青山学院大学合格体験記

「青山学院大学合格体験記」のメニュー一覧はこちら。

青山学院大学合格体験記

No.3 青山学院大学経済学部合格体験記2017

【大学】青山学院大学
【学部】経済学部
【現浪】現
【合否】合格
【予備校/塾】河合塾マナビス
【勉強時間】平日4時間
休日 10時間
【受験勉強開始時期】高2 11月
【偏差値の推移】 52→62

【併願先とその合否】法政大学 合格

【選択科目を選んだ理由】
世界史より日本史の方が興味があったから日本史を選びました😊

【出身高校の位置する都道府県】埼玉県

【勉強法】




英語→
単語は毎日覚える。

文法は夏休みまでに固める。

英文解釈はSとVを素早く見抜く練習をする。復習もSとVを中心に構文を解析し、日本語に直すのではなく英語のまま理解する。

長文は毎日1個やって、解き終わったら全英分を英文解釈しなおす。

国語→
学校が演習をたくさんやる学校だったのでその演習を大切にした。

演習が終わったら理解できない箇所がないようにすべてを理解するまで先生に質問した。

日本史→
学校の授業で歴史の大きな流れをつかむ。

一問一答や問題集をやりながら初めて聞いた知識は一問一答の教材に書き込んだ。

【オススメ参考書】やっておきたい長文500

【後輩にアドバイス】A判定でも落ちるしE判定でも合格するので最後まで気を抜かずあきらめずに頑張ってください!!🎌

No.2 青山学院大学経済学部合格体験記2017

【大学】青山学院大学
【学部】経済学部
【現浪】現役
【合否】合格
【予備校/塾】河合塾マナビス
【勉強時間】10時間
【受験勉強開始時期】3年の6月
【偏差値の推移】45くらい(2年生の2月)~60まで伸びた

【併願先とその合否】
明治大学政治経済学部 合格
法政大学経営学部 合格

【選択科目を選んだ理由】
日本史が好きだったから

【出身高校の位置する都道府県】千葉県

【勉強法】




【英語】
単語帳は週ごとに覚える単語の数を決めて、毎日、その単語をすべて3回ずつ書いて覚えた。記憶が定着しやすいように寝る前に必ずやっていた。

問題集は問題を解いた時に間違った問題の解説(正確に覚えていない文法事項など)をまとめたノートを作り、受験までにそれを最低20回は見直した。

【国語】
現代文:評論などが好きだったため、普段から面白そうな新書を読み、入試に出てくるレベルの文章は事前知識を蓄えておき、スラスラ理解して読めるようにした。

古文:古文が苦手で自分に合った参考書がなかなか見つからなかったため、10冊ほど参考書を読み込んだ。

ある参考書では理解できなくても、ほかの参考書ではスムーズに理解できたということが多かったのでお金はかかったけど役に立った。

古文の文章で頻出の源氏物語は「あさきゆめみし」を読んでストーリーを把握しておいた。これは読解の際にかなり役立つ。(文章読まなくても設問をいきなり解くこともできた笑)。
和歌対策としては毎日百人一首を詠み、全百人一首を品詞分解していた。

漢文:「漢文早覚え」で漢文のルールなどを覚えて過去問を解くくらいしかしなかった。

【日本史】
最初は用語を覚えようとはせずに、日本史石川の実況中継をまず読んで、日本史の概要を把握した。

これは夏休み前までにやった。

次は用語を覚えるために用語集を一冊丸暗記した。

覚える範囲を古代・中世・近代・現代と4等分して、一日一時代を覚えるようにし、4日ですべての用語に目を通すようにした、

覚える際は、替え歌や呪文のようにリズムで覚える工夫した結果、今でも覚えているほど記憶が定着しやすくなった。

【オススメ参考書】
日本史実力をつける100題、やっておきたい英語長文

【後輩にアドバイス】
自分はメンタルが弱くて精神的に辛かったが、やってきたことは裏切らなかったのでしっかりやれば大丈夫!!

