青山学院大学合格者の勉強法集

「青山学院大学合格者の勉強法集」のメニュー一覧はこちら。

青山学院大学合格者の勉強法集

青山学院大学合格者の勉強・対策法集【古文】

古文対策・勉強法1:助動詞と敬語と頻出単語(青山学院大学 法学部合格者)

国語に関しては青学ならセンターより下のレベルの問題だと思うので学校の授業だけで充分だと思います。

助動詞と敬語と頻出単語ぐらいは家で少しやっておくといいかもしれませんが。

古文対策・勉強法2:古文は英語と同じように外国語(青山学院大学 法学部合格者)

古文:古文は英語と同じように外国語と考えて、長文をすべて分析した後(単語の意味や、品詞分解など)は長文を最低20回は音読した。

こうすることで、英語と同じように速読力が身についた。

漢文:「未嘗不」などの句形を意味と読み方(読む順番も)を丸暗記した。

古文対策・勉強法3:単語、文法を徹底的に(青山学院大学 国際政治経済学部合格者)

単語、文法を徹底的に覚えた後に長文に触れていけばいいと思います。

そこまで時間をかける必要はないと思います




古文対策・勉強法4:活用と意味を完璧に(青山学院大学 教育人間科学部合格者)

動詞、形容詞、形容動詞、助動詞の活用と助動詞、助詞のの意味を覚える。

る、らるなら受身尊敬自発可能っていうのがパッと出てくるように。

古文はそんなに時間をかけなくてもコツをつかめれば出来る教科である。

活用と意味を完璧に覚えたらひたすら文章を読むだけ。

古文対策・勉強法5:古漢の文法、句法をしっかり覚える(青山学院大学 教育人間科学部合格者)

古漢の文法、句法をしっかり覚える。

英語に比べたら覚える量は格段に少ないのでしっかりと詰め込んで得意科目にするのが良い。

古文対策・勉強法6:あさきゆめみしなどの有名な古文漫画(青山学院大学 文学部合格者)

基本的に学校の授業に集中して、自学では問題演習に取り組んだ。

古文は単語が重要なのでまずはそれをしっかり覚える。

あさきゆめみしなどの有名な古文漫画を読んで源氏物語のストーリーを覚えたり、知識を増やした。

漢文はひたすら句法を覚えたらあとは問題を解くだけ。古文に比べたらかなり簡単なので時間はそこまで割かなかった。




古文対策・勉強法7:感覚で解いてたので、それをやめる(青山学院大学 法学部合格者)

国語はもともと自信があったのでほとんど勉強してません。

国語も完全に感覚で解いてたので、それをやめるために古文漢文の文法の簡単なテキストを1周ずつやったくらいです。

古文対策・勉強法8:1日に50単語(青山学院大学 法学部合格者)

古文:古文単語の暗記を重点的にやりこんだ。1日に50単語は目を通す用意していた。

漢文:漢文早覚えを3周読んだ。

古文対策・勉強法9:主語がだれなのかを(青山学院大学 経営学部合格者)

とにかく単語を覚えた。

解放のテクニックとしては主語がだれなのかを常に書き込みながら文を読んだ。

古文対策・勉強法10:10冊ほど参考書を読み込んだ(青山学院大学 経済学部合格者)

古文:古文が苦手で自分に合った参考書がなかなか見つからなかったため、10冊ほど参考書を読み込んだ。

ある参考書では理解できなくても、ほかの参考書ではスムーズに理解できたということが多かったのでお金はかかったけど役に立った。

古文の文章で頻出の源氏物語は「あさきゆめみし」を読んでストーリーを把握しておいた。これは読解の際にかなり役立つ。(文章読まなくても設問をいきなり解くこともできた笑)。
和歌対策としては毎日百人一首を詠み、全百人一首を品詞分解していた。

