最終更新日:

No.1 法政大学グローバル教養学部合格体験記2017

【大学】法政大学
【学部】グローバル教養(A日程)
【現浪】現役
【予備校/塾】
高1〜2は平岡塾(英語)
高3の春〜夏はveritas(化学)とSEG(数学)
どれも週1。
夏以降は塾無し。
【勉強時間】
平日3.5時間(主に数化世)
休日 5時間(同じく)
※法政の入試で使った科目(英国)は0分

【受験勉強開始時期】
高3の春

【偏差値の推移】
67→62→58(高校3年間)

【併願先とその合否】
青学理工 ×
青学経営A(マーケ学科) ○
青学英米B ○
理科大経営B(経営学科) ○
早稲田人科(健福) ×
防衛医大看護(自衛官) 補欠(未定)
東京海洋大(前)資環エネ 発表まだ

【選択科目を選んだ理由】
理系志望だったので化学は必然的に選択した。計算が苦手なので物理ではなく生物にした。外語大に行きたい気持ちが心の隅にあったので、地歴公民は世界史を選んだ。世界史にしたのは世界史の先生が面白かったから。

【出身高校の都道府県】
東京都

【勉強法】


全科目とにかくダラダラ。
英語は高1〜2で膨大な量の問題(文法と和訳英訳)を解き、膨大な量の解説を聞きました。これで受験英語は完成しました。
高3では学校の授業で知らない単語や忘れかけてた文法があれば線引いたり例文書いたりしただけです。

【オススメ参考書】
化学の良問問題集(マジで良問)
照井式解法カード(付録凄く重宝します)
キクタンシリーズ

こちらも参考に!
【東大生が書いた】英単語帳キクタンの使い方・勉強法・評価・レベル

【後輩にアドバイス】
私は法政の合格発表日まで国理志望でした。法政は親に受ければ?と言われて受けたのですが、受かった後になって第一志望になりました。最後まで進路に悩む人へ、こんな事もあるんです。
たくさんの学校を受験して思ったことは、英語が得意だとかなり有利だということ。そして選択科目は数学が最強(かも)ということ。
私は経営学科を二校受けて、どちらも数学が2割程しかとれませんでしたが、英語で9割以上とっていたので合格できました。数学選択だと点が悪くても調整によるダメージが少ないのだと思います。

関連記事