英語対策・勉強法1:単語→文法→熟語→長文の順に(立教大学 文学部合格者)

単語→文法→熟語→長文の順に学習する。

前のステップを極めていないと次のステップを極めるにすることはできないから、この順番を入れ替えてはいけない。

英語対策・勉強法2:単語と長文を毎日欠かさず(立教大学 法学部合格者)

単語と文法と長文を毎日欠かさずやり、復習を怠らない。

単語はターゲット1900を、文法はネクステをそれぞれ10回以上やった。

長文は解いた後に音読を5回やった。

英語対策・勉強法3:夏以降はとにかく長文と赤本(立教大学 法学部合格者)

夏までに単語と文法を8〜9割仕上げる。

夏以降はとにかく長文と赤本を解いて、問題になれることと自分が合格に足りていないものを探した。

出来なかった長文は何回も読んで、自分が理解できていないところをなくすようにする。




英語対策・勉強法4:夏休み中までに基礎を固める(立教大学 法学部合格者)

夏休み中に単語や熟語、文法などの基礎をやっておく。

夏休みを過ぎると過去問の演習や社会科目の暗記詰込みの時間が必要になってくるため、夏休みまでしか英語の基礎に割く時間はない。

夏休み以降は毎日1つ長文を読んでいました。

長文は単語や文法の復習にもなるので必ず毎日やったほうがいい。

英語対策・勉強法5:1文ごとに5文型のどれであるかを正確に把握(立教大学 理学部合格者)

単語は1週間で100個覚えた。これを繰り返し、一冊の単語帳を数周して完璧の覚えれたなと思ったら、一個上のレベルの単語帳に移った。

文法・構文は一週間で参考書の〇ページから□ページと決めてやっていた。

長文は1文ごとに5文型のどれであるかを正確に把握できるように精読の練習をした。

英語対策・勉強法6:全問正解できるまで何度も繰り返す(立教大学 観光学部合格者)

単語は毎日覚える。なかなか覚えられないものにはマークを付けて短い頻度で何度も見直す。

文法はネクステージを完璧にする。

問題を解く際に間違えた問題にチェックし、全問正解できるまで何度も繰り返す。

答え合わせをする際はなぜ間違ったのかを分析し、正しい文法を理解する。

構文は単語と同じように例文を暗記した。

長文は解いて丸付けしただけで終わってはいけない。

解き終わったら1文1文を日本語訳していき、意味がわかないところは単語やイディオム、文法、構文などを調べるなどしてすべての文が理解できるまで分析する。

【東大生が書いた】Next Stage(ネクステージ)英文法・語法問題の使い方・勉強法【英語】