最終更新日:

法政大学合格者の勉強・対策法集【世界史】

この記事では、法政大学世界史

「どうやって勉強したらいい?」

「使った参考書は?」

「その順番は?」

「勉強のコツは?」

といった法政大学の受験生の皆さんが知りたいことに対して、法政大学合格者世界史の勉強法を複数紹介する形で応えておりますので、ぜひ最後までご覧ください。

世界史対策・勉強法1:タテの流れを把握(法政大学 法学部合格者)

ナビゲーターでひたすらタテの流れを把握。

学校の進度を追い越したらへんから頻出の年号暗記を始めた。

学校の定期テストの範囲を入試レベルに仕上げて夏に出来なかった分の暗記をした。

暗記の仕方で最もしっくり来たのはまず一問一答集の単元ごとに雑に丸暗記してナビゲーターを読んで用語の意味や出来事を定着すると言う普通なら逆のルートをやった。

ナビゲーターの赤文字はしっかり用語集で確認し、学校の授業は教科書はあえてみないで先生の話を聞きながら資料集だけを読みそこで地図を覚えたりヨコの繋がりをおさえました。

世界史対策・勉強法2:出来事のつながりや背景、人物の性格やらエピソード(法政大学 文学部合格者)

世界史は自分に合ったものをひたすら暗記すればいいと思います。

ただし、楽しく。

単語だけの暗記ではなく、出来事のつながりや背景、人物の性格やらエピソードも交えて覚えれば忘れにくくなると思います。

時間はかかりますが、それに見合った効果は得られます。

関連記事