漢文:「漢文早覚え」で漢文のルールなどを覚えて過去問を解くくらいしかしなかった。

古文対策・勉強法:(青山学院大学 経済学部合格者)

青山学院大学合格者の勉強・対策法集【理系数学】

理系数学対策・勉強法1:カードに公式やある程度パターン化された解き方を書く(青山学院大学 理工学部合格者)

・予習ノートと授業ノートを分け、ノートをとりやすく見やすくしていました。

・まず予習をし、授業を聞いてその日に予習と照らし合わせてなにが違ったのかと先生の解法を確認。

その1週間後にもう一度解き直し解けたら次は1ヶ月後、解けたらまた1ヶ月後、1週間後に解けなかったらなぜできなかったかを理解し、また1週間後に解き直しというふうに最低でも4回は解きました。

4回もやると答えを覚えてしまうので、なぜこの公式が使えて、なんでこの解き方を使うのかということを人に説明できるようになるまでやりました。

・大きめのカードに公式やある程度パターン化された解き方を、自分で作る英単語帳みたいな感じで覚えました。

・あとは、公式の証明。結構公式の証明は大事でした。

理系数学対策・勉強法2:(青山学院大学 学部合格者)

理系数学対策・勉強法3:(青山学院大学 学部合格者)

青山学院大学合格者の勉強・対策法集【日本史】

日本史対策・対策・勉強法1:早く覚えるコツ(青山学院大学 文学部合格者)

日本史は、ただ覚えるのではなく、経緯や人間の事件や何かを起こした意思を読み解くことが早く覚えるコツ。

これをやらずにいきなり一問一答などで用語を覚えようとしても効率が悪いので、それは絶対に避けよう。

日本史対策・対策・勉強法2:旧石器・縄文・弥生・古墳・江戸(・法学部なら戦後も)時代を徹底的に(青山学院大学 法学部合格者)

日本史は教科書を3年の夏休みまでに1回読み終えましょう。

3学期は旧石器・縄文・弥生・古墳・江戸(・法学部なら戦後も)時代を徹底的にやり込みましょう。

頻出時代だからです。

日本史対策・対策・勉強法3:日本史がどうしても苦手(青山学院大学 法学部合格者)

日本史がどうしても苦手で、高3春の偏差値が45前後だったのですが、漠然とした焦りはあるのに本当に勉強をしなかったためほとんど成績が伸びず結局センターでギリギリ平均超える程度でした。

対策・対策・勉強法としては、入門レベルの参考書の赤字を覚えつつ、塾の講師が教えてくれる細かい情報を書き込んでいく程度。

アウトプットはテキスト1冊分くらいしかやってませんし、インプットでさえおそらく赤字の半分しか覚え切れてません…。

今思うと本当に馬鹿なことをしたと思います。反面教師にしてください。笑




日本史対策・対策・勉強法4:教科書を10回以上は読み込み(青山学院大学 国際政治経済学部合格者)

教科書を10回以上は読み込み、歴史の流れや太字の重要用語を把握・暗記します。

大学別対策や一問一答はその後にやるのがいいと思います。

一問一答も10回以上繰り返すといいと思います。

日本史対策・対策・勉強法5:一問一答に書き込んだ(青山学院大学 経済学部合格者)

日本史→一問一答や問題集をやりながら初めて聞いた知識は一問一答の教材に書き込んだ

日本史対策・対策・勉強法6:穴埋め問題を解く際のおすすめの対策・対策・勉強法(青山学院大学 法学部合格者)

丸暗記ではなく、歴史の流れの中で用語を関連付けて覚えていくことを意識した。

穴埋め問題を解く際のおすすめの対策・対策・勉強法としては、穴埋めの前後だけを読むのではなく、穴埋めの文章をはじめからしっかりと読むことで通史の復習をすることができる。(試験本番ではやらなくていい。普段の勉強の時はって話)

