No.3 青山学院大学法学部合格体験記2017

【大学】青山学院大学
【学部】法学部
【現浪】現役
【合否】合格
【予備校/塾】駿台
【勉強時間】平日4h、休日6〜8h
【受験勉強開始時期】高3夏
【偏差値の推移】覚えてないです(^^;;
【併願先とその合否】
津田塾大学学芸学部英文学科○
東北大学文学部人文社会学科×

【選択科目を選んだ理由】
国立志望だったためセンターで使う社会科目の中から得意な日本史を選択した。(全学部入試)

【出身高校の位置する都道府県】宮城県

【勉強法】




【国語】
現代文:読解のプロセスやテクニックは学校で習ったものをそのまま素直に身に着けた。

問題演習の際は、過去問であっても制限時間を設けずに、間違っている選択肢がなぜ間違っていると言えるのかその根拠を説明できるようにした。

あとは小説を中心に普段からたくさんの本を読むようにしていた。

古文:古文は英語と同じように外国語と考えて、長文をすべて分析した後(単語の意味や、品詞分解など)は長文を最低20回は音読した。

こうすることで、英語と同じように速読力が身についた。

漢文:「未嘗不」などの句形を意味と読み方(読む順番も)を丸暗記した。

【英語】
単語は隙間時間を活用し、主に登校時間に単語帳付属のCDを聞きながら覚えた。

古文と同様に、解いた長文はすべて単語や文法などを分析した後に最低20回は音読した。

【日本史】
丸暗記ではなく、歴史の流れの中で用語を関連付けて覚えていくことを意識した。

穴埋め問題を解く際のおすすめの勉強法としては、穴埋めの前後だけを読むのではなく、穴埋めの文章をはじめからしっかりと読むことで通史の復習をすることができる。(試験本番ではやらなくていい。普段の勉強の時はって話)

また問題演習の際に間違った用語をまとめたノートを作ると自分の弱点を効率的に克服できる。

これもほかの科目と同様に何度も何度も音読して用語を覚えた。

【オススメ参考書】
国語…赤本

英語…赤本、早慶上智の英単語(教学社)

日本史…スピードマスター日本史問題集(山川)

【後輩にアドバイス】
学校や塾の先生、参考書…頼れるものは何でも使って合格を勝ち取ってください!特に基礎固めがいちばん重要です。頑張ってください!

関連記事