最終更新日:

No.2 青山学院大学文学部合格体験記2017

【大学】青山学院大学

【学部】文学部史学科

【現浪】現役

【合否】合格

【予備校/塾】河合塾

【勉強時間】3〜5

【受験勉強開始時期】部活のため10月中旬

【偏差値の推移】4月60 9月55 12月65

【併願先とその合否】
日大 文学部 ドイツ 合格

中央 文学部 ドイツ合格

【選択科目を選んだ理由】
もともと日本史が得意で日本史を選んだ

【出身高校の位置する都道府県】神奈川

【勉強法】




【英語】
英語はとにかく単語が大事。

受験前日まで1語でも多く単語を覚える。

文法は夏の終わりまでに完成させれば、秋以降の長文演習や過去問の対応はできる。

だから夏休み中には文法を固めよう。

あとは模試で出た英文をひたすら読んで語彙や語法を覚え込む。

【国語】
国語は、逆説や順接に何の意味があるのかをしっかり知ること、論理的思考を持つこと。

これができれば文章の内容が難しくても問題には答えることができる。

また英語の長文の読解力も高まる。

【日本史】
日本史は、ただ覚えるのではなく、経緯や人間の事件や何かを起こした意思を読み解くことが早く覚えるコツ。

これをやらずにいきなり一問一答などで用語を覚えようとしても効率が悪いので、それは絶対に避けよう。

【オススメ参考書】

【後輩にアドバイス】
部活をやっていても、間に合います。

自分の得手不得手を見極めるのが大事。

武器だけを残して、それを磨き続けて勝負するのも、戦略としてはあり。

並行して、情報収集はかなり大切。

親や塾任せでなく、自分で受験校を決めよう。

そのプロセスで大学側が試験で求めてるものも見えてくる。

関連記事