No.4 青山学院大学法学部合格体験記2017

【大学】青山学院大学
【学部】法学部
【現浪】1浪
【合否】合格
【予備校/塾】藤井セミナー
【勉強時間】取り敢えずは1日6時間くらい?
【受験勉強開始時期】高2冬休み明けくらい
【偏差値の推移】
最後の模試で65くらい

【併願先とその合否】
大阪市大と岡大

【選択科目を選んだ理由】
文系数学(センターで勉強したのを何となく利用したかったから

【出身高校の位置する都道府県】大阪府

【勉強法】




【国語】
現代文:予備校で習った読解法をマスターするために、一度解いた長文を読解法を意識しながら何回か読みなおした。

古文:古文単語の暗記を重点的にやりこんだ。1日に50単語は目を通す用意していた。

漢文:漢文早覚えを3周読んだ。

【日本史】
歴史の流れをつかむ際に、何時代の出来事なのかという、時代区分を明確にしながら、事件と事件の因果関係を理解することを重点的に行った。

用語は一問一答を、何十周も繰り返すことで覚えた。

【英語】
英語は単語と文法がすべてなのでこの2つの勉強法を紹介する。

単語はとにかくたくさんの量を覚えることが大事。

自分はデータベースシリーズ、ターゲットシリーズ、単語王の全ての単語を覚えるまで単語を覚えまくった。

単語の覚え方としては、なかなか覚えられない単語を100均に売っている単語カードに書いて、お風呂などの隙間時間を使って声に出しながら覚えていくいうやり方。

声に出しながら覚えると、記憶に定着するのが早いと感じた。

また、文法や長文などの問題演習の際に、分からない単語が出てきた際は、漏れなく単単語カードにメモしていた。

先ほど挙げたようにいくつもの単語帳を使った結果、一番使いやすかったのは単語王。

なぜなら単語王は収録されている単語量が多いことに加えて、1つ1つの単語に派生語を徹底的にカバーしているからだ。

文法はネクストステージを何十周も繰り返してやれば大丈夫。

【オススメ参考書】
自分で良いと思ったらそれでいくべき(どれもそんなに大差ない

【後輩にアドバイス】
浪人生はわりと軟禁生活やで…

No.5 青山学院大学法学部合格体験記2017

【大学】青山学院大学
【学部】法学部
【現浪】現役
【合否】合格
【予備校/塾】通っていません
【勉強時間】日によってばらばら
【受験勉強開始時期】
部活をやっていなかったので1年から勉強はしていたけど、本腰を入れたのは3年から。
【偏差値の推移】
40半ばから50後半

【併願先とその合否】
東京外国語大学(不合格)
東京女子大学(合格)
成城大学(合格)
専修大学(合格)

【選択科目を選んだ理由】
全科目で世界史が1番得意だったから世界史にした

【出身高校の位置する都道府県】東京都

【勉強法】




【世界史】
ストーリーを理解することを重要視して、細かい知識を覚えることよりも全体のストーリーを把握するようにしていた。

ストーリーを把握した後は問題集を繰り返し解いて、知識を様々な事柄(問題文に書いてあったことなど)と関連付けながら暗記する。

【英語】
まずは単語とイディオムを覚える。

1日100単語を覚えるようにしていた。

長文も1日1長文読むようにしており、長文になれるようにしていた。

あとは過去問を解いて頻出事項などの研究。

【オススメ参考書】
世界史100(Z会)

解体英熟語

この参考書については以下の記事を参考することをお勧めします↓
【東大生が書いた】解体英熟語の使い方・勉強法【決定版】

【後輩にアドバイス】
世界史は想像以上に覚える物が多く、時間がかかります。また、後半になるとそれぞれの過去問を解かなくてはいけないので焦りが出てくるかもしれません。そんな時に自分の支えになるのは、それまでに積み上げてきた知識です。そのためにも早いうちに暗記ものは世界史に限らず終わらせておくべきだと思います。

No.2 青山学院大学法学部合格体験記2017

【大学】青山学院大学
【学部】法学部法学科
【現浪】現役
【合否】合格
【予備校/塾】東京個別指導学院
【勉強時間】
塾は週に3コマ、夏季冬季講習はそれぞれプラスで15コマ程度、それ以外はほぼゼロ

【受験勉強開始時期】高3春

【偏差値の推移】
高3 5月 52.3→センターリサーチ62.3 (どちらも河合塾)

