No.3 中央大学文学部合格体験記2017

【大学】中央大学
【学部】文学部
【現浪】現役
【合否】もちろん合格w
【予備校/塾】進研ゼミ高校講座(通信教育)
【勉強時間】受験期はほとんど勉強
【受験勉強開始時期】高2・12月?(本格的には)
【偏差値の推移】
55~60(世界史は70)
【併願先とその合否】
千葉大学:不合格 茨城大学:合否結果待ち(21日にわかります)

【選択科目を選んだ理由】
本当は理系科目が得意だが、僕は語学系に興味を持っていたので、文転しました。

【出身高校の位置する都道府県】埼玉県

【勉強法】


英語:10月ごろから、徐々にセンターの過去問を解きまくって、形式に慣れること。(センター対策:二次試験対策=7:3)

国語;苦手な分野から夏ごろから徐々に解きまくる。 

世界史;授業でやった内容を予習するよりも、時代の流れを把握→単語帳で単語を暗記(インプット)→問題集でアウトプットの順で復習したほうが賢明。

【おすすめ参考書】
世界史は「神余のシリーズ上・下巻」ですかねw

No.2 中央大学文学部合格体験記2017

【大学】中央大学
【学部】文学部
【現浪】現役
【合否】合格
【予備校/塾】城南予備校
【勉強時間】平日3時間〜4時間 休日 7時間〜8時間
【受験勉強開始時期】
高2の4月

【併願先とその合否】
早稲田大学(教育学部)不合格
早稲田大学(人間科学部)不合格

【選択科目を選んだ理由】
一つの国についてではなく、色々な国についての勉強の方がその都度メリハリがつけられると思ったから日本史ではなく、世界史にした

【出身高校の位置する都道府県】神奈川県

【勉強法】


<英語>
単語と文法を早いうちに完璧にして、長文を読む基礎を固める。

高校2年のうちにやっておくと3年ではほとんどを長文の練習に使えます。

<世界史>
問題集を1冊決めて、とりあえず知識が定着してなくても、学校や予備校の授業の後にその日にやった範囲の問題を解く。

これを何周も繰り返して1冊問題集を完璧にする。

プリント暗記一辺倒にならないのであまり負担がかからないし、サクサク進むのでオススメです。

<国語>
現代文:評論文を読むときに、筆者の主張の部分である論になっている部分と例示の部分を分けて読んで、論をじっくり読んで→その内容を論と照らし合わせて、筆者の言いたいことを理解する。

古文: 単語は毎日欠かさずに単語帳で覚える。

あと文法は早いうちに覚える。

漢文:参考書を1冊買って、その参考書で句法と頻出の漢字を覚える。

【オススメ参考書】
英語 ネクステージ(桐原)

【東大生が書いた】Next Stage(ネクステージ)英文法・語法問題の使い方・勉強法【英語】

速読英単語(上級編)

この参考書については以下の記事を参考することをお勧めします↓
【東大生が書いた】速読英単語必修編の使い方・勉強法【決定版】

世界史 世界史問題集(山川)

国語 漢文早覚え即答法

【後輩にアドバイス】
早く始めると後が楽です。
辛いことが多いと思いますが、頑張ってください!!

No.1 中央大学文学部合格体験記2017

【大学】中央大学
【学部】文学部人文社会科学日本史専攻
【現浪】浪人(一浪)
【合否】合格
【予備校/塾】北九州予備校 小倉駅校
【勉強時間】平均10時間
【受験勉強開始時期】4月3日
【偏差値の推移】49→60〜65

【併願先とその合否】
早稲田大学 否
立教大学 否   共に文学部

同志社 関大 日大  合格

中央大学 商学部 セ利

【選択科目を選んだ理由】
国内の歴史に憧れたので日本史を選んだ

【出身高校の位置する都道府県】大分県

【勉強法】


英語:私大の場合は、長文の量が多いので、とにかく赤本をよく使いました。

形式はほぼ各大学で変わらないので、他学部も含めて何年分も解くのがいいとおもいます。

単語は、四月から初めて8月31日までで終わるよう計画を立てました。

古文:とにかく勉強量が少なかったので、効率を考え、単語に特化しました。

主体判定が一番難しいかったのでとにかくそれに特化するような参考書を買うようにしました。

あとは過去問です。

日本史:得意科目だったので暇があれば年号を覚え、過去問をとにかく解いた。

(私大だけでなく)選択肢で際どい問題がたまにあるが消去法で乗り越えた。

数多くの問題を解くことで実戦力を身につけた。

【オススメ参考書】
英語:単語王  解体英熟語 英文リーディング教本

この参考書については以下の記事を参考することをお勧めします↓
【東大生が書いた】単語王2202の使い方・勉強法【決定版】

この参考書については以下の記事を参考することをお勧めします↓
【東大生が書いた】解体英熟語の使い方・勉強法【決定版】

古文:完全制覇 古文単語650

日本史:全国大学入試問題正解 日本史B用語集(山川出版社)

【後輩にアドバイス】
とにかく最後まで粘ることです。粘れば何事もいいことが必ずあります。受験勉強は最後の締めくくりが一番疎かになりがちです。今から受験勉強をする人はそれだけは頭に入れといてください。センター試験後は、勉強に手がつかなくなりがちです。後は第1志望の過去問は、絶対に赤本一冊分は終わらせてください。

科目のアドバイス
英語:私大の場合は、「読む」ことに専念するのではなく「解く」に主眼を置くべきだと思います。やはり長文の読み過ぎで選択肢に惑わされると思います。「解く」を身につけるためには、最初に問題の確認、設問に該当する英文のみを引っ張りだし前後関係から答えを導き出す訓練をすれば大きな時間短縮になると思います。市販の参考書等で練習出来ます。

日本史:苦手な人は一問一答(東進などの)からやり始めては応用に対処していけません。まず、興味を持てるようなきっかけとして漫画などに手を出すのも良いとおもいます。