No.3 早稲田大学商学部合格体験記2017

【大学】早稲田大学
【学部】商
【現浪】現
【合否】合格
【予備校/塾】東進
【勉強時間】春〜秋 平日4〜8h 休日8〜14h
GW・夏休み・直前11〜15h
【受験勉強開始時期】高3春休み

【偏差値の推移】
駿ベネ 60強(2年〜春)→75〜80(夏以降)
駿台 60弱(2年)→70弱〜70(夏以降)

【併願先とその合否】
法政(セ)合
明治(セ・全)合
早稲田 文・文構 補/社 合

【選択科目を選んだ理由】
日本史 歴史は好きだがカタカナが苦手だったため

【出身高校の位置する都道府県】東京

【勉強法】


【英語】
英単語帳と文法書を各一冊全内容を覚える気持ちで最低三周

どの参考書も何周もやって徹底的にやりこむことが大事。どの参考書も内容自体に大差はないのだから。

長文読解は単語・文法・構文・内容全てを理解するまで次に進まない。もし解説を読んでもわからないものがあれば、参考書やネット、先生を使って理解する。

【国語】
古典の基礎はしっかり詰める。

古文も漢文も単語と文法さえ覚えてしまえば、入試で出てくる文章の内容そのものはわかりやすい話なので、単語と文法を徹底的に詰めよう。

現代文はテクニックなどの問題を解く方法論ではなくまずは本文理解の方が重要

【日本史】
山川の教科書と用語集がほぼ全て。

大学入試の出題範囲はこれで網羅できているので、これらをしっかりと詰める。

ただし基礎的な経済の知識は必要。

普段の勉強の際のコツとしては、用語よりもまずは流れで歴史を理解する・毎日繰り返し復習すること。

近現代史にまつわる雑学は時々入試でも役に立つ。

【オススメ参考書】
頻出英語長文
東進の日本史一問一答・史料一問一答

【後輩にアドバイス】問題はそんなに難しくありませんが割とボーダーが高いです(7割)
基礎をしっかりやることが大切だと思います

関連記事