【併願先とその合否】
早稲田 教育 不合格
明治 情コミュ 不合格
明治 文 不合格
学習院 法 不合格
法政 法 合格

【選択科目を選んだ理由】
理数系は壊滅的で、世界史や公民系は学校の授業サボりすぎて基礎知識が少なかったので日本史を選びました笑

【出身高校の位置する都道府県】東京都

【勉強法】




英語→私は感覚で解くタイプだったので、まずそれをやめるために文法を叩き込むところからはじめました。

高3夏休み終わるまでひたすら文構造の把握だけやってました。

秋からは長文対策で、速読用の問題集と精読用の問題集を交互にやりました。

で、12月からは赤本を1回ずつ解くくらいです。

単語は1年を通して実質1500個程度しか覚えてないと思います。

今思うと完全にナメてるんですが、この時の私は謎の自信があったので冬以降も英語はほとんどやってません笑

国語→国語はもともと自信があったのでほとんど勉強してません。

国語も完全に感覚で解いてたので、それをやめるために古文漢文の文法の簡単なテキストを1周ずつやったくらいです。

漢字や現文の読解はそれまで読書で培っていた分でなんとかしてました笑

日本史→日本史がどうしても苦手で、高3春の偏差値が45前後だったのですが、漠然とした焦りはあるのに本当に勉強をしなかったためほとんど成績が伸びず結局センターでギリギリ平均超える程度でした。

勉強法としては、入門レベルの参考書の赤字を覚えつつ、塾の講師が教えてくれる細かい情報を書き込んでいく程度。

アウトプットはテキスト1冊分くらいしかやってませんし、インプットでさえおそらく赤字の半分しか覚え切れてません…。

今思うと本当に馬鹿なことをしたと思います。反面教師にしてください。笑

【オススメ参考書】
英語→「入門英文解釈の技術70」
私がやった中では1番わかりやすかったです。私がやったのは入門編ですが他にも色々あるみたいです。

国語→ごめんなさい特にありません。

日本史→「はじめる日本史」&「実力をつける日本史100題」

おすすめというかほぼこれしかやってませんが、普通にわかりやすく良い本だと思います。はじめる日本史はセンター程度のレベルですがわかりやすくまとめられているので、要点整理に良いかと思います。

【後輩にアドバイス】

ここまで読んでいただけたらわかるかと思いますが、私は本当に勉強しなかったので案の定本番で痛い目見ました…。日本史なんて合格した青学の個別入試でも自己採点35/100くらいです。英語と国語のおかげで助かった形になります。正直合否より受験シーズンの精神状態に多大に影響してくるので、後輩の皆さんはしっかり勉強してください。笑

ただ、多くの学校・学部で選択科目は英語などに比べて軽視される傾向にあります。だから選択の日本史がおそらく平均以下の私でも青学に合格できたんだと思います。ですので「俺or私は選択科目がめちゃめちゃ得意だからイケるわ」とか思ってる方がもしいましたら、油断は禁物ということだけお伝えしておきます。笑

それと、皆さんご存知の通りやはり英語はとても大事です。私はたぶんもともとの感覚と相性や運で青学の英語を乗り越えましたが、英語が不得意な方や青学の英語と相性が悪い方は、結構頑張らないといけないと思います。笑

何よりも英語!!その次国語(というか英語以外の必須科目)。それから選択科目です。選択科目はその科目の平均に合わせて得点が調整されることが多いので差がつきにくいのです。もちろんだからと言って疎かにしてはいけませんが。それでも一般個別入試では英国を8割9割とってしまえば、選択は平均程度でなんとかなったりすることが結構多いです。

それと余談ですが、読解力というのは受験でも日々の生活でも非常に役に立ちます。私の場合はかなりの読書で培った読解力のおかげで受験を乗り切ったようなもんです。英語でも国語でも読解力がとにかく大事ですし、歴史科目でも流れを理解することや論述問題の対策で役立ちます。新高1、新高2の方など時間に余裕がある方は、なるべく読書することをおすすめします。余裕がない新高3の方は現文読解する時に、なぜそういう答えになるのか、自分が先生になったつもりで説明できるようにすると読解力や論理的な思考力を養うのに役立つかと思います。