また問題演習の際に間違った用語をまとめたノートを作ると自分の弱点を効率的に克服できる。

これもほかの科目と同様に何度も何度も音読して用語を覚えた。




日本史対策・対策・勉強法7:事件と事件の因果関係を理解(青山学院大学 法学部合格者)

歴史の流れをつかむ際に、何時代の出来事なのかという、時代区分を明確にしながら、事件と事件の因果関係を理解することを重点的に行った。

用語は一問一答を、何十周も繰り返すことで覚えた。

日本史対策・対策・勉強法8:ただ単語だけを覚える事は絶対ダメ!(青山学院大学 経営学部合格者)

歴史の流れを掴め!

ただ単語だけを覚える事は絶対ダメ!

1つの歴史的出来事に関連したキーワードをセットで覚えるようにした。

あとは日本史の資料集を暇な時眺める癖をつけていた。

資料集は読んでいて楽しいので、覚えようとしなくても何回も読んでいたら自然と用語などが覚えられていた。

日本史対策・対策・勉強法9:用語集を一冊丸暗記した(青山学院大学 経済学部合格者)

最初は用語を覚えようとはせずに、日本史石川の実況中継をまず読んで、日本史の概要を把握した。

これは夏休み前までにやった。

次は用語を覚えるために用語集を一冊丸暗記した。

覚える範囲を古代・中世・近代・現代と4等分して、一日一時代を覚えるようにし、4日ですべての用語に目を通すようにした、

覚える際は、替え歌や呪文のようにリズムで覚える工夫した結果、今でも覚えているほど記憶が定着しやすくなった。

日本史対策・対策・勉強法10:一問一答の教材に書き込んだ(青山学院大学 経済学部合格者)

学校の授業で歴史の大きな流れをつかむ。

一問一答や問題集をやりながら初めて聞いた知識は一問一答の教材に書き込んだ。

青山学院大学合格者の勉強・対策法集【世界史】

世界史対策・勉強法1:年号を覚える!(青山学院大学 教育人間科学部合格者)

年号を覚える!1095年クレルモン公会議とか。

語呂合わせの本売ってるからそこに載ってるのだけでも。

あとはナビゲーターなどの教科書形式の参考書で流れをつかみ、一問一答で知識を入れる。

これの繰り返し。

絵画とか出て来たらすぐに資料集で調べる!

世界史対策・勉強法2:授業にしっかり取り組んで(青山学院大学 経済学部合格者)

青学の世界史は難問が1つでるくらいで、あとは基礎基本。

なので授業にしっかり取り組んで各定期試験で高得点を取っていればそれなりの得点は取れる。

問題演習はセンターがおすすめ。

世界史対策・勉強法3:年号を語呂合わせで(青山学院大学 教育学部合格者)

年号を語呂合わせで要所要所覚える。

ゴロを使うと効率よく覚えられるので絶対に使うべき。

地図で場所も確認しておくことで歴史の流れをつかみやすくなる。

世界史対策・勉強法4:ストーリーを理解することを重要視(青山学院大学 法学部合格者)

ストーリーを理解することを重要視して、細かい知識を覚えることよりも全体のストーリーを把握するようにしていた。

ストーリーを把握した後は問題集を繰り返し解いて、知識を様々な事柄(問題文に書いてあったことなど)と関連付けながら暗記する。

世界史対策・勉強法:(青山学院大学 経済学部合格者)

青山学院大学合格者の勉強・対策法集【英語】

英語対策・勉強法1:英語はとにかく単語(青山学院大学 文学部合格者)

英語はとにかく単語が大事。

受験前日まで1語でも多く単語を覚える。

文法は夏の終わりまでに完成させれば、秋以降の長文演習や過去問の対応はできる。

だから夏休み中には文法を固めよう。

あとは模試で出た英文をひたすら読んで語彙や語法を覚え込む。

英語対策・勉強法2:1年生のうちからコツコツ学校の単語帳や文法書などをやる(青山学院大学 法学部合格者)

