法学部

No.4 青山学院大学法学部合格体験記2017

【大学】青山学院大学
【学部】法学部
【現浪】1浪
【合否】合格
【予備校/塾】藤井セミナー
【勉強時間】取り敢えずは1日6時間くらい?
【受験勉強開始時期】高2冬休み明けくらい
【偏差値の推移】
最後の模試で65くらい

【併願先とその合否】
大阪市大と岡大

【選択科目を選んだ理由】
文系数学(センターで勉強したのを何となく利用したかったから

【出身高校の位置する都道府県】大阪府

【勉強法】




【国語】
現代文:予備校で習った読解法をマスターするために、一度解いた長文を読解法を意識しながら何回か読みなおした。

古文:古文単語の暗記を重点的にやりこんだ。1日に50単語は目を通す用意していた。

漢文:漢文早覚えを3周読んだ。

【日本史】
歴史の流れをつかむ際に、何時代の出来事なのかという、時代区分を明確にしながら、事件と事件の因果関係を理解することを重点的に行った。

用語は一問一答を、何十周も繰り返すことで覚えた。

【英語】
英語は単語と文法がすべてなのでこの2つの勉強法を紹介する。

単語はとにかくたくさんの量を覚えることが大事。

自分はデータベースシリーズ、ターゲットシリーズ、単語王の全ての単語を覚えるまで単語を覚えまくった。

単語の覚え方としては、なかなか覚えられない単語を100均に売っている単語カードに書いて、お風呂などの隙間時間を使って声に出しながら覚えていくいうやり方。

声に出しながら覚えると、記憶に定着するのが早いと感じた。

また、文法や長文などの問題演習の際に、分からない単語が出てきた際は、漏れなく単単語カードにメモしていた。

先ほど挙げたようにいくつもの単語帳を使った結果、一番使いやすかったのは単語王。

なぜなら単語王は収録されている単語量が多いことに加えて、1つ1つの単語に派生語を徹底的にカバーしているからだ。

文法はネクストステージを何十周も繰り返してやれば大丈夫。

【オススメ参考書】
自分で良いと思ったらそれでいくべき(どれもそんなに大差ない

【後輩にアドバイス】
浪人生はわりと軟禁生活やで…

No.5 青山学院大学法学部合格体験記2017

【大学】青山学院大学
【学部】法学部
【現浪】現役
【合否】合格
【予備校/塾】通っていません
【勉強時間】日によってばらばら
【受験勉強開始時期】
部活をやっていなかったので1年から勉強はしていたけど、本腰を入れたのは3年から。
【偏差値の推移】
40半ばから50後半

【併願先とその合否】
東京外国語大学(不合格)
東京女子大学(合格)
成城大学(合格)
専修大学(合格)

【選択科目を選んだ理由】
全科目で世界史が1番得意だったから世界史にした

【出身高校の位置する都道府県】東京都

【勉強法】




【世界史】
ストーリーを理解することを重要視して、細かい知識を覚えることよりも全体のストーリーを把握するようにしていた。

ストーリーを把握した後は問題集を繰り返し解いて、知識を様々な事柄(問題文に書いてあったことなど)と関連付けながら暗記する。

【英語】
まずは単語とイディオムを覚える。

1日100単語を覚えるようにしていた。

長文も1日1長文読むようにしており、長文になれるようにしていた。

あとは過去問を解いて頻出事項などの研究。

【オススメ参考書】
世界史100(Z会)

解体英熟語

この参考書については以下の記事を参考することをお勧めします↓
【東大生が書いた】解体英熟語の使い方・勉強法【決定版】

【後輩にアドバイス】
世界史は想像以上に覚える物が多く、時間がかかります。また、後半になるとそれぞれの過去問を解かなくてはいけないので焦りが出てくるかもしれません。そんな時に自分の支えになるのは、それまでに積み上げてきた知識です。そのためにも早いうちに暗記ものは世界史に限らず終わらせておくべきだと思います。

No.2 青山学院大学法学部合格体験記2017

【大学】青山学院大学
【学部】法学部法学科
【現浪】現役
【合否】合格
【予備校/塾】東京個別指導学院
【勉強時間】
塾は週に3コマ、夏季冬季講習はそれぞれプラスで15コマ程度、それ以外はほぼゼロ

【受験勉強開始時期】高3春

【偏差値の推移】
高3 5月 52.3→センターリサーチ62.3 (どちらも河合塾)