最後に、模試の結果を信じすぎないでください!!センターはともかく、個別の場合は本当にその大学の問題との相性や傾向によるので、A判定だろうがE判定だろうが、落ちる時は落ちるし受かる時は受かります。実際私は秋までE判定しか出してませんし、A判定の滑り止めに落ちた友達もいます。ですので判定のアルファベットに惑わされてる時間があるならその分その模試の復習に費やしたほうが100億倍有意義です。

とても長くなってしまいましたが、私は非常に愚かで非常にラッキーな受験生の代表格だと勝手に思ってるので、あくまでも私の体験談はすべて反面教師にしてください。笑

皆さんが志望校に合格できるよう祈ってます!

No.2 青山学院大学文学部合格体験記2017

【大学】青山学院大学
【学部】文学部史学科
【現浪】現役
【合否】合格
【予備校/塾】河合塾
【勉強時間】3〜5
【受験勉強開始時期】部活のため10月中旬
【偏差値の推移】4月60 9月55 12月65

【併願先とその合否】日大 文学部 ドイツ 合格 中央 文学部 ドイツ合格

【選択科目を選んだ理由】
もともと日本史が得意で日本史を選んだ

【出身高校の位置する都道府県】神奈川

【勉強法】


【英語】
英語はとにかく単語が大事。

受験前日まで1語でも多く単語を覚える。

文法は夏の終わりまでに完成させれば、秋以降の長文演習や過去問の対応はできる。

だから夏休み中には文法を固めよう。

あとは模試で出た英文をひたすら読んで語彙や語法を覚え込む。

【国語】
国語は、逆説や順接に何の意味があるのかをしっかり知ること、論理的思考を持つこと。

これができれば文章の内容が難しくても問題には答えることができる。

また英語の長文の読解力も高まる。

【日本史】
日本史は、ただ覚えるのではなく、経緯や人間の事件や何かを起こした意思を読み解くことが早く覚えるコツ。

これをやらずにいきなり一問一答などで用語を覚えようとしても効率が悪いので、それは絶対に避けよう。

【オススメ参考書】

【後輩にアドバイス】
部活をやっていても、間に合います。

自分の得手不得手を見極めるのが大事。

武器だけを残して、それを磨き続けて勝負するのも、戦略としてはあり。

並行して、情報収集はかなり大切。

親や塾任せでなく、自分で受験校を決めよう。

そのプロセスで大学側が試験で求めてるものも見えてくる。

No.2 青山学院大学教育人間科学部合格体験記2017

【大学】青山学院大学
【学部】教育人間科学部
【現浪】現役
【合否】合格
【予備校/塾】河合塾(英語のみ)
【勉強時間】10h/1日
【受験勉強開始時期】高2冬
【偏差値の推移】
高1〈57〉▶︎高3〈64〉

【併願先とその合否】
上智大学▶︎否
立教大学▶︎否
明治学院大学▶︎合

【選択科目を選んだ理由】
世界史の先生の授業がおもしろかったので世界史を選択しました。

【出身高校の位置する都道府県】
東京都

【勉強法】


英語▶︎夏までは長文より単語や文法に重点をおき、秋からは長文をひたすら解く。

長文は単語や文法が出来ていれば出来ることなので、まずは単語と文法が大事。

この2つを絶対に怠ってはいけない。

国語▶︎古漢の文法、句法をしっかり覚える。

英語に比べたら覚える量は格段に少ないのでしっかりと詰め込んで得意科目にするのが良い。

世界史▶︎年号を語呂合わせで要所要所覚える。

ゴロを使うと効率よく覚えられるので絶対に使うべき。

地図で場所も確認しておくことで歴史の流れをつかみやすくなる。

【オススメ参考書】
英語▶︎やっておきたい英語長文700

世界史▶︎実力をつける世界史100題

【後輩にアドバイス】
苦手科目があるなら早めに対策した方が良いです。
入試慣れで、入試期間中にもどんどん成績はあがるので、最初につまずいても諦めず最後まで頑張って下さい。