英語は1年生のうちからコツコツ学校の単語帳や文法書などをやること。

自分は2年の夏休みの予備校の夏期講習から受験勉強を始めましたが、2年生になる前に学校で使ってる単語帳を1冊完璧に覚えていたら、その後かなり楽になれたかなあと思います。

2年生が始まると同時にネクステージをし始めました。

3年では学校で使ってる単語帳を完璧に覚えたため、単語王を購入して使い始めました。

毎日ネクステと単語王は欠かさず進めましょう。理想は本番までに最低でも5周以上繰り返しするのがオススメです。

【東大生が書いた】Next Stage(ネクステージ)英文法・語法問題の使い方・勉強法【英語】

英語対策・勉強法3:高3夏休み終わるまでひたすら文構造の把握(青山学院大学 法学部合格者)

私は感覚で解くタイプだったので、まずそれをやめるために文法を叩き込むところからはじめました。

高3夏休み終わるまでひたすら文構造の把握だけやってました。

秋からは長文対策で、速読用の問題集と精読用の問題集を交互にやりました。で、12月からは赤本を1回ずつ解くくらいです。

単語は1年を通して実質1500個程度しか覚えてないと思います。今思うと完全にナメてるんですが、この時の私は謎の自信があったので冬以降も英語はほとんどやってません笑




英語対策・勉強法4:1つの参考書を極めることを大事にする(青山学院大学 国際政治経済学部合格者)

1つの参考書を極めることを大事にするのが重要だと思います。

長文は同じ長文を15回は読むのがいいと思います。

これを毎日1か月続ければ、英文を読むスピードがぐんぐんと上がっていきます、

単語、熟語、文法は同じ参考書を最低10回したほうがいいと思います。

英語対策・勉強法5:演習量が勝負。(青山学院大学 教育人間科学部合格者)

まずは単語を増やす。

それから単語を調べながらでもいいので3日に1回は長文を読むようにする。

演習量が勝負。

秋からは過去問に入って良いと思う。

英語対策・勉強法6:文法はこつこつ時間がある時に何回も繰り返し(青山学院大学 理工学部合格者)

・単語はターゲット1900の量で十分だと思います。

覚え方は、その単語の派生語や似た意味の単語を一緒に覚えてました。

他に、長文や色々なところに出てくる語句リストをコピーして暗記ペンで隠して覚えて、もう一度その長文を見てちゃんと訳せるか確認。

要はただ単語を覚えるだけでなく、その単語がどのような内容の文でどんな意味で使われているか。

・名詞、動詞、形容詞、副詞をしっかり理解し、文構造を理解できるようにしました。

スラッシュリーディングより、圧倒的に応用力がつきました。

・文法はこつこつ時間がある時に何回も繰り返し。

問題集は1冊で、その代わり四択問題をしっかりやり、正解以外の選択肢がなぜ違うか言えるようになるまで何回も繰り返しました。

英語対策・勉強法7:最低20回は音読(青山学院大学 法学部合格者)

単語は隙間時間を活用し、主に登校時間に単語帳付属のCDを聞きながら覚えた。

古文と同様に、解いた長文はすべて単語や文法などを分析した後に最低20回は音読した。




英語対策・勉強法8:SとVを素早く見抜く練習をする(青山学院大学 経済学部合格者)

単語は毎日覚える。

文法は夏休みまでに固める。

英文解釈はSとVを素早く見抜く練習をする。復習もSとVを中心に構文を解析し、日本語に直すのではなく英語のまま理解する。

長文は毎日1個やって、解き終わったら全英分を英文解釈しなおす。

英語対策・勉強法9:夏までは長文より単語や文法に重点(青山学院大学 教育学部合格者)

夏までは長文より単語や文法に重点をおき、秋からは長文をひたすら解く。

長文は単語や文法が出来ていれば出来ることなので、まずは単語と文法が大事。

この2つを絶対に怠ってはいけない。

英語対策・勉強法10:何度も何度も繰り返し音読(青山学院大学 文学部合格者)

