最終更新日:

No.3 法政大学文学部合格体験記2017

【大学】法政大学

【学部】文学部

【現浪】浪人

【予備校/塾】通ってません

【勉強時間】基本4時間を目安に多かったり少なかったり

【受験勉強開始時期】秋

【偏差値の推移】
判定はいつもC〜Dをさまよっていた気がします

【併願先とその合否】
法政は社会学部とキャリアデザイン学部に合格
他立命館大学映像学部に合格

【選択科目を選んだ理由】
好きなので世界史を選択

【出身高校の位置する都道府県】宮城県

【勉強法】




短時間でもいいので毎日やること。暗記をするものはメンテナンスとして二ヶ月に一回くらいは覚え直すといいと思います。

【オススメ参考書】
ポレポレ  早稲田の人が進めていたのですが、この本のやり方を知り、理解できれば英文読解の能力は飛躍的に向上します。ページ数も薄いので、ぜひやってみてください。世界変わりますまじで。

こちらも参考に!
【東大生が書いた】ポレポレ英文読解プロセス50の使い方・勉強法・評価・レベル

国語はひたすら実践問題や過去問を解きまくるだけでいいかと。

世界史は自分に合ったものをひたすら暗記すればいいと思います。ただし、楽しく。単語だけの暗記ではなく、出来事のつながりや背景、人物の性格やらエピソードも交えて覚えれば忘れにくくなると思います。時間はかかりますが、それに見合った効果は得られます。

【後輩にアドバイス】
私などはそもそも受かると思ってもいなかったところになぜか受かったようなものなので、あまりアドバイスなんてできませんが、「やってみらければわからない」という気持ちで日々の勉強をし、そして試験にのぞむといいと思います。

関連記事