最終更新日:

法政大学合格者の勉強・対策法集【英語】

この記事では、法政大学英語

「どうやって勉強したらいい?」

「使った参考書は?」

「その順番は?」

「勉強のコツは?」

といった法政大学の受験生の皆さんが知りたいことに対して、法政大学合格者英語の勉強法を複数紹介する形で応えておりますので、ぜひ最後までご覧ください。

英語対策・勉強法1:時間の計測は1月までやらず(法政大学 法学部合格者)

単語と文法だけ集中して4月から7月までに完成させ夏休みは英文解釈だけをやり音読を始めた。

夏休み明け英語長文を毎日一文読んで音読。

10月末からは過去問をスタートさせ志望校の研究と総復習をこまめにやった。

時間の計測は1月までやらずに3ヶ月問題集のような感じでじっくり全力で満点を目指して実力をつけるものとして使った。




英語対策・勉強法2:高1、2で受験英語を完成(法政大学 グローバル教養学部学部合格者)

英語は高1〜2で膨大な量の問題(文法と和訳英訳)を解き、膨大な量の解説を聞きました。

これで受験英語は完成しました。

高3では学校の授業で知らない単語や忘れかけてた文法があれば線引いたり例文書いたりしただけです。

英語対策・勉強法3:ポレポレ(法政大学 文学部合格者)

ポレポレ 早稲田の人が進めていたのですが、この本のやり方を知り、理解できれば英文読解の能力は飛躍的に向上します。

ページ数も薄いので、ぜひやってみてください。

世界変わりますまじで。

こちらも参考に!
【東大生が書いた】ポレポレ英文読解プロセス50の使い方・勉強法・評価・レベル

関連記事