用問題といえども大学受験で出る問題はだいたい決まってますので、慶応の過去問や問題集を解く中で定番の応用問題の解法も覚えてしまえばいいです。

また数学は暗記科目といいましたので、数学の勉強の際に、解法が分からない時に時間をかけて思い悩まずにすぐに答えを見ることをお勧めします(2年生とか時間がある人は悩むのもいいかも)。

問題見る→わからない→すぐに解答見る→理解するを何回も繰り返す方が効率的です。

留意点としては、数学は暗記といえども世界史や日本史といった社会科目よりも圧倒的に時間がかかります。

ですので黄チャートなど基本的なテキストを夏休み明けまでに終わらせておくようにしましょう。

それ以降は過去問やプラチカなどを何回も解き、定番の応用問題も溶けるようにしておきましょう。

文系数学対策・勉強法5:文系でも理系プラチカがおすすめ(慶應 経済学部合格者)

理系数学のプラチカを全問題解法を覚えるくらい徹底的にやった。

なんで文系なのに理系プラチカかというと、文系プラチカよりも理系プラチカの方がやさしく、オーソドックスな問題が多いからである。

文系数学対策・勉強法6:青チャート→大学への数学→過去問(慶應 経済学部合格者)

青チャートの例題は問題を見たら素早く正確に解法が思い浮かぶレベルまでにした。

あとは1対1で、らくちんな解法を覚えて、慶応の過去問を解いた。

文系数学対策・勉強法7:数学はパターン暗記(慶應 経済学部合格者)

数学はなんだかんだ暗記すればいい、暗記しようとしなくても解法を理解すれば自然と解法のパターンを覚えてしまうものだと思う。

自分は基本的な問題の解法はチャートで勉強して暗記した後に、プラチカに取り組んだ。

応用問題といえども基本的な解法を、複数組み合わせたものだと感じられたし、何回も解くうちに応用問題の解法も暗記した。




文系数学対策・勉強法8:基本をしっかり(慶應 商学部合格者)

青チャートで基本を身に着けたら、大学への数学1対1をやって慶応の過去問をやった。

正直これだけで十分。

一番大事なのは青チャートの基本をしっかりと身に着けること。

それができなかったら大学への数学読んでも何言ってるかわからないと思う。

文系数学対策・勉強法9:出る問題は定番(慶應 商学部合格者)

数学は、黄チャートを何周も解いた。

早慶の数学は、結構出る問題が決まっており、標準的な問題が多いので、パターンを覚えれば解ける。

試験では限られた時間内で標準問題をペース良く解かないといけないので、黄チャートを完ぺきにした後は青チャートの例題を暗記した。

基本的にこれだけでも大丈夫だと思うが、自分は浪人して時間があったので大学への数学にも取り組んだ。

ここまでやると数学で高得点を取ることがそう難しくないので、時間がある人はお勧め。時間がない人は基本問題を最低限完璧にしよう。

文系数学対策・勉強法10:過去問で頻出問題を分析(慶應 商学部合格者)

基本的な解法はすぐに思い浮かぶように何度も頻出の標準問題を解いて頭に叩き込んだ。

応用問題は過去問を解いて志望校でよく出てるもの(解の実数条件とか)を中心に対策した。

文系数学対策・勉強法11:青チャートとプラチカを回す(慶應 商学部合格者)

青チャートを一通り解けるようになったら文系と理系の両方のプラチカを繰り返し解いた。

理系プラチカのほうが文系プラチカよりも基礎的な内容なので、まずは理系プラチカから取り組んだ。

正直文系プラチカはやらなくても商学部は受かるかなとも思います。

文系数学対策・勉強法12:プラチカを解くと解法のコツがつかめる(慶應 商学部合格者)

参考書はプラチカを使うといい。これは解説が非常に書かれているため、問題を解くと解法のコツがつかめる。

試験前は過去問を最低3年分解くことで試験に慣れておこう。そこまで問題は難しくないので時間配分を重視してやってほしい。

また経済学部の試験問題も商学部と同じレベルであるため、これを解くのも良い。

文系数学対策・勉強法13:黄色チャートを3か月で覚える(慶應 総合政策学部合格者)

どうにかして、慶應に受かりたいと思った俺は、書店で参考書を買った。

とりあえず、基礎問題をどうにかするために「黄色チャート」を手に入れた。

そしてコレを丸暗記したんだ。片っ端から。

もちろん単純暗記ではない。

問題を見て、五分程度考えて、分からなかったら解答を見る。

流れを理解して、再び解答を隠し、理解した上でノートに解答を『再現』していった。

黄色チャートは簡単な問題が多かったので1問15分くらいでこの作業ができた。

大体平均して一時間に4問程度。俺は一日数学を6時間勉強していたので、一日に24問程度解くことを目安にしていた。

すると、一ヶ月でだいたい700問程度解ける。

もちろん、復習したりするので700問分進むわけではないが、センター試験前までに黄色チャートを例題に関しては全て2周以上してある状態にすることが出来た。

さて、そして迎えたセンター試験。

センター試験のために薄い冊子と過去問を2週間程度黄色チャートに平行してやっていたので、対策もバッチリだった。

気を良くした俺は、黄色チャートの例題と、青チャートの例題を「黄色チャートに載ってない部分だけ」解き始めた。

慶應SFCの試験科目は1A2Bだけ。文系数学だけだ。

黄色チャートで言うと、だいたい例題500問分。もちろん、本当に単純な問題もあるので、実質300問程度が受験レベルの問題。

一日25問解き続けてた俺は、黄色チャートならほとんど問題を見た瞬間に解き方が思い出せるレベルになっていた。

まあ、こんな感じです。




文系数学対策・勉強法14:文系数学は3つの参考書しかない(慶應 経済学部合格者)

学校の授業で使っていた青チャートをまず基礎固めに使って、それが終わったら大学への数学1対1対応をやって、時間がなかったからやり込めなかったけど文系数学のプラチカをやった。

文系数学はこの3つくらいしか参考書がないと思う。

文系数学対策・勉強法15:自分でその解き方を試さなくては身につかない(慶應 経済学部合格者)

青チャートを1.2年(3年の夏まででも可)で苦手な人は5周、得意な人でも2周はする。

やるときの注意事項としては分からなかったら、解答を見る→終わりではなく、解答を見る→理解する→解答を見ずに解答と同じ解き方で解いて見るという手順を踏むこと。

その場で理解できたとしても自分でその解き方を試さなくては身につかない。

文系数学対策・勉強法16:(慶應 経済学部合格者)

SNSでもご購読できます。

関連記事