【東大生が書いた】速読英単語必修編の使い方・勉強法・評価・レベル

【東大生が書いた】速読英単語必修編の使い方・勉強法【決定版】

目次

話題のスタディサプリを体験してみよう!

いまCMでも話題の「スタディサプリ」では受験業界でも有名なプロ講師の授業を格安で受講ができる!上のリンクから今すぐ登録しよう!

1.速読英単語必修編はこんな人におススメ

速読英単語必修編はこんな人におススメ
速読英単語必修編は以下のような人におススメです。
センター試験で高得点を狙う人

難関大合格を目指している人

・単語を実際に使われている長文の中で覚えたい人

・単語だけでなく長文の勉強も同時にやりたい人

・大学受験に必要最低限な単語は全部覚えたい

・受験勉強をしている高3生全員

・類義語(意味の似た単語)も一緒に覚えたい人

・受験頻出英単語を頻出度順に覚えたい人

・CDを使ってリスニングの勉強もやりたい人

 

2.速読英単語必修編のメリット・学習効果

速読英単語必修編のメリット・学習効果
単語力・読解力・速読力・リスニング力を同時進行で高めることができる

・難関大学合格には絶対に欠かせない速読力を身につけることができる

・速読英熟語も併用すればセンター試験で8割~9割の得点獲得は固い

 

3.速読英単語必修編のレベル

速読英単語必修編のレベル

【必要学力】

中学卒業レベルの単語力・文法力

または

技術70程度の英文解釈力(このレベルがピンと来なくても上記のレベルに達していれば問題ありません)

 

【難易度】

基礎~難関

 

4.速読英単語必修編のページ数・問題数

速読英単語必修編のページ数・問題数
【ページ数】 400ページ
【問題数】  70長文

 

5.速読英単語必修編の内容・特徴

速読英単語必修編の内容・特徴



5-1.単語を文中で覚える

速読英単語では長文の中で実際に使われている単語を覚えられるので、単語のイメージが非常に沸きやすく効率的に単語を覚えられます

 

5-2.クオリティの高い英語長文の掲載数は70文

速読英単語で掲載されている長文は、有名大学の入試問題から抜粋されたものです。

この有名大学とは東大を含む全国の有名国立大学・早慶やマーチクラスの有名私立大学・センター試験です。

また文章は科学や時事ネタ、社会、歴史、ビジネスなど読んでいて面白い内容になっています。

 

5-3.1つ当たりの長文は約200語程度で読みやすい

英語長文の対策を本格的に始めていない人や苦手な人でも読みやすい分量になっているので、英語長文だからと言って臆することはありません。

 

5-4.長文だけでなく例文も載っている

長文だけでなく、例文も豊富に掲載されています。

システム英単語など他の英単語帳と同様に、単語を例文と一緒に覚えること可能です。
システム英単語の使い方は↓を参考に!
【東大生が書いた】システム英単語の使い方・勉強法【決定版】

 

5-5.長文音読のCDがついている

速読英単語には長文音読の付属CDがあります。

このCDは移動時間に聞くこともできますし、シャドーイングの教材として使いリスニング力を向上させることもできます。

 

6.速読英単語必修編の使い方・勉強法

速読英単語必修編の使い方・勉強法

6-1.速読英単語帳を進めていくペースを決める

単語帳はよっぽどの天才でない限りは、何周も繰り返さなければ覚えることができません単語帳を100週はこなしたという人は多々います。

ですので、何十週も繰り返すことは前提として、一か月・一週間・一日でどれくらい単語帳を進めるのかを設定しましょう。

 

6-2.単語は毎日繰り返しやることが死ぬほど大事

先ほど言った通り、単語帳は何十週もこなす必要があります。

さらに”毎日”単語を繰り返し覚える必要があります

これはエビングハウスの忘却曲線によって科学的に証明されていることです。

 

6-3. Z会のHPから速読英単語の無料補助教材を必ずダウンロード

Z会のHPでは速読英単語を使う上で欠かせない補助教材を配布しているので必ずダウンロードしましょう。

この補助教材の内容は以下の通りです。

①長文中の文構造の解説(SVOCなど)

②長文中の構文解説

③長文の背景知識の解説

 

6-4.具体的な勉強の手順




6-4-1.長文は見ずに単語だけをざっと覚える

まずは単語のページを開いて1章当たり20~40個ほどの単語に一通り目を通す。

この時、完ぺきに覚える必要はないものの、覚えようと思いながら目を通す。

 

6-4-2.長文を一文一文、構造把握して(SVOCMを振り分ける)、ヨコページの和訳と照らし合わせながら読む。

長文を一文一文精読していく。

まずは文にSVOCMを振りながら文構造を把握すること。

わからない単語やイディオムがあれば横ページの和訳や先ほど目を通した単語頁を見直す。

ここで先ほど紹介した補助教材を存分に使ってください。

 

6-4-3.長文の精読が終わった後はCDの音声に続いて最低10回はシャドーイングする

精読が終わったらCDに続いて音読する。

この時、完ぺきに流暢に発音できなくてもいいが、以下の3つの点に留意する。

①英語が上達したきっかけのナンバーワンが「音読」であることを知る。

「音読」は英語上達の一番の近道です。

もし周りに難関大学合格者がいたら、ぜひ音読の重要性について聞いてみてください、ほとんどの人がその重要性について丁寧に解いてくれるはずです。
音読をしてもすぐに英語が上達するわけではありませんが、毎日30分を一か月もすれば確実に上達します。

具体的にどう上達するかというと、音読という行為が脳を刺激して単語を覚える暗記力を向上させることに加えて、英文を日本語に訳さずに英語のままで理解できるようになります。

これはどういうことかというと、例えばThis is a pen.という英文を見たら日本語に訳さなくても英文の意味や構造を理解できますよね?

これが難しい英文になっても可能になるということです。

その結果英文を読むスピード・理解するスピードがダントツに早くなります。

②なるべくCDの発音をまねること

リスニングの秘訣として、「自分が発音できる単語は聞き取ることができる」というものがあります。
ですので、CDをまねることで、発音できる単語の数=聞き取ることができる単語の数を増やして、リスニング力を強化してください。

 

③音読しながら英文の内容を頭の中で理解する。

ただ英語を音読するだけでは上達しません。

読んでいる英文を頭の中で理解しながら音読することで速読力は身に付きます。

ですので、音読の前に必ず英文を精読し、しっかりと英文構造を把握していください。

 

7.まとめ

まとめ
単語は毎日やることが大事

音読は英語上達の一番のきっかけ

単語力・速読力・リスニング力・英文解釈力のすべてを強化できる超絶優れた単語帳

8.速読英単語必修編のシリーズ紹介

速読英単語必修編のシリーズ紹介

速読英単語 「入門編」・「上級編」の使い方

現在準備中

9.速読英単語必修編の次に使いたい参考書

速読英単語必修編の次に使いたい参考書
MARCHや関関同立・旧帝大志望の方であれば、単語は速読英単語必修編を完璧にすれば単語で躓くことはありません。

早慶上智や東大京大といった最難関大学を受験する人はさらにもう一段開レベルの高い単語帳を使うコトをお勧めします。

具体的には以下のモノです。

 

【東大生が書いた】単語王2202の使い方・勉強法【決定版】

関連記事