No.1 青山学院大学教育人間科学部合格体験記2017

【大学】青山学院大学
【学部】教育人間科学部
【現浪】現役
【合否】合格
【予備校/塾】四谷学院
【勉強時間】10h/日
【受験勉強開始時期】高2の冬
【偏差値の推移】
第1回全統マーク模試総合偏差値52.5
第2回全統マーク模試総合偏差値55.7
第3回全統マーク模試総合偏差値57.3

【併願先とその合否】
法政大学文学部→否
学習院大学文学部→否
青山学院女子短期大学→合

【選択科目を選んだ理由】
感じが苦手なので日本史ではなく世界史にした(世界史でも中国史は漢字なので苦戦しました)

【出身高校の位置する都道府県】千葉県

【勉強法】


英語→まずは単語を増やす。

それから単語を調べながらでもいいので3日に1回は長文を読むようにする。

演習量が勝負。

秋からは過去問に入って良いと思う。

現代文→高3春〜夏までは正答率は気にしないで文章の趣旨を読み取って200字で要約する練習をすると良い。

週に1回はちゃんと時間を測って文章を解くこと。

古文→動詞、形容詞、形容動詞、助動詞の活用と助動詞、助詞のの意味を覚える。

る、らるなら受身尊敬自発可能っていうのがパッと出てくるように。

古文はそんなに時間をかけなくてもコツをつかめれば出来る教科である。

活用と意味を完璧に覚えたらひたすら文章を読むだけ。

世界史→年号を覚える!

1095年クレルモン公会議とか。

語呂合わせの本売ってるからそこに載ってるのだけでも。

あとはナビゲーターなどの教科書形式の参考書で流れをつかみ、一問一答で知識を入れる。

これの繰り返し。

絵画とか出て来たらすぐに資料集で調べる!

【オススメ参考書】
単語王
ナビゲーター世界史
山川一問一答(東進の一問一答も良いと評判)

この参考書については以下の記事を参考することをお勧めします↓
【東大生が書いた】単語王2202の使い方・勉強法【決定版】

【後輩にアドバイス】
9月くらい、遅くても11月からは志望校の過去問をやってください。
あとは絶対受かるという気持ちが大切だと思います。

関連記事