No.8慶應義塾大学経済学部合格体験記2016

【大学】慶應義塾大学
【学部】経済学部
【現浪】現役
【合否】合格
【勉強時間】12h
【受験勉強開始時期】高校2年夏休み
【予備校/塾】東進(高2) 河合(高3)

【科目別勉強法】




英語

単語:ターゲット1900の単語は夏休み前までに大体覚えて、それ以降は単語帳は週に1回の復習くらいでしか使わずに、過去問や演習の中で出てきた知らない単語をノートにメモして暗記した。

文法:UPGRADEをやりこんだ。

長文:量をこなす

小論文

予備校の先生に添削をお願いし、第3者の視点から客観的に見てもらうことで自分では気づかない読みにくい個所や、論理構造を指摘してもらうことができ、自分が意識することを明確にすることができた。

日本史

実況中継と金谷の参考書を3周して、あとは教科書の通読と1問1答をやりこんだ。

第一志望が慶應であったので、頻出事項である現代史は予備校に通った。

【オススメ参考書】

英語は
英単語ターゲット

この参考書については以下の記事を参考することをお勧めします↓
【東大生が書いた】ターゲット1900の使い方・勉強法【決定版】

UPGRADE

日本史は、
金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる

日本史石川の実況中継




東進と山川の日本史一問一答

山川の日本史用語集

【後輩にアドバイス】

はやめに自分に合った学習方法を見つけるのが先決。

現在塾講師をやっていてよく生徒に聞かれるのが勉強法に関する質問。

勉強法は星の数ほどたくさんあるし、人によって合う合わないがある。

まずは、いろいろな勉強法を参照して、実際にやってみて合う合わないを判断してほしい。

SNSでもご購読できます。

関連記事