英単語はDuo3.0を使って覚えた。

Duo3.0に掲載されている例文を、何度も何度も繰り返し音読した。

音読の際は読みながら、記憶が定着しやすくなるという青ペンを使って例文を紙に書いた。

通学中はDuo3.0のCDを聞いて暗記に努めた。

文法は最初に中学文法総復習の参考書をわからないところがなくなるまで読み込んだ。3周ほどしたと思う。

そのあとに文法の薄い問題集も同様にやりこんだ。

構文の参考書に乗っている例文を20回ほど音読した。

英語対策・勉強法11:単語と文法がすべて(青山学院大学 法学部合格者)

英語は単語と文法がすべてなのでこの2つの対策・勉強法を紹介する。

単語はとにかくたくさんの量を覚えることが大事。

自分はデータベースシリーズ、ターゲットシリーズ、単語王の全ての単語を覚えるまで単語を覚えまくった。

単語の覚え方としては、なかなか覚えられない単語を100均に売っている単語カードに書いて、お風呂などの隙間時間を使って声に出しながら覚えていくいうやり方。

声に出しながら覚えると、記憶に定着するのが早いと感じた。

また、文法や長文などの問題演習の際に、分からない単語が出てきた際は、漏れなく単単語カードにメモしていた。

先ほど挙げたようにいくつもの単語帳を使った結果、一番使いやすかったのは単語王。

なぜなら単語王は収録されている単語量が多いことに加えて、1つ1つの単語に派生語を徹底的にカバーしているからだ。

文法はネクストステージを何十周も繰り返してやれば大丈夫。

【東大生が書いた】Next Stage(ネクステージ)英文法・語法問題の使い方・勉強法【英語】

英語対策・勉強法12:1日1長文読む(青山学院大学 法学部合格者)

まずは単語とイディオムを覚える。

1日100単語を覚えるようにしていた。

長文も1日1長文読むようにしており、長文になれるようにしていた。

あとは過去問を解いて頻出事項などの研究。

英語対策・勉強法13:英語は単語の暗記と音読がおすすめ(青山学院大学 経営学部合格者)

英語は単語の暗記と音読がおすすめ。

自分はターゲット1900の単語をすべてに覚えた。これを全部覚えれば単語で躓くところはなくなるし、むしろ武器になる。

具体的な覚え方は、まず覚える範囲を10ページ毎に区切る。

その区切った部分を2、3周する。

単語見た際にパッと意味が出てこなかった単語にはペンでマークする。

次にそのマークを付けた単語のみを暗記していき、最終的には全ての単語の意味が瞬時に出るようにする。

ここまで来たら区切った部分の単語を、先ほどマークを付けていない単語も含めて全部見直す。

全て覚えられていたら、次の10ページへ移る。

これを何周も繰り返していく。自分は20周はしたと思う。

また覚える際は声に出して発音すると覚えやすくなる。




英語対策・勉強法14:単語、文法、構文、長文読解を全部毎日欠かさず(青山学院大学 経済学部合格者)

単語、文法、構文、長文読解を全部毎日欠かさずに行うようにしていた。

夏休みまでに単語帳を一冊と文法の参考書を二冊を完璧にし夏休み以降は長文読解と過去問を解くという流れでやった。

単語:単語帳は単語王を使って、朝の通学時間に電車の中で約1時間覚えていた。

電車の中なので書くことはせずに、スペルを文字の塊として、言い換えれば画像として覚えるようにした。

構文:毎日30分やっていた。こちらも単語と同様に書くことは一切せずに、章ごとの例文を音読して覚えた。

長文読解:英文を日本語訳せずに英語のまま理解して読めるようになるまで長文を音読した。このおかげで長文を読む速度が格段に早くなった。

長文を何度も音読しているうちに、英文の状況を英語のまま頭の中でイメージできるようになる。

英語対策・勉強法15:まとめたノートを作り、受験までにそれを最低20回(青山学院大学 経済学部合格者)