No.3 青山学院大学法学部合格体験記2017

【大学】青山学院大学
【学部】法学部
【現浪】現役
【合否】合格
【予備校/塾】駿台
【勉強時間】平日4h、休日6〜8h
【受験勉強開始時期】高3夏
【偏差値の推移】覚えてないです(^^;;
【併願先とその合否】
津田塾大学学芸学部英文学科○
東北大学文学部人文社会学科×

【選択科目を選んだ理由】
国立志望だったためセンターで使う社会科目の中から得意な日本史を選択した。(全学部入試)

【出身高校の位置する都道府県】宮城県

【勉強法】




【国語】
現代文:読解のプロセスやテクニックは学校で習ったものをそのまま素直に身に着けた。

問題演習の際は、過去問であっても制限時間を設けずに、間違っている選択肢がなぜ間違っていると言えるのかその根拠を説明できるようにした。

あとは小説を中心に普段からたくさんの本を読むようにしていた。

古文:古文は英語と同じように外国語と考えて、長文をすべて分析した後(単語の意味や、品詞分解など)は長文を最低20回は音読した。

こうすることで、英語と同じように速読力が身についた。

漢文:「未嘗不」などの句形を意味と読み方(読む順番も)を丸暗記した。

【英語】
単語は隙間時間を活用し、主に登校時間に単語帳付属のCDを聞きながら覚えた。

古文と同様に、解いた長文はすべて単語や文法などを分析した後に最低20回は音読した。

【日本史】
丸暗記ではなく、歴史の流れの中で用語を関連付けて覚えていくことを意識した。

穴埋め問題を解く際のおすすめの勉強法としては、穴埋めの前後だけを読むのではなく、穴埋めの文章をはじめからしっかりと読むことで通史の復習をすることができる。(試験本番ではやらなくていい。普段の勉強の時はって話)

また問題演習の際に間違った用語をまとめたノートを作ると自分の弱点を効率的に克服できる。

これもほかの科目と同様に何度も何度も音読して用語を覚えた。

【オススメ参考書】
国語…赤本

英語…赤本、早慶上智の英単語(教学社)

日本史…スピードマスター日本史問題集(山川)

【後輩にアドバイス】
学校や塾の先生、参考書…頼れるものは何でも使って合格を勝ち取ってください!特に基礎固めがいちばん重要です。頑張ってください!

No.1 青山学院大学理工学部合格体験記2017

【大学】青山学院大学
【学部】理工学部
【現浪】一浪
【合否】合格
【予備校/塾】河合塾
【勉強時間】平日 5,5h(授業抜き) 休日 11h
【受験勉強開始時期】
高校3年の夏。遅かったと反省
【偏差値の推移】
47,5(4月)~55,5(12月)
【併願先とその合否】
明治大学 理工学部 機械工学 不合格
中央大学 理工学部 電気通信情報工学 不合格
日本大学 理工学部 航空宇宙工学 合格

【選択科目を選んだ理由】
化学を覚えることが苦手だから物理を選択

【出身高校の位置する都道府県】
愛知県

【勉強法】




全ての科目について言えるのは問題の反復演習。
もう一つは必ず予習と復習(3:7)

*英語
・単語はターゲット1900の量で十分だと思います。

覚え方は、その単語の派生語や似た意味の単語を一緒に覚えてました。

他に、長文や色々なところに出てくる語句リストをコピーして暗記ペンで隠して覚えて、もう一度その長文を見てちゃんと訳せるか確認。

要はただ単語を覚えるだけでなく、その単語がどのような内容の文でどんな意味で使われているか。

この参考書については以下の記事を参考することをお勧めします↓
【東大生が書いた】ターゲット1900の使い方・勉強法【決定版】

・名詞、動詞、形容詞、副詞をしっかり理解し、文構造を理解できるようにしました。

スラッシュリーディングより、圧倒的に応用力がつきました。

・文法はこつこつ時間がある時に何回も繰り返し。

問題集は1冊で、その代わり四択問題をしっかりやり、正解以外の選択肢がなぜ違うか言えるようになるまで何回も繰り返しました。

*数学
・予習ノートと授業ノートを分け、ノートをとりやすく見やすくしていました。

・まず予習をし、授業を聞いてその日に予習と照らし合わせてなにが違ったのかと先生の解法を確認。

その1週間後にもう一度解き直し解けたら次は1ヶ月後、解けたらまた1ヶ月後、1週間後に解けなかったらなぜできなかったかを理解し、また1週間後に解き直しというふうに最低でも4回は解きました。