【併願先とその合否】
早稲田 教育 不合格
明治 情コミュ 不合格
明治 文 不合格
学習院 法 不合格
法政 法 合格

【選択科目を選んだ理由】
理数系は壊滅的で、世界史や公民系は学校の授業サボりすぎて基礎知識が少なかったので日本史を選びました笑

【出身高校の位置する都道府県】東京都

【勉強法】




英語→私は感覚で解くタイプだったので、まずそれをやめるために文法を叩き込むところからはじめました。

高3夏休み終わるまでひたすら文構造の把握だけやってました。

秋からは長文対策で、速読用の問題集と精読用の問題集を交互にやりました。

で、12月からは赤本を1回ずつ解くくらいです。

単語は1年を通して実質1500個程度しか覚えてないと思います。

今思うと完全にナメてるんですが、この時の私は謎の自信があったので冬以降も英語はほとんどやってません笑

国語→国語はもともと自信があったのでほとんど勉強してません。

国語も完全に感覚で解いてたので、それをやめるために古文漢文の文法の簡単なテキストを1周ずつやったくらいです。

漢字や現文の読解はそれまで読書で培っていた分でなんとかしてました笑

日本史→日本史がどうしても苦手で、高3春の偏差値が45前後だったのですが、漠然とした焦りはあるのに本当に勉強をしなかったためほとんど成績が伸びず結局センターでギリギリ平均超える程度でした。

勉強法としては、入門レベルの参考書の赤字を覚えつつ、塾の講師が教えてくれる細かい情報を書き込んでいく程度。

アウトプットはテキスト1冊分くらいしかやってませんし、インプットでさえおそらく赤字の半分しか覚え切れてません…。

今思うと本当に馬鹿なことをしたと思います。反面教師にしてください。笑

【オススメ参考書】
英語→「入門英文解釈の技術70」
私がやった中では1番わかりやすかったです。私がやったのは入門編ですが他にも色々あるみたいです。

国語→ごめんなさい特にありません。

日本史→「はじめる日本史」&「実力をつける日本史100題」

おすすめというかほぼこれしかやってませんが、普通にわかりやすく良い本だと思います。はじめる日本史はセンター程度のレベルですがわかりやすくまとめられているので、要点整理に良いかと思います。

【後輩にアドバイス】

ここまで読んでいただけたらわかるかと思いますが、私は本当に勉強しなかったので案の定本番で痛い目見ました…。日本史なんて合格した青学の個別入試でも自己採点35/100くらいです。英語と国語のおかげで助かった形になります。正直合否より受験シーズンの精神状態に多大に影響してくるので、後輩の皆さんはしっかり勉強してください。笑

ただ、多くの学校・学部で選択科目は英語などに比べて軽視される傾向にあります。だから選択の日本史がおそらく平均以下の私でも青学に合格できたんだと思います。ですので「俺or私は選択科目がめちゃめちゃ得意だからイケるわ」とか思ってる方がもしいましたら、油断は禁物ということだけお伝えしておきます。笑

それと、皆さんご存知の通りやはり英語はとても大事です。私はたぶんもともとの感覚と相性や運で青学の英語を乗り越えましたが、英語が不得意な方や青学の英語と相性が悪い方は、結構頑張らないといけないと思います。笑

何よりも英語!!その次国語(というか英語以外の必須科目)。それから選択科目です。選択科目はその科目の平均に合わせて得点が調整されることが多いので差がつきにくいのです。もちろんだからと言って疎かにしてはいけませんが。それでも一般個別入試では英国を8割9割とってしまえば、選択は平均程度でなんとかなったりすることが結構多いです。

それと余談ですが、読解力というのは受験でも日々の生活でも非常に役に立ちます。私の場合はかなりの読書で培った読解力のおかげで受験を乗り切ったようなもんです。英語でも国語でも読解力がとにかく大事ですし、歴史科目でも流れを理解することや論述問題の対策で役立ちます。新高1、新高2の方など時間に余裕がある方は、なるべく読書することをおすすめします。余裕がない新高3の方は現文読解する時に、なぜそういう答えになるのか、自分が先生になったつもりで説明できるようにすると読解力や論理的な思考力を養うのに役立つかと思います。

最後に、模試の結果を信じすぎないでください!!センターはともかく、個別の場合は本当にその大学の問題との相性や傾向によるので、A判定だろうがE判定だろうが、落ちる時は落ちるし受かる時は受かります。実際私は秋までE判定しか出してませんし、A判定の滑り止めに落ちた友達もいます。ですので判定のアルファベットに惑わされてる時間があるならその分その模試の復習に費やしたほうが100億倍有意義です。

とても長くなってしまいましたが、私は非常に愚かで非常にラッキーな受験生の代表格だと勝手に思ってるので、あくまでも私の体験談はすべて反面教師にしてください。笑

皆さんが志望校に合格できるよう祈ってます!

No.3 青山学院大学法学部合格体験記2017

【大学】青山学院大学
【学部】法学部
【現浪】現役
【合否】合格
【予備校/塾】駿台
【勉強時間】平日4h、休日6〜8h
【受験勉強開始時期】高3夏
【偏差値の推移】覚えてないです(^^;;
【併願先とその合否】
津田塾大学学芸学部英文学科○
東北大学文学部人文社会学科×

【選択科目を選んだ理由】
国立志望だったためセンターで使う社会科目の中から得意な日本史を選択した。(全学部入試)

