最終更新日:

中央大学合格者の勉強・対策法集【英語】

この記事では、中央大学英語

「どうやって勉強したらいい?」

「使った参考書は?」

「その順番は?」

「勉強のコツは?」

といった中央大学の受験生の皆さんが知りたいことに対して、中央大学合格者英語の勉強法を複数紹介する形で応えておりますので、ぜひ最後までご覧ください。

英語対策・勉強法1:自分でも単語帳を作った(中央大学 商学部合格者)

単語:市販の単語帳を使って1日に100単語覚える。

問題を解いてるときにわからなかった単語はノートに書いて自分でも単語帳を作った。

長文:1日に2長文を解いた。問題を解いた後は音読をそれぞれ10回ずつやった。

過去問の研究:頻出のテーマや頻出の文法などをメモしていた。それらをもとに参考書で該当範囲を集中的に復習した。




英語対策・勉強法2:単語は、四月から初めて8月31日までで終わるよう計画(中央大学 文学部合格者)

私大の場合は、長文の量が多いので、とにかく赤本をよく使いました。

形式はほぼ各大学で変わらないので、他学部も含めて何年分も解くのがいいとおもいます。

単語は、四月から初めて8月31日までで終わるよう計画を立てました。

英語対策・勉強法3:初めはひたすら単語をやり込み(中央大学 商学部合格者)

初めはひたすら単語をやり込みある程度出来てきたら、文法にいき基礎を徹底的に叩き込んだ。

長文はある程度文法が出来てきたら、長文を始めていき、音読を念入りにやった。

終盤はもう一度単語に戻り完璧を図り、文法はセンターをやり込み、長文はひたすら音読、赤本をやり込んだ。

関連記事