4回もやると答えを覚えてしまうので、なぜこの公式が使えて、なんでこの解き方を使うのかということを人に説明できるようになるまでやりました。

・大きめのカードに公式やある程度パターン化された解き方を、自分で作る英単語帳みたいな感じで覚えました。

・あとは、公式の証明。結構公式の証明は大事でした。

*物理
・公式の証明
・数学と同様。

【 オススメ参考書】
*英語
・レベル別長文
・英文法語法 標準問題厳選320題 センタ〜私大レベル (旺文社)←直前期

*数学
・森本将英の理系数学 マスト160(KADOKAWA)←直前期

*物理
・物理のエッセンス(河合塾シリーズ)
・セミナー 物理基礎+物理(第1学習社)

※河合塾で浪人していたので、他は全て塾のテキストでやりました。
※数学のチャート式問題集は問題数も多く、なにが良問か自分では選べないのでオススメしません。

【後輩にアドバイス】
*浪人する人へ
まずは受験に対する意識改革。受かった所があった人も、第一志望の学校に行けなかった以上失敗したという意識を持って、次は第一志望に受かるという強い気持ちを持って頑張ってください。
今年の1年は自分にとって、特別な1年になると思います。どんな1年にするかは自分次第。ほんとに一生懸命やればやるほど、いつかは必ず辛くなる日が来ます。その壁を何回も何回も乗り越えてください。徹底的に自分を追い込んでこれでもかってところまで勉強して下さい。

*現役生へ
一日でも早く勉強に意識を移して頑張ってください。よくいうことだけど、ほんとに勉強にフライングなんてないし、スタートダッシュがとても肝心です。まだなかなか勉強に集中出来なければ、毎日単語帳1ページ覚えるとか、問題集を1日何ぺーしやるとか、無理のない自分に合ったペースで毎日続けてください。

浪人生、現役生に言えることは、とにかくわからないことは先生とか先輩、大学受験を経験したことがある人に、積極的に質問してください。いろんな人に聞き多くのことを吸収し、その中で自分に合ったことを選び取り入れてください。いつもなにか自分の勉強方法に改善できるところがあると思って頑張ってください。

No.1 青山学院大学国際政治経済学部合格体験記2017

【大学】青山学院大学
【学部】国際政治経済
【現浪】浪人
【合否】合格
【予備校/塾】自宅浪人
【勉強時間】12時間
【受験勉強開始時期】三年の11月ごろ
【偏差値の推移】
三年十一月34
三年十二月 40
浪人六月 52
浪人九月 65
浪人十二月 70

【併願先とその合否】
慶應× 明治大学○ 立命館○ 法政○

【選択科目を選んだ理由】
特に意味はなし
【出身高校の位置する都道府県】
鳥取県
【勉強法】


【英語】
1つの参考書を極めることを大事にするのが重要だと思います。

長文は同じ長文を15回は読むのがいいと思います。

これを毎日1か月続ければ、英文を読むスピードがぐんぐんと上がっていきます、

単語、熟語、文法は同じ参考書を最低10回したほうがいいと思います。

【日本史】
教科書を10回以上は読み込み、歴史の流れや太字の重要用語を把握・暗記します。

大学別対策や一問一答はその後にやるのがいいと思います。

一問一答も10回以上繰り返すといいと思います。

【国語】
古文 単語、文法を徹底的に覚えた後に長文に触れていけばいいと思います。

そこまで時間をかける必要はないと思います。

英語のほうが大事だと思います。

【オススメ参考書】
英語 キクタン(アプリ)

こちらも参考に!
【東大生が書いた】英単語帳キクタンの使い方・勉強法・評価・レベル

日本史 日本史の実況中継

古文 マドンナ古文単語

【後輩にアドバイス】
伸びなかったり周りに色々言われたりしても曲げずに勉強することが大事だと思います。効率や時間は心が変われば勝手についてきますから、精神論が最も大事だと思います。ただ、もしいい得点をとれるようになっても他人を馬鹿にするようなことはしないようにしてもらいたいです。自分を信じてがんばってください!