単語帳は週ごとに覚える単語の数を決めて、毎日、その単語をすべて3回ずつ書いて覚えた。記憶が定着しやすいように寝る前に必ずやっていた。

問題集は問題を解いた時に間違った問題の解説(正確に覚えていない文法事項など)をまとめたノートを作り、受験までにそれを最低20回は見直した。

青山学院大学合格者の勉強・対策法集【現代文】

現代文対策・勉強法1:論理的思考を持つ(青山学院大学 文学部合格者)

国語は、逆説や順接に何の意味があるのかをしっかり知ること、論理的思考を持つこと。

これができれば文章の内容が難しくても問題には答えることができる。

また英語の長文の読解力も高まる。

現代文対策・勉強法2:間違っている選択肢がなぜ間違っているのか(青山学院大学 法学部合格者)

読解のプロセスやテクニックは学校で習ったものをそのまま素直に身に着けた。

問題演習の際は、過去問であっても制限時間を設けずに、間違っている選択肢がなぜ間違っていると言えるのかその根拠を説明できるようにした。

あとは小説を中心に普段からたくさんの本を読むようにしていた。

現代文対策・勉強法3:要約する練習(青山学院大学 教育人間学部合格者)

高3春〜夏までは正答率は気にしないで文章の趣旨を読み取って200字で要約する練習をすると良い。

週に1回はちゃんと時間を測って文章を解くこと。




現代文対策・勉強法4:選択肢を見る前に頭の中で答えを(青山学院大学 経営学部合格者)

出来るだけ毎日解いて問題量をこなした。

解放のテクニックとしては、問題を解く際は、いきなり選択肢を見るとどの選択肢も正しく見えてしまうので、選択肢を見る前に頭の中で答えを出してから選択肢を見て答えを探すようにしていた。

あとは順接・逆接などの接続詞にはチェックをつけて文の構造をわかりやすく把握できるようにしていた。

現代文対策・勉強法5:単語をしっかりと理解・暗記する必要がある(青山学院大学 経済学部合格者)

センターの現代文と比べて私立の現代文は難しい内容の評論が多い。

難しい評論だと、現代文であっても評論のテーマごとに単語をしっかりと理解・暗記する必要があるので、現代文の用語集を読んだ。(一般と普遍の違いなどを知っているか知らないかで文章の理解にかなり差がつく)

読解の際は、最初に文章の要旨を整理してから設問を解くようにした。なぜなら設問の選択肢で、文中には書いてあるが、筆者の主張ではない選択肢に引っかからないようにするためだ。

現代文対策・勉強法:(青山学院大学 経済学部合格者)

青山学院大学合格者の勉強・対策法集

青山学院大学合格者の国語対策・勉強法

青山学院大学合格者現代文の対策・勉強法集

青山学院大学合格者古文の対策・勉強法集

青山学院大学合格者の英語対策・勉強法

青山学院大学合格者英語の対策・勉強法集1~10
青山学院大学合格者英語の対策・勉強法集11~20

青山学院大学合格者の数学対策・勉強法

青山学院大学合格者文系数学の対策・勉強法集
準備中です

青山学院大学合格者理系数学の対策・勉強法集

青山学院大学合格者の社会対策・勉強法

青山学院大学合格者世界史の対策・勉強法集

青山学院大学合格者日本史の対策・勉強法集

青山学院大学合格者地理の対策・勉強法集
現在準備中です

青山学院大学合格者の理科対策・勉強法

青山学院大学合格者化学の対策・勉強法集
現在準備中です

青山学院大学合格者物理の対策・勉強法集
準備中です

青山学院大学合格者生物の対策・勉強法集
現在準備中です