【出身高校の位置する都道府県】宮城県

【勉強法】




【国語】
現代文:読解のプロセスやテクニックは学校で習ったものをそのまま素直に身に着けた。

問題演習の際は、過去問であっても制限時間を設けずに、間違っている選択肢がなぜ間違っていると言えるのかその根拠を説明できるようにした。

あとは小説を中心に普段からたくさんの本を読むようにしていた。

古文:古文は英語と同じように外国語と考えて、長文をすべて分析した後(単語の意味や、品詞分解など)は長文を最低20回は音読した。

こうすることで、英語と同じように速読力が身についた。

漢文:「未嘗不」などの句形を意味と読み方(読む順番も)を丸暗記した。

【英語】
単語は隙間時間を活用し、主に登校時間に単語帳付属のCDを聞きながら覚えた。

古文と同様に、解いた長文はすべて単語や文法などを分析した後に最低20回は音読した。

【日本史】
丸暗記ではなく、歴史の流れの中で用語を関連付けて覚えていくことを意識した。

穴埋め問題を解く際のおすすめの勉強法としては、穴埋めの前後だけを読むのではなく、穴埋めの文章をはじめからしっかりと読むことで通史の復習をすることができる。(試験本番ではやらなくていい。普段の勉強の時はって話)

また問題演習の際に間違った用語をまとめたノートを作ると自分の弱点を効率的に克服できる。

これもほかの科目と同様に何度も何度も音読して用語を覚えた。

【オススメ参考書】
国語…赤本

英語…赤本、早慶上智の英単語(教学社)

日本史…スピードマスター日本史問題集(山川)

【後輩にアドバイス】
学校や塾の先生、参考書…頼れるものは何でも使って合格を勝ち取ってください!特に基礎固めがいちばん重要です。頑張ってください!

No.1 青山学院大学法学部合格体験記2017

【大学】青山学院大学
【学部】法学部
【現浪】現役
【合否】合格
【予備校/塾】河合塾
【勉強時間】平日5時間 休日10時間
【受験勉強開始時期】2年生夏休み
【偏差値の推移】
1年生…45~50(進研模試)
2年生…65~70(進研模試)
3年生…58~65(進研模試&全統模試)

【併願先とその合否】
青山学院-経済-現代経済デザイン-全学部…×
青山学院-文-史-個別…×
青山学院-経営-マーケティング-個別A方式…×
立教-経済-経済-個別…×
青山学院-法学部-法-個別A方式…◎
青山学院-経済-現代経済デザイン-個別A方式…◎
早稲田-商-商-個別…×
早稲田-社会科-社会科-個別…×

【選択科目を選んだ理由】
世界史はカタカナばっかだから覚えにくそうだと思ったし地理は計算があるから消去法で日本史にしました。

【出身高校の位置する都道府県】
福岡県福岡市

【勉強法】




学校や塾で習ったことをとことん復習する。

復習が全て。

社会などの暗記科目は学校の定期テスト2週間前から試験範囲を受験レベルまで徹底的に極める。

しかし、青学は英語重視なので、社会は本格的に受験勉強を開始するのは3年の4月からでも大丈夫です。(僕は2年から日本史極めまくったせいで肝心な英語の勉強がおろそかになったから少し後悔してます笑)

ただ、定期テストを活用してある程度頑張っておくと、3年になって楽になります。

とりあえず英語は1年生のうちからコツコツ学校の単語帳や文法書などをやること。

自分は2年の夏休みの予備校の夏期講習から受験勉強を始めましたが、2年生になる前に学校で使ってる単語帳を1冊完璧に覚えていたら、その後かなり楽になれたかなあと思います。

2年生が始まると同時にネクステージと日本史1問1答をし始めました。

3年では学校で使ってる単語帳を完璧に覚えたため、単語王を購入して使い始めました。毎日ネクステと単語王は欠かさず進めましょう。

理想は本番までに最低でも5周以上繰り返しするのがオススメです。

日本史は教科書を3年の夏休みまでに1回読み終えましょう。

3学期は旧石器・縄文・弥生・古墳・江戸(・法学部なら戦後も)時代を徹底的にやり込みましょう。頻出時代だからです。

国語に関しては青学ならセンターより下のレベルの問題だと思うので学校の授業だけで充分だと思います。

助動詞と敬語と頻出単語ぐらいは家で少しやっておくといいかもしれませんが。

【オススメ参考書】
英語…ネクステージ・単語王・基礎英文解釈の技術100・ポレポレ

【東大生が書いた】Next Stage(ネクステージ)英文法・語法問題の使い方・勉強法【英語】

こちらも参考に!
【東大生が書いた】単語王2202の使い方・勉強法・評価・レベル

こちらも参考に!
【東大生が書いた】ポレポレ英文読解プロセス50の使い方・勉強法・評価・レベル

日本史…日本史Bターゲット4000(河合塾講師石川晶康先生著)

国語…各自学校の参考書

【後輩にアドバイス】
やる気が起きないときは自分が落ちたときのことを想像してください。一気に目が覚めます。
あと、英単語にしても日本史にしても、語呂合わせに勝てるものは正直ないと思います。自分で語呂合わせを作りながら楽しみながら勉強するのも効率が良いですしやる気きなれます。
受験勉強は早く始めたやつが最後に勝ちます。遅くても3年の頭ぐらいには始めましょう。そして、何回も復習しましょう。
青学で待